キャスティングラボ詳細

タレントを広告に起用してみましょう!よりスムーズにタレントを起用するなら…?

タレントを広告に起用することは、話題性が生まれる、商品・サービスの好感度がUPする、タレントのファンに訴求できるといったメリットが多数あります。しかし、「タレントを広告に起用してみたい」と思っても、実際にどのような流れで交渉をしていったらいいかがわからない方は少なくはないでしょう。また、タレントを広告に起用するリスクも気になるところです。

この記事では、タレントを広告に起用することのメリットとリスクを解説するとともに、起用するタレントの選び方や実際にどのような流れで交渉していったら良いかをお伝えします。そして、よりスムーズにタレントを起用する方法として、代行サービスについてもご紹介し、最後におすすめのキャスティング代行サービス会社もご紹介します。

 

タレントを広告に起用するメリット

タレントを広告に起用することで生まれるメリットはいくつかありますが、ここでは「話題性が生まれる」「商品・サービスの好感度がUPする」「タレントのファンに訴求できる」3点について、ご紹介します。

 

話題性が生まれる

1番のメリットとして、話題性が生まれることが挙げられます。旬なタレントや人気のタレントを起用して、インパクトのある広告にすることで「話題性」が生まれます。買い物の際、「□□さんがCMしている商品だ」と新商品を手にとってしまうことや、複数の商品で迷った時に好きなタレントが紹介している方を選んでしまうという経験は誰しもあるでしょう。このように話題性につられて、商品・サービスを購入するケースがあります。

また、知名度抜群のタレントを起用すると、インパクトが強く消費者の印象に残りやすいので商品・サービスの認知度を高めることができます。

さらに、流行りのタレントを起用すると、テレビのニュースで取り上げられるケースがあります。うまくいけば、ワイドショー番組などで取り上げられ、商品・サービスの認知度が高まるので、その分広告費を抑えることができます。

 

商品・サービスの好感度がUPする

次に、商品・サービスの好感度がUPするという点も見逃せません。起用するタレントの好感度が高いと、商品・サービスの好感度も高くなり、起用するタレントによって好感度が大きく変わる可能性があります。ユーザーは、「△△さんが好きだから、CMしているこの商品は好きだな」といった具合に商品にタレントの好感度を重ねて購買してくれることがあります。

また、有名なタレントがCMをすると「○○さんがやっているCMだね」と、CMを連想させるきっかけにもなります。さらに、宣伝したい商品・サービスの雰囲気と起用したタレントのイメージが合えば、宣伝するもの自体にもタレントのイメージがつきやすくなります。イメージの合うタレント起用して実際にタレントが商品を使っているシーンをCMにすれば、見ている視聴者も自分の生活と重ねてイメージがしやすくなるでしょう。

 

タレントのファンに訴求することができる

最後に、そのタレントのファン層に訴求できるメリットについてご紹介します。ファンは、「好きな□□さんが愛用している商品を自分も使いたい」「憧れの○○さんと同じお店を利用したい」といった具合に、タレントがCMしている商品・サービスを購入しやすい傾向にあります。

つまり、商品・サービスの広告塔としてタレントを起用することで、ファンを顧客として取り込むことができるため、売上増加や知名度向上につながります。

また、商品・サービスの存在を知らない人がいたとしても、タレントが商品パッケージや広告に写っていることで購入を決断することもあるでしょう。加えて、宣伝する商品・サービスとマッチしたタレントを起用すると、より高いPR効果を発揮するでしょう。

さらに、起用タレントのコンサートチケットや握手会などが当たるなど、購入特典キャンペーンを合わせて実施すると販売効果はますます増大します。

 

タレントを広告に起用するリスク

メリットの豊富な広告へのタレント起用ですが、リスクもあります。主なリスクを3つご紹介します。

 

1つ目のリスクは、良くも悪くも、タレントのイメージが商品・サービスのイメージとして定着してしまうため、もしタレントが何かしらの不祥事を起こした場合、商品・サービスのブランドイメージまで一緒に下がってしまう可能性があることです。タレントは世間の人気に左右される職業ではありますが、中には自分の行動に対しての責任感が薄く、不倫や不適切発言といった不祥事を起こしてしまうタレントもいます。そのため、起用前のタレントの身辺調査を念入りに行い、問題を起こす可能性の低いタレントを見極めて起用しましょう。また、契約する際も審査と契約条項の取り決めを厳格に行い、厳しい違約金条項を設けるなどの対策をしておくと良いでしょう。

2つ目のリスクは、起用するタレントのキャラクター性が強すぎると、商品・サービスに結びつかなくなることも考えられる点です。せっかくタレントを起用しても、タレントの個性ばかりが強調されてしまい、商品やサービスが何も印象に残らないといったこともあります。また、同じ時期にさまざまな企業のCMで起用されているタレントを使うことは、CMの個性が薄くなり、どのCMが何の紹介をしていたか混同を招いてしまうため、CMの動向もしっかり把握しておく必要があります。

3つ目のリスクは、広告(CM)の制作には時間とコストが膨大にかかる点です。有名タレントであるほど、ユーザーの印象に残りやすくはありますがそれだけ起用にコストがかかります。したがって、まずは広告にかけられる費用を決めておいて予算の範囲内で起用するタレントを選ぶなど、計画的な起用をしましょう。

このようにタレントを広告に起用する場合、メリット・デメリットのバランスも考えて起用する必要があります。

 

 

起用するタレントの選び方

実際に起用するタレントを選ぶとなると、どのような人物を選んだら良いか迷うでしょう。ここでは、こんなタレントを起用すると良いというポイントを3つご紹介します。

 

近頃テレビでよく見かけるタレントを起用する

とにかくタレントの知名度に頼りたいという場合は、近頃テレビでよく見かけるタレントを起用すると良いでしょう。テレビに頻繁に映っているということは、そのタレント自身の話題性が高いということです。そして、テレビでよく見かける知名度の高さや安心感といった面から、ユーザーの印象にも残りやすくなります。

また、テレビに映っているタレントに会ってみたいという、ミーハー的な要素は多くの人が持っています。そのため、タレントに会えるたり、サインが貰えたりするような購入キャンペーンを実施すれば売上を伸ばすことができるでしょう。

 

好感度の高いタレントを起用する

清潔感や好感度のあるタレントが広告に起用されると、一般消費者は商品・サービスに好意的な印象を持つことが多いです。そのため、商品イメージや企業イメージの向上を狙いたい場合は、好感度があるタレントにオファーしてみることをおすすめします。

特に好感度の高いタレントは信用されやすいため、信用が大事な銀行や製薬メーカーの広告にキャスティングするのがおすすめです。

しかし、好感度の高いタレントはすでに他のCMに採用されている場合も多く、オファーの競争率も激しいです。広告業界のルールとして、同系統のCMにタレントは掛け持ちできない「競合」というものがあります。例えば、1人のタレントが、ある企業のチョコレートの広告に出た場合は、契約期間中は他社のチョコレートの広告には出られません。

この「競合」というルールがあるため、ランキング上位の好感度が高いタレントはすでに大手の会社で押さえられている可能性が大きく、希望のタレントを起用できない可能性もあります。

 

意外性を持たせることもおすすめ

タレントの持つ「かっこいい」「笑顔が素敵」「家庭的」などのイメージを利用する、その人らしさで売る方法もありますが、意外性で売るのもおすすめです。例えば、若者に人気の商品・サービスに年配のタレントを起用するというギャップ効果を使えば、インパクトを与えることができます。

ギャップ効果とは、2つの関連した事項についてギャップ(差)があった場合、それぞれの事項が独立して起こった時よりも強調されて感じるというものです。ギャップ効果により意外性を感じると人は印象に強く残るので、その商品のPR効果は高くなります。

 

タレントを広告に起用するまでの流れ

タレントを広告に起用するには、「広告に起用したいタレントを決める」「タレントの所属事務所と交渉・契約」など、いくつかのハードルを超える必要があります。起用するまでの流れは主に以下のようになります。

 

 広告に起用したいタレントを決める

まず、広告に起用したいタレントを決めるというのが重要な作業になります。CMは、有名なタレントを起用すればいいCMが作れるというわけではありません。タレントのイメージと商品・サービスが合っていたり、ストーリー性やリズム感が良かったりなど、良いCMはどういう目的で何を得たいかがはっきりしていますし、効果的にタレントを起用しています。

一方、タレントの候補を決めておかない、つまり目的を持って広告を出さないと、最終的に出来上がったCMの出来栄えが悪くなってしまうことが多いです。

そのため、事前にある程度起用したいタレントの候補を出しておくと、タレントの選定作業がスムーズに行えます。最初にターゲット層やCM全体の構想を練ってから、起用したいタレントを決めた方が良いでしょう。

 

タレントの所属事務所と交渉・契約

広告に起用したいタレントが決まったら、そのタレントの所属事務所と交渉と契約を行いましょう。最初は、所属事務所のお問い合わせフォームに依頼内容を書くことから始まって、ギャラはいくらなのか、契約期間や内容(ヘアメイク代・衣装代・交通費)など細部にわたって交渉をしていきます。ただし、交渉をしたからといって、目的のタレントが来てくれるわけではありません。タレントのスケジュールや、CMの目的に合うかどうかよって出演を断られる可能性もあります。

地道に交渉を続けていき、うまく条件が合えば契約となり、契約書を取り交わすことになります。契約書は、くれぐれも抜け漏れのないように作成しましょう。

 

広告撮影など

契約を交わした後、いよいよ当日のCM撮影や新商品発表イベントを行います。撮影やイベントを公園などの野外で行う場合は、事前に場所の下見をして撮影のアングルや会場のイメージを確認します。さらに、当日必要になる「撮影許可証」や機材などを事前に用意しておきましょう。

また、当日の広告撮影・イベントでは、タレントのアテンドから控室の用意、カメラマンやヘアメイクとの連携など、さまざまな場面でタレントのケアを行いましょう。

 

タレントを広告に起用したいなら『ヒーローキャスティング』!

タレントを広告に起用することは、話題性が生まれる・商品・サービスの好感度がUPするなどのメリットが多数あります。起用するタレントは、近頃テレビでよく見かける話題性の高いタレントや好感度の高いタレントを選ぶと良いでしょう。

広告に起用するタレントを決めた後、所属事務所にスケジュール調整やギャラなどのさまざまな条件を交渉して契約した後、当日のCM撮影に臨みます。当日もタレントのアテンドから控室の用意など気を使うことが多いのも事実です。このように個人でタレントを広告に起用することは、いくつものハードルをクリアする必要があり、かなりの労力を使います。

そこで、これらの作業を代行してくれるサービス「ヒーローキャスティング」を利用してみるのはいかがでしょうか。ヒーローキャスティングは、タレントの所属事務所への煩雑な交渉やキャスティングに関わる全ての心配事を代行して行ってくれます。そのため、広告の制作に関わる主要な仕事に注力することができるようになり効率的にプロジェクトを進めることができます。

また、ヒーローキャスティングはキャスティング実績が8,000件と豊富にあるので、過去のデータからお客様のご予算に合わせたベストなキャスティングのご提案をしてくれます。さらに、独自のタレントに関するデータベースから、タレントをキャスティングした場合の効果の試算もできます。

そして、今話題の旬なタレント、芸人、俳優、モデル、Vtuber、Youtuber、インフルエンサー、アイドル、歌手、声優、アスリート、専門家、文化人、クリエイター、アーティスト、コスプレイヤー、エキストラ、MC、キャラクター など、さまざまな分野にも対応ができます。

ヒーローキャスティングはタレントのキャスティングを、親切かつスピーディーな対応と適正な価格でご提案します。

詳しくは、ぜひヒーローキャスティングにお問い合わせください!

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加