キャスティングラボ詳細

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼したときの費用とは?

動画共有サイトのYouTubeは、動画を発信する場として今やすっかりお馴染みになりました。近年、YouTuberを起用したマーケティングが注目を集めています。

本記事ではYouTuberを起用して宣伝を行うメリットや依頼費用、依頼する際の注意点について解説します。

 

>>YouTuberの起用をお考えならヒーローキャスティングにおまかせ!!<<

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼をするメリット

自社の商品サービスを宣伝する手法の1つとして、YouTubeを媒介にする企業が増えてきました。しかし自社でチャンネルを開設して動画を作成し、投稿するという一連の作業は手間がかかります。また、宣伝に効果が出るようにするには相当数のフォロワーを集めなければならず、それにはかなり時間がかかります。そこで、手間や時間を抑えて効果的にYouTubeで宣伝をしたいなら、人気Youtuberに依頼するのが有力な選択肢です。ここではYouTuberに依頼するメリットをご紹介します。

 

Youtuber(ユーチューバー)の登録者(ファン)に訴求できる

人気Youtuberは多くのフォロワーを持ち、登録者(ファン)に大きな影響力を持っていることからインフルエンサーとも呼ばれています。そのようなYoutuberに自社の商品やサービスを体験してもらい、評判を広めてもらうインフルエンサーマーケティングを行うことによって、多くの登録者(ファン)に訴求することが可能です。

YouTubeには世代を越えて幅広い年齢層のユーザーがおり、世界に19億人を超えるユーザーがいます。日本国内だけでも6000万人以上のユーザーがおり、このユーザー数の多さと層の幅広さは潜在的な顧客の多さにつながっています。ある調査では、2018年の動画広告市場は約1800億円だったのが2021年には約3600億円に倍増すると見込まれており、その後も拡大する見通しです。

従来のテレビや新聞、雑誌といったマスメディアでの宣伝は費用がかなりかかるのに対し、Youtuberを起用した宣伝はターゲットとするファンに対してさまざまなアプローチ法が選択でき、マスメディアよりも費用を抑えて宣伝を行うことができます

 

ターゲティングしやすい

YoutTubeは70以上の国と地域で利用されており、60以上の言語が使われています。YouTubeでの広告展開は、ターゲティングがコンテンツの品質と同様に重要で、ターゲティング次第で広告の認知度を向上させられるかどうかが決まります。

関心のないユーザー層に漫然と配信していては広告の評価が下がり、クリックの単価が上がってしまいます。しかし、Youtuberを通して広告を展開すればそのファン層に向けて訴求でき、ターゲティングしやすくなります。

YouTubeで動画の広告を配信する際は、さまざまなターゲティングを設定することができます。例えば、性別、年齢、子供の有無、収入、学歴といったユーザーの属性に応じた層をターゲットに絞れるほか、ユーザーの興味や習慣、よく調べている情報や自社の商品・サービスの利用履歴などに応じたオーディエンス ターゲティングを行うことで広告の効果を向上させることができます。

 

話題性を呼ぶことができる

Youtuberのジャンルは、さまざまなジャンルに発信することで話題性を呼んでいます。代表的なジャンルは以下のとおりです。

・色々な企画を行うテレビのバラエティ番組のようなバラエティ系
・ゲームの実況やスポーツの実況を行う実況系
・旅行や服装、海外でのライフスタイルなどを取り扱うライフスタイル系
・化粧品やメイク、ヘアアレンジ、ダイエットを取り扱う美容・ヘルスケア系
・料理の動画やレストラン・スーパーの商品のレビューを載せるグルメ系

多くのYouTuberは自身の得意とする商品やジャンルの企業とタイアップしています。費用はタイアップの内容、フォロワーの数、タイアップの本数、Youtuberが顔出しをするかしないかなどで変わってきますが、チャンネルの登録者数を目安に価格設定されていることが多いです。

 

手間がかからない

YouTubeの動画を利用して宣伝活動を行うのは効果が大変大きい半面、自社でチェンネルを開設し、動画を撮影・編集し、投稿するにはかなりの手間がかかります。フォロワーを集めるために視聴者の目を引くサムネイルを作るといった工夫も必要ですし、検索でヒットするようなキャッチフレーズも必要です。

一方、Youtuberに依頼すればこのような煩雑な一連の作業を任せることができ、コストと時間が節約できます。視聴者が生成するメディアを主とするYouTubeの中にはさまざまなユーザーが投稿する動画が玉石混合し、自社の広告動画に視聴者を誘導するのは至難の技です。人気Youtuberの配信する動画に自社の広告動画を埋め込んでもらえば、多くの登録者(ファン)の目に留まる機会が多くなり、宣伝効果が最大化できます。

 

二次拡散効果が期待できる

動画がSNSで話題になれば、二次拡散されてさらに話題を呼ぶことが期待できます。YouTubeで二次拡散による広告動画マーケティングを成功させるためには、いくつか気を付ける点があります。

まず、視聴者が他の人にもシェアしたくなるような、興味や共感を引くストーリー性のあるものや、続きが見たいと思わせるような内容にすることです。このような動画は人から人へと伝播するバイラル現象が起きやすく、工夫次第で幅広い拡散が期待できます。

次に、視聴者の印象に残るインパクトのある動画にすることです。インパクトがあるといっても必ずしも衝撃的な内容にするのではなく、短い再生時間の中で簡潔で整然としたものであれば印象に残るでしょう。また、動画が短かればちょっとした空き時間に見てもらえる可能性が高まり、結果としてSNSなどで拡散されやすくなります。

 

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼をしたときの費用(料金)

ここでは、Youtuberの費用の相場をご紹介します。

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝費用を支払うまでの流れ

Youtuberに宣伝を依頼する場合、Youtuberが所属あるいは契約しているプロダクションを通じて依頼します。

依頼する際は、自社の商品やサービスと親和性の高いYoutuberを選びましょう。若者をターゲットにした商材ならば、若者に人気のあるYoutuberを起用することで若者のフォロワーの多いユーザーにリーチすることができ、高い宣伝効果が見込めます。

依頼するYoutuberが決まったら、プロダクションを通じてYoutuberにコンタクトします。費用、動画公開までのスケジュール、動画の内容などの条件を後でトラブルのないように細部までしっかり話し合い、契約内容を明文化します。契約が成立したら、宣伝する商品やサービスをYoutuberに実際に利用してもらい、特徴を把握してもらって商材を深く理解してもらって広告動画作成のベースとしてもらいます。

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼したときの費用例

ここではYouTuberを起用した宣伝の費用例を紹介します。

炎上系Youtuber(ユーチューバー)Aさん

プロレスラーでもあるYouTuberのAさんの場合、登録者数は80万人、平均視聴回数約20万人から30万人で、企業案件1本あたり約100万円です。Aさんは動画配信を2008年から開始し、その後ニコニコ生放送、YouTubeへ動画配信のプラットフォームを移行し、現在では人気Youtuberとして知られています。

配信する動画は炎上系が多く、炎上させることで再生回数を増やしています。ヘイトスピーチなどの過激な動画が多く、その言動の過激さからYouTubeのアカウントを停止されたことが何度もあり、2チャンネルに1日5,000以上のレスの非難が書き込まれるこという炎上もありました。最近では炎上系だけではなく、料理やパチスロ、釣りなどの動画も配信しており、特に料理では評判が高いことで有名です。

過激系Youtuber(ユーチューバー)Bさん

元自衛官のBさんの場合、登録者数は170万人、平均視聴回数約25万人で、企業案件1本あたり240万円から320万円です。Bさんは自衛官を4年間勤め上げた後、民間企業の営業職に転職し、その後会社員を務めつつ、2014年にYouTubeチャンネルを開設してYoutuberとしての活動を開始しました。Youtuberとして有名になって収入が増えるにつれてYoutuberに仕事を一本化しました。

会社員時代から身元がばれないように白いマスクを付けて撮影を行っており、今もそのスタイルを続けています。

パリピ系Youtuber(ユーチューバー)Cさん

Cさんの場合、登録者数約63万人、平均視聴回数約55万人で、企業案件1本あたり430万円です。一昔前なら費用は登録者数の1.5倍と言われて、例えば登録者数が10万人なら費用は15万円とされていましたが、Youtuberという職業が社会的にも認められて地位を確立するようになってから相場も上がりました。

Cさんの本来の仕事はDJ音楽グループでの活動で、YouTubeに配信する動画は自身のDJ活動の広報と音楽の配信が主です。自身の動画には広告を付けていません。YouTubeに動画を配信する前はTwitterで「テキーラの一気飲み」などの動画を公開して注目を集めていました。

YouTubeに配信した動画はその過激性から一時チャンネルを閉鎖されましたが、動画にモザイクを施すなどしてYouTubeのコンプライアンスに沿った内容にして再掲載されています。

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼は高い?

人気Youtuberに広告動画を依頼すると数百万円かかるので安くはありませんが、テレビなどのマスメディア媒体に比べれば安価です。

例えばテレビのコマーシャルで宣伝するとなると、高額な場合数千万円かかるとされています。また、テレビのコマーシャルは期間が限られており、数回程度の放送で終わってしまいますが、YouTubeにアップロードした動画は半永久的に残るので、長期的にファンを獲得することと売り上げが向上することが期待できます。

さらに、Youtuberは消費者の目線で話すので親近感があり、視聴者に買ってみようと思わせる効果がYoutuberにはあります。つまりYoutuberは消費者の声を代弁するので、商品やサービスの信憑性や信頼性を獲得することが可能になるのです。

加えてテレビのコマーシャルのように不特定多数に宣伝を流すのとは異なり、YouTubeは商品やサービスと親和性の高いYouTuberを起用することでターゲットを絞って配信することが可能なので広告の効果の最大化が可能です。

 

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼するときの注意点

ここでは、Youtuberに宣伝依頼する時の注意点をご紹介します。

 

ターゲットを明確にする

Youtuberの中には、特定のカテゴリーに特化して情報を発信する人が多くいます。したがって、視聴者も自分の興味のある分野の動画を再生する傾向があります。

Youtuberに宣伝依頼するときは、自社の商品やサービスのターゲットになる視聴者を多く持つYoutuberを起用しましょう。昨今は、日常のちょっとしたことに役立つ知識や、趣味をさらに楽しむコツなどを配信するYoutuberが目立ちます。そのような専門的なカテゴリーに特化したYoutuberを起用すれば、商品の紹介の信憑性を高め、自社商品・サービスをターゲットとする視聴者に効果的に宣伝ができます。

 

動画へのディレクションは控える

Youtuberに自社商材のPRを依頼する際に、あまり過度な指導や演出は控えるように注意しましょう。あまりディレクションをするとYoutuberの動画がいつものものと雰囲気が違ってしまい、視聴者が違和感を持ってしまいます。

また、動画制作にディレクションをし過ぎるとYoutuberが持っている魅力や個性が引き出せなくなり、宣伝効果が上がらなくなる恐れがあります。Youtuberに商品やサービスを使ってもらって特徴を理解してもらったら、後はYoutuberのセンスに任せて動画を制作してもらいましょう。その方が視聴者も違和感なく動画を見ることができます。

ただし、注意したいのはステルスマーケティングはやらないことです。視聴者が宣伝だと気が付かないように、あたかもYoutuberがいい商品を見つけたかのように商品を宣伝するのはステルスマーケティングと呼ばれ、視聴者をだますことになり、発覚すれば企業とYoutuberは社会的信用を失います。

 

Youtuber(ユーチューバー)に宣伝依頼したいなら「ヒーローキャスティング」!

YouTubeは日本人の2人に1人が視聴していると言われ、10代と20代に絞ってみると90%以上の人が視聴しているという統計があります。高速インターネット網が普及してパソコンでストレスなく動画を視聴できるようになり、また2020年に5Gが商用化されたことでスマホでも大きなサイズの動画をさくさく視聴できるようになったため動画による情報発信はこれからも増え続けることでしょう。

YouTubeは動画配信サイトとして地位を確立しており、人気Youtuberは数十万人の登録者を持ち、視聴者への影響力には非常に大きなものがあります。Youtuberに宣伝を依頼したいけれどもどうしたらいいか分からないという方にはヒーローキャスティングがおすすめです。ヒーローキャスティングならワンストップで人気Youtuberに動画制作、出演依頼ができます。さまざまな角度から収集した情報を元にした独自のデータベースを保有し、YouTuber専門ユニットが迅速なキャスティングを実現します。

ouTubeで宣伝動画を配信しようと考えている方は、ぜひヒーローキャスティングにご相談ください。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加