キャスティングラボ詳細

芸人を呼んでイベントを大成功させる秘訣とは?

イベントの責任者を任されたものの、イベントを成功させるにはどうしたらいいかお困りの方は少なくはないでしょう。イベントを盛り上げるには、芸人を呼んで盛り上げてもらうというのがメジャーでいい方法ですが、芸人を呼ぶには「所属事務所への交渉」や「当日のアテンド」などのいくつものハードルがあります。
しかし、簡単に芸人をイベントに呼べる方法があるのはご存じですか?この記事では、芸人を呼んでイベントを大成功させる秘訣と、おすすめのキャスティング代行サービスをご紹介しますので、イベントに芸人を呼ぼうか検討中の方は参考にしてみてください!

 

こんなイベントに芸人を呼んでみましょう!

イベントに芸人を呼んでみようと思っても、何から始めたら良いかが分からないという人も多いでしょう。そして、一言でイベントといっても、PRイベントや企業のインナーイベント、商業施設のイベントなどさまざまな形態があります。

たしかに、芸人を呼べば場が盛り上がるのは間違いありません。しかし、イベントごとに来るお客様の層が違うため、ターゲットやイベントの特色ごとに呼ぶ芸人を変えた方がより盛り上がりますし、高い集客効果を発揮します。ここでは、開催するイベントごとに呼んだ方がいい芸人の特徴をご紹介します。

 

新商品・サービスのPRイベント

新商品・サービスのPRイベントには、好感度が高い芸人を呼ぶことをおすすめします。なぜなら、好感度が高い芸人がPRすることにより、その新商品・サービスにも好感を持つ人が多くなるからです。

自社スタッフが登場して説明を行うだけでは、集客は期待できません。しかし、自社スタッフの説明の前後に、好感度が高い芸人が登場することで集客力は格段に飛躍します。また、話題の芸人であればワイドショーなどで取り上げてもらえる可能性もあるので、販売促進効果もアップします。

 

企業のインナーイベント

忘年会などの、企業のインナーイベント(忘年会や社内運動会など)には、旬ではなくてもみんなが知っているような芸人を呼ぶと良いでしょう。

万人受けするネタを披露することで、共感が得られやすく、会場が盛り上がります。普段はインナーイベントに参加しない社員も、知っている芸人が来るとなれば参加してくれるかもしれません。

また、基本的な準備は会場にマイクと演台があれば大丈夫です。さらに、1度芸人が登場してしまえば、60分はお任せでステージが成立します。無理に他に余興を用意する必要もなく、イベント担当者としては安心です。

 

商業施設のイベント

商業施設のイベントには、子供にも人気がある芸人を呼びましょう。大型商業施設には、ショッピングや食事を目的とした家族連れが多く集まっています。子供にも人気がある芸人がステージに立つことで、子供の関心を引き、一緒にいる親も芋づる式に集客できるため、集客効果は非常に高くなります。

子供に人気の芸人であれば、親も安心して子供に見させることができる上、自分たちも楽しめるため、主催者や芸人も含めみんなが楽しめるイベントになるでしょう。

 

学園祭

学園祭には、若者に支持されている旬の芸人を呼びましょう。学園祭は毎年秋に開催されるイベントで、毎年芸人がどの大学に登場するか話題となります。

そして、流行に敏感な若者にとって旬な芸人は非常に魅力的に見えるので、旬な芸人ほど学園祭への集客効果も高くなります。学園祭は学校をPRする場でもあるので、芸人で集客効果を高めることは効果的な宣伝になります。

 

芸人をイベントに呼ぶメリット

次に、芸人をイベントに呼ぶメリットは3つあります。以下にご紹介します。

 

話題性があり集客につながる

芸人をイベントに呼ぶメリットとして、話題性があり集客につながるという点があります。

芸人をイベントに呼ぶと、「あの芸人が来るらしいよ?」といった具合に、話題性が生まれます。近年はSNSによって話題が拡散されるため、話題につられて参加する人が多くなり、集客につながっていきます。

また、イベント主催者側は「○月□日 あの芸人が来ます!」と大々的に告知ができるので、集客人数が予測しやすく、イベントが成功しやすくなるといったメリットがあります。

 

商品・サービスの好感度向上につながる

2つ目のメリットは、商品・サービスのPRイベントの場合、芸人をイベントに呼ぶことによって参加したユーザーの商品・サービスへの好感度向上につながるという点です。

商品・サービスの好感度が向上すると、その後の商品・サービスの販売促進につながり、長く愛用してくれる可能性が高くなります。また、芸人のファンも購買層として取り込むことができるため、売り上げが飛躍的にアップするでしょう。

 

イベントが盛り上がる

最後に、イベント自体が盛り上がるというのもメリットの1つです。芸人がステージに上がると、一斉に観客が歓声を上げ、ステージ周辺が盛り上がります。また、ネタを披露することでますますイベントが盛り上がり、周囲の通りがかかりの人達も巻き込んで、イベントを成功に導くことができます。

 

 

芸人を呼ぶときの流れ

実際に芸人を呼ぶときの流れとはどのようなものでしょうか。芸人をイベントに呼ぶときは、まずイベントに呼ぶ芸人を決めてから、芸人の所属事務所と交渉を重ねたあと、契約を行い、イベント当日を迎えるという流れになります。

つまり、呼ぶ芸人を決めるというところから始め、粘り強く所属事務所と交渉をして、契約書を取り揃えるなどと個人で行うのはハードルが高い作業になります。以下に、個人で芸人を呼ぶときの詳細をお伝えします。

 

イベントに呼ぶ芸人を決める

最初にすることは、イベントに呼ぶ芸人を決めるという作業です。会場やイベントの内容、ターゲットによって呼ぶ芸人を考える必要があるため、事前にさまざまなデータから最適な芸人をピックアップしておく必要があります。また、必ずしも希望の芸人が呼べるとは限らないため、いくつか候補を出しておきましょう。

 

芸人の所属事務所と交渉

呼びたい芸人を明確にしたら、芸人の所属事務所に連絡をして依頼をします。契約までには何度か交渉を重ねるのが一般的です。

また、交渉をしたからといって、必ず目的の芸人が来てくれるわけではありません。芸人のスケジュールやイベントの目的に合っているかなど、さまざまな理由で契約に至らない可能性があります。さらに芸人が決まったのちも、ギャラ(金額)やその他の条件(ヘアメイク代・衣装代・交通費)についても綿密に交渉していく必要があります。

 

契約

交渉を重ねていき、条件が合えば契約となります。一般的には契約書の締結を行うことで、契約成立となります。契約書の作成は1から作るとなると、非常に手間のかかる作業です。契約書に抜け漏れがあると思わぬトラブルを招いてしまうため、慎重に作成しましょう。

 

イベント当日

イベント当日は、現場に立ち会う必要があります。芸人のアテンドから送り出しまでサポートしましょう。また、控え室も用意する必要があります。

当日は芸人に対して細かい気配りが求められますので、個人で芸人を呼ぶことはとても労力がかかります。

 

芸人をイベントに呼ぶならキャスティング代行サービスがおすすめ!

このように芸人をイベントに呼ぶには、いくつものハードルがあり、1つずつクリアしていく必要があります。

そこで、ここは思い切ってキャスティング代行サービスを利用してみるのはいかがでしょうか。

 

キャスティング代行サービスとは?

キャスティング代行サービスとは、芸人が所属する事務所に対して出演交渉を代行するサービスです。お客様の希望や相談内容をもとに、芸能事務所に交渉をします。

代行サービスを利用すると、人物選定から事務所への交渉、契約書の作成や契約など、その他の煩雑な作業を全て代行してくれます。さらに、イベント当日の運営管理などの細かい調整もしてくれるので、利用者はキャスティングに関わる全ての事柄について、心配をせず安心して任せることができます。

 

キャスティング代行サービスを利用するメリット

キャスティング代行サービスを利用するメリットは、ギャラの交渉や契約など煩雑な手続きを代行してくれるため、個人の負担なく芸人を呼ぶことができるということです。

もう1つのメリットは、依頼をしようと思っている芸人の過去の出演実績や最近の動向などの情報を得ることができる点です。過去のデータから、対象の芸人がどの程度集客できるかなどが分かるため、正確に集客力や宣伝効果を見極めることができます。

また、事前に呼ぶ芸人を決めなくても、複数の芸能事務所からふさわしい出演候補者をピックアップし、提案をしてくれます。

つまり、キャスティング代行サービスを利用することでキャスティングに関する煩わしい部分から開放され、依頼者はイベントの運営に関わる主要な仕事に注力ができるようになるのです。

 

キャスティング代行サービスなら「ヒーローキャスティング」!

このようなキャスティング代行サービスはいくつかありますが、その中でもおすすめなのが「ヒーローキャスティング」です。

ヒーローキャスティングは親切かつスピーディな対応と適正価格に自信を持っており、安心して任せることができるキャスティング代行サービスの1つです。

 

ヒーローキャスティングとは?

ヒーローキャスティングは、日本一便利なキャスティング会社で、対応ジャンルの幅広さは業界一です。

今話題の旬なタレント、芸人、俳優、モデル、Vtuber、Youtuber、インフルエンサー、

アイドル、歌手、声優、アスリート、専門家、文化人、クリエイター、アーティスト、コスプレイヤー、エキストラ、MC、キャラクター など、幅広いご依頼・ご相談が可能です。

また、約8,000件ものキャスティングの実績があり、それをもとにあらゆるデータを駆使して、最適な案件をマッチングしてくれます。ここまで膨大なデータを持つキャスティング代行会社はほとんどないため、より正確な宣伝効果や集客効果を予測することができます。

 

ヒーローキャスティングのキャスティング事例

ここでは、ヒーローキャスティングが芸人をイベントにキャスティングした事例を2つ紹介します。

 

【事例1】
某商業施設のリニューアルイベントに、人気女性コンビの「ニッチェ」さんと、若手男女コンビの「スーパーニュウニュウ」さんをキャスティングしました。

ステージが始まる前から人だかりができていて、2階でのステージなのに3階からも多くの人が登場を待っている状態でした。

最初は、スーパーニュウニュウさんのステージです。

声出しやゲームをすることで、お客様を盛り上げてくれました。

「タイミング良く手を叩く」というゲームでは、会場にいるお客様全員でチャレンジしました。会場は家族連れで来ている方が多く、お子さんが大喜びで参加してくれました。

そして、いよいよニッチェさんのステージです。

子供受けが良いネタから始まり、お2人のダイエットに関するネタとオリジナルソングを披露してくれました。さらに、指名したお客様にステージ上にあがってもらったり、ニッチェと共に記念撮影をしたりと、会場は終始大盛りあがりでした。最終的には400〜500人もの人達が集まったそうです!


【事例2】
ある企業の全社員で行う運動会の総合司会に、キングオブコント2012王者の「バイきんぐ」さん、愛ちゃんの愛称でおなじみのキャスターの「皆藤愛子」さん、めざましテレビのお天気キャスターの「小野彩香」さんをキャスティングしました。

運動会当日は、カメラが6~7台も導入され、まるでテレビ撮影がなされているかのようなクオリティーの高さでした。参加する社員の方々はもちろん、出演者の方々も熱くなっていました。

中でも、小野彩香さんはリポートが非常に上手で、会場の皆さんを飽きさせませんでした。いつも「めざましテレビ」で現場をこなしているからできる技ですね。

 

\\ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちら//

 

まとめ

芸人を呼んでイベントを大成功させる秘訣は、イベントに合わせた芸人を選び、芸人の所属事務所への交渉を何度も重ねたうえで、契約書を交わし、イベント当日のアテンドや控え室の準備などの緻密な努力をすることです。これらを一個人で行うのは、多大な労力がかかるため現実的ではありません。

そこで、キャスティング代行サービスに依頼するのはいかがでしょうか。キャスティング代行サービスの中でもおすすめなのが「ヒーローキャスティング」で、親切かつスピーディな対応と適正価格に自信があります!

イベントに芸人を呼びたいと検討している方はぜひヒーローキャスティングへご相談ください!

さらに、現段階で実現可能か分からない、相談だけしてみたいといったニーズにも対応してくれます。地方だから芸人を呼ぶのは諦めている方も、ぜひ相談してみてくださいね。

 

\\ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちら//

  • このエントリーをはてなブックマークに追加