キャスティングラボ詳細

歌手をキャスティングしたいときは?キャスティング方法はこれ

「イベントを盛り上げたい」「自社商品を人気歌手に宣伝してほしい」「テレビCMに歌手を起用したい」など、歌手のキャスティングを検討することがあるでしょう。歌手をキャスティングすることは、様々な場面に有効です。

本記事では、歌手のキャスティングについてメリットやキャスティング方法、おすすめのキャスティング会社などについて解説していきます。

歌手のキャスティングを検討している場合や、歌手の起用が有効な場面を知りたい場合は、ぜひ参考にしてください。

 

歌手をキャスティングしたい場面

はじめに、歌手をキャスティングしたい場面を紹介します。以下で取り上げる場面においては、歌手を起用していくと有効です。

 

テレビCMなど広告に歌手をキャスティング

テレビCMなどの広告に歌手をキャスティングすると、自社商品のプロモーションには効果的です。

実際にテレビCMや広告などに、歌手をキャスティングしている事例も豊富にあります。例えば、滋養強壮ドリンクのイメージキャラクターに、歌手や俳優で活躍する人物を起用した例があります。

若い世代から中高年の人々まで認知度のある人物でしたので、キャンペーンなどが好評でした。新聞広告や電車内の広告を仕上げ、商品やキャンペーンの告知を行った例でもあります。

イメージキャラクターやテレビCMなどの場合、契約期間を定めてプロモーションを行います。1年や半年間といった長期間にするのか、3ヶ月程度(いわゆる、1クール)の短期間にするのかは、予算や企画内容で検討します。

 

イベントに歌手をキャスティング

様々なイベントに歌手を呼ぶことも有効です。イベントプログラムのひとつに、歌手のライブやトークショー、サイン会や握手会を入れ込む事例があります。

例えば、社内イベント(インナーイベント)に女性3人組音楽グループをキャスティングし、サプライズライブを実施した事例もあります。

社員が30〜40代男性が多い会社で、世代が一緒ということもあり、イベントは大盛況で終了しています。

 

学園祭に歌手をキャスティング

学園祭に歌手をキャスティングしている事例もあります。イベントへ歌手を起用することと同様で、学園祭を盛り上げる効果が期待できます。

特に学生から支持の高い歌手をキャスティングできれば、参加した学生たちの満足度も高まるでしょう。

 

講演会に歌手をキャスティング

講演会に歌手をキャスティングするというと、本業の歌ではないのに適切なのかと感じる方もいるかもしれません。しかし歌手の中には、一般社会ではなかなか経験しがたい波乱万丈の人生を歩んでこられた方もいます。そのため、歌手の持つ経験や人生観などに興味を持っている人も多数います。

講演会にキャスティングするのであれば、人生経験豊富な歌手の方がふさわしい傾向があります。特に、普段は本業の歌に専念している歌手の方の講演会となれば、歌手のファンの方にとって話を聞ける貴重な場であり、非常にニーズがあります。講演会への歌手のキャスティングは有効な手立てであると同時に、歌手の固定のファン層を講演会そのものに興味を抱かせるきっかけとなります。

 

SNSでインフルエンサーとして歌手をキャスティング

インフルエンサーとは、知名度の高さから発言力があり、世間に与える影響が大きい人物のことを指します。近年は、インフルエンサーマーケティングと呼ばれる、企業が宣伝効果を狙ってインフルエンサーをキャスティングする動きが盛んになっています。

例えば、インフルエンサーとして歌手をキャスティングして、企業の商品やサービスをアピールしてもらうという方法もあります。インフルエンサーとして歌手をキャスティングするので、発言力のある知名度の高い歌手をキャスティングする必要があります。

最近ではSNSの普及も伴い、世界に向けて発信することが以前と比べて容易になってきています。影響力のある歌手がSNSを利用することで、相乗効果が生まれてよりインフルエンサーとしての活躍をすることができます。

 

 

歌手をキャスティングするメリット

歌手をキャスティングしたい場面は主に3つありました。それぞれの場面で歌手をキャスティングするメリットがあります。

テレビCMや広告に歌手を起用すれば、認知度の向上につながります。特に有名歌手であれば、「〇〇が登場する商品だ」「▲▲がテーマソングを歌っているサービスだ」など、視聴者の印象に残りやすいです。

好感度の高い歌手を起用すると、商品やサービスにも好印象を与えるでしょう。最終的には消費者の購買意欲を向上させて、売上げアップが期待できます。

また、イベント学園祭に歌手をキャスティングすれば、「あの歌手が来るイベント」と認知されて集客につながります。参加者の満足度も上がり、翌年に開催するときもいい効果が出るでしょう。

インナーイベントで歌手のライブやトークショーを行えば、社員のモチベーションアップや社内の雰囲気の向上につながるでしょう。

 

歌手をキャスティングするときの注意点

歌手のキャスティングはメリットが多いです。しかし、キャスティングをするにあたり、覚えておきたい注意点もあります。

まずは、キャスティングした歌手に不祥事があったときです。自社商品の宣伝に歌手を起用した場合、商品のイメージダウンを招くでしょう。さらに、企業イメージの低下も考えられます。

「歌手のイメージ=商品や企業のイメージ」と、念頭に置くことが大切です。起用した歌手に不祥事やトラブルが発生した際の対応を、契約内容に盛り込むなど準備をしておきましょう。

また、キャスティングに関してノウハウや実績がない企業は、キャスティング会社や広告代理店に依頼することがほとんどです。キャスティングに関しての煩雑な流れを、代行してくれますので非常に心強い存在です。

企画立案や所属事務所との交渉・契約なども代行してくれるので、依頼主は手間がかかりません。しかし、契約を任せきりにするのはリスクを伴います。特に出演料などの金額は後々のトラブルになりやすいです。

イベント出演や広告などの制作物が仕上がってから、金額を決めると思わぬ費用となる場合があります。歌手を広告に起用する際は、肖像使用料を契約期間に応じて支払うイメージです。

そのため、期間内の使用料はいくらなのかを明確にしておくことがポイントになります。もちろん、撮影や出演にどれだけの金額が必要かもはっきりさせておきましょう。

イベントへのキャスティングであれば、歌手本人や所属事務所の都合で出演できなくなった際の対応も考えます。こちらも、契約内容に対応を盛り込む必要があるでしょう。

このように、歌手のキャスティングをするときは、あらかじめリスクを検討することが重要です。

 

歌手をキャスティングする前に準備すること

歌手をキャスティングする前に、事前に準備すべき事柄があります。ただ漠然と歌手をキャスティングしたいと考えていても、キャスティングする歌手によっては機材や音響の準備など用意が必要な場合もあります。以下に歌手をキャスティングする前に、クリアにしておくべきことをご紹介します。

 

歌手のキャスティング目的を明確にする

初めに、歌手をキャスティングする際に「なぜキャスティングするのかという目的」を明確にしておきましょう。歌手を呼ぶことによってどんな効果を期待しているのかということを、キャスティング時に伝えられます。歌手自身もどんなイメージで自分がキャスティングされているのかということが分かれば、仕事にも臨みやすい環境が整います。

例えば、柔軟剤や洗濯洗剤にキャスティングする場合は、清楚なイメージを持つ若い女性歌手であれば、アピールしたい商品に清潔感のある印象を与えることができます。したがって、どのようなイメージを世間にアピールしたいのかは明確にしておきましょう。

 

キャスティングしたい歌手の候補を決めておく

歌手をキャスティングしようと考えているなら、あらかじめキャスティングしたい歌手の候補を考えておく必要があります。そのため、インフルエンサーマーケティングでターゲットにしたい年齢層に人気がある歌手であるのかということは把握しておくべきことです。また、旬の歌手は話題性に富んでおり、どの年齢層にも受けが良い場合が多いです。旬な歌手を積極的に起用しようとする試みは、多くのターゲットにアプローチできる可能性があります。

 

 

歌手のキャスティング方法とは?


ここからは、歌手のキャスティング方法を解説します。キャスティングの方法は次の2通りがあります。

 

自ら声をかける

キャスティングは自社で進めることも可能です。大まかなキャスティングの流れは、以下になります。

 

・キャスティングの目的や予算を決める

・目的にマッチする歌手の選定

・所属事務所との出演交渉、契約締結

・稼働当日までの調整

・稼働当日

 

以上の段階を踏んで、歌手をキャスティングします。おそらく、どの企業もキャスティングの目的や予算を決定することまでは順調に進むでしょう。

しかし、歌手の選定やそれ以降の流れは、キャスティングのノウハウがないと非常に厳しいです。商品のプロモーションに歌手を起用するなら、商品のターゲット層と歌手のファン層を一致させることが重要です。イベントへのキャスティングも参加者の実績を振り返って、マッチする歌手を選ぶ必要があります。

数多く存在する歌手からマッチする人物を絞り込んでいくことは、手間がかかります。人員や人件費もかかることです。

人選がある程度できたら、所属事務所との交渉となりますが、こちらもノウハウが求められます。契約内容の落としどころは、交渉の経験がないとスムーズにいかないものです。そのほか、外注が必要なケースも出てきますので、細かい手配も一手に行うことになります。

総合的に考えると、自ら歌手を選定して所属事務所との交渉や稼働を迎えるのは、非常にハードルが高いです。

 

キャスティング代行サービスに依頼する

歌手のキャスティングは、キャスティング代行サービスへの依頼がおすすめです。自らキャスティングに取り組むと、煩雑な業務が増えて、手間がかかります。その点、キャスティング代行サービスに依頼すれば、歌手の選定から稼働当日まで全てを任せることが可能です。

キャスティングのノウハウがないと、歌手の選定にも莫大な時間がかかるでしょう。しかし、キャスティング代行サービスは運営会社が過去の実績からデータベースを保有しています。

積み上げたデータから、ニーズに合わせた歌手をピックアップして、各事務所との交渉に入ります。もちろん、予算や希望を考慮した上で、歌手を選びますので心配はいりません。

また、場合によって制作会社や設備系の会社への外注が必要な案件もあります。そのときの手配も、キャスティング会社が担当します。依頼者は希望や予算を伝えれば、経過を確認しながら稼働当日を迎えるだけです。

ただし、先にも解説したように、契約内容をしっかりと確認してください。トラブルを防ぐためにも、キャスティング会社に丸投げしないこともポイントです。

 

 

おすすめキャスティング代行サービスは?

歌手のキャスティングには代行サービスに依頼するのがいいでしょう。ここでは、数ある代行サービスから、弊社が運営する『ヒーローキャスティング』を紹介します。他者に負けない、ヒーローキャスティングの強みを解説します。

 

歌手のキャスティングなら『ヒーローキャスティング』

弊社が運営するヒーローキャスティングは、これまで豊富なキャスティング実績があります。歌手のキャスティング実例には以下があります。

 

・某企業のインナーイベントに男性ツインボーカルユニットのDさんをキャスティング

・某映画イベントに元アイドル歌手Tさんをキャスティング

・某企業のインナーイベントに元女性アイドル歌手のMさんをキャスティング

・某自治体のイベントに男性シンガーソングライターのTさんをキャスティング

・某製薬会社のインナーイベントに女性歌手Oさんをキャスティング

 

以上はキャスティングの一例であり、このほかにも歌手を起用した実績が豊富です。次々に歌手のキャスティングに成功できたのは、ヒーローキャスティングの強みによるものです。

 

ヒーローキャスティングの特徴

ヒーローキャスティングには様々な特徴があります。弊社のキャスティング代行サービスが選ばれる大きな理由は以下の3つです。

 

・白紙状態や検討段階でも相談可能

・適正価格での提供

・独自のデータベースを保有し、多分野に対応

 

キャスティングにノウハウがなく、代行サービスを利用する際も、キャスティングの目的や予算を検討することは大切になります。

しかし、ヒーローキャスティングならば、プロモーションやイベント開催の検討段階であったり、全くの白紙状態であったりしても相談可能です。

じっくりとヒアリングしていき、お客様のご要望を掘り下げていきます。そこから、歌手を絞り込んで、所属事務所の交渉に入ります。複雑な契約内容はリスクを考えながら提案、締結します。また、稼働までの日程調整や外注の手配も弊社が行います。

また、キャスティングで気になるのは、費用でしょう。ヒーローキャスティングは、全国に多くの案件を持っていますので、複数の芸能事務所に投げることで仕入れを安くできます。よって、他社より費用を抑え、適正価格でのサービス提供が可能です。

歌手のリストアップも独自のデータベースから行いますので、リストの即日提案もできます。通常のキャスティング会社は、歌手のプロフィールや実績、金額、SNSのフォロワー属性などが基本情報となります。

一方ヒーローキャスティングは、基本情報だけではなく、さらに情報収集を行います。豊富な情報を様々な加工により、効果シミュレーションが可能です。「この歌手を起用すれば、これくらいの効果が望める」といったことが提示できますので、キャスティングを具体的にイメージしやすいでしょう。

蓄積したデータはこれまでのキャスティング実績によるものです。ヒーローキャスティングでは、累計7,000件以上のキャスティング実績があります。実績や保有するデータを基に、12の専門ユニットを設置し、経験と知識が豊富なスタッフを揃えました。

「広告ユニット」「イベントユニット」といった、歌手のキャスティングしたい場面にも、対応できる専門ユニットがあります。「学園祭チャンネル」もありますので、キャスティングだけではなく、音響やステージ設置なども対応可能です。

以上のように、ヒーローキャスティングは、歌手のキャスティングのワンストップサービスとして活用できます。

 

ヒーローキャスティングの歌手のキャスティング事例

ここで実際にヒーローキャスティングが起用した歌手の事例ついて3件ご紹介します。

 

製薬会社のインナーイベントにキャスティングした事例

初めにご紹介するのは、人気女性ボーカリストの「大塚愛」さんを某製薬会社様のインナーイベントにキャスティングしたという事例です。

弾き語りによるパフォーマンスを披露していただき、インナーイベントに出席していたゲストは静かに聴き入っている印象がありました。当日、大塚愛さんはサプライズによる出演であったため、大塚愛さんご本人が登場した時はギャラリーの皆さん総立ちで大きなどよめきが起きたそうです。なかなか聴くことのできない大塚愛さんの生演奏だったので、皆さん大満足されていました。

 

商業施設のイベントにキャスティングした事例

次にご紹介するのは、歌手の「島谷ひとみ」さんを広島にある商業施設のイベントにキャスティングさせていただいた事例です。

島谷ひとみさんは広島県出身ということもあり、曲の合間のMCでは和やかに広島弁でトークを展開する一幕もあり、地元の対する愛着を感じられるステージとなりました。肝心のステージでは、新曲である「心のままに」や、代表曲でもある「亜麻色の髪の乙女」などを披露して下さいました。

 

イルミネーション点灯式にキャスティングした事例

最後にご紹介するのは、男性歌手であるスター「錦野旦」さんです。錦野さんを某イルミネーション点灯式にキャスティングさせていただいた事例です。

錦野さんがキャスティングされたイルミネーション点灯式は、某映画とのコラボレーションであり、映画のタイトルに錦野さんの名前をかけた形であったため、かなりのはまり役で大盛況でした。イルミネーション点灯に合わせて、スター錦野旦さん点灯という企画も実施しました。電飾を細部に施したマフラーを錦野さんが点灯させるという演出があり、会場は大盛り上がりでした。錦野旦さんのような大御所タレントもキャスティングしてきた実績がヒーローキャスティングにはあります。

 

歌手をキャスティングしてみましょう

商品のプロモーション、イベントや学園祭の成功には歌手のキャスティングが有効です。それらには、これまで数多くの歌手が起用されています。集客力や認知度、好感度、売上げの向上に効果的です。

しかし、起用した歌手が不祥事を起こしたときの対応を検討する必要がります。その対応を契約内容に盛り込んでおきましょう。

また、キャスティングを自ら行うのは、非常にハードルが高いです。キャスティング代行サービスに依頼をおすすめします。

弊社が運営するヒーローキャスティングは、他社に負けない強みを持っています。キャスティングについてわからないことは、ぜひ、ヒーローキャスティングにご相談ください。最適な歌手をキャスティング致します。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加