キャスティングラボ詳細

イメージキャラクター契約っていくらする?

タレントをイメージキャラクターを起用する例は増えています。
・短期的に知名度・信頼度を上げたい
・競合が起用しているので気になる
・普段打つ広告効果を上げたい
・好きなタレントと会いたい
このあたりが多いと思います。

昔はTVCM×1年間起用する形ばかりでしたが、
今はWEBでのプロモーション展開が増えたり、
店頭での展開もより重視されているので、
その商品のその時の展開に合わせタレント起用する事が増えています。

今回は、タレントをイメージキャラクターに起用するメリットから起用にかかる費用、タレントの起用方法までご紹介していきます。

 

タレントをイメージキャラクターに起用するメリット

商品を売ったりサービスを提供したりするためには、購買意欲のあるユーザーを獲得しなければなりません。しかし、商品の知名度が低い、好感度が低いなどの弊害があると売上が向上しません。
そんなときに試して欲しいのが、タレントをイメージキャラクターに起用することです。
タレントは清楚・美しい・カジュアル・活発・神秘的などのイメージを持ちます。そのタレントが持つイメージやタレントの認知度を上手く活用することで、商品の売上アップにつなげることができます。ここでは、タレントをイメージキャラクターとして起用するメリットをご紹介します。

 

認知度が向上する

認知度の低い商品や新商品を上手く宣伝できなければ、売上につながらないでしょう。商品やサービスが世の中に知られていなければ、消費者が商品を手に取る機会が少なくなります。

しかし、旬なタレントや人気女優などをイメージキャラクターとして起用すれば、起用した芸能人とセットで商品を覚えてもらうことができ、商品の認知度が高まります。
例えば、あまり有名ではないクリエイターの作品を人気タレントが紹介すれば、一躍話題となり得るでしょう。

テレビCMの認知率調査によると、トップレベルの人気タレントをイメージキャラクターとして起用すると、CM認知効率が平均の1.25倍に達するそうです。また、SNSを通じて拡散するなどの相乗効果を得られる可能性もあります。

 

製品・サービスのイメージアップ

タレントをイメージキャラクターとして起用すると、消費者は商品やサービスあるいは企業に対して好感を持ちやすくなります。商品やサービスなどへの好感度が上がることは、利益に繋がります。

商品や製品あるいはサービスなどの中には、一定のイメージが定着しているものもあるでしょう。

例えば、生命保険というと「固いイメージ」や「暗いイメージ」などネガティブなイメージを持ちがちです。しかし、活発で明るいイメージを持つタレントをCMに起用したら、ポジティブなイメージに変わる可能性があります。

タレントをイメージキャラクターとして起用すると、商品のイメージアップにつながるというメリットがあります。ただし、起用したタレントが不祥事を起こすと、商品のイメージダウンにつながりかねないというデメリットも併せ持ちます。

 

実際に、キャスティングを行ってイメージアップにつながった事例を簡単に2つご紹介します。

・ジュエリーブランドのPRにタレントのSNSをフル活用しフォトジェニックかつ自然な投稿でユーザーから高いエンゲージを獲得

・ケア商品に対して綺麗好きなタレントを起用することでより信頼性を高める広告になった

 

タレントのファンが購買してくれる

一般消費者が対象の商品に限りますが、タレントを応援するために熱心なファンが商品を購入する場合があります。そのため、商品を使用する年齢層とタレントを支持する年齢層を合わせて起用するタレントを選ぶことで、ファンによる売上向上が見込める可能性があります。

 

実際にキャスティングすることでファンに訴求できた事例を簡単に3つご紹介します。

・女性タレントTV出演番組数No.1の若手タレントを全国チェーンカラオケ店のキャンペーンに起用したことでタレントと同世代のターゲットから契約更新を獲得

・お菓子のWebCMに人気女優を起用したことで商品ターゲットである若年層から話題になった

・台湾茶のサンプリング施策として若手俳優を起用したトークショーを実施し約250名を集客

 

 

タレントをイメージキャラクターに起用する費用

契約期間を短くすると金額は下がります。
が!
展開がWEBだけなら安くなるのか?と言うとそれは無理です。
事務所からすると、TVCMだろうがWEBだけだろうが、
その企業の広告塔になると類似企業の案件が請けれないため、
露出の規模は関係ない!という考えです。

契約料ですが、知名度があるタレントで、
年間600万〜1,500万くらい。月あたり、50〜120万くらいが相場です。

・商品がタレントと合うか
・稼働は何日か(撮影〜イベント他)
・期間
この3つをクリアすると、後は金額調整となります。

個人的には、
3〜6ヶ月間キャンペーンを組み、徹底的にタレントの肖像を使って行く、
というのが費用対効果×知名度&信頼度アップに良いと思います。

 

タレントをイメージキャラクターに起用する方法

自社の商品や個人の商品の認知度を向上させたい、好感度を高めたいなどの理由で、イメージキャラクターとしてタレントを起用することを検討している方もいるでしょう。広告にかけられる予算を検討してタレントを起用することが決まれば、条件を満たしたタレントを探して契約を行います。タレントを起用する方法は2通り挙げられます。ここでは、その2つの方法について解説します。

 

自ら起用する

1つめの方法は、自ら芸能事務所にコンタクトをとり交渉や契約を行う方法です。この方法を選ぶことで仲介手数料が発生することなくキャスティングすることができます。

 

自らタレントを起用する場合、商品のイメージに合うタレントを探す、タレントの支持層を把握するなど、起用するタレントを選ぶ上で抑えておきたいポイントがあります。しかし、これらは簡単にできることではなく、タレントのプロフィールや実績、SNSのフォロワーなど、タレントに関わる様々な情報を把握しなければ、適したタレントを選ぶことはできません。また、タレントと契約した後は、撮影当日のサポートを実施しなければなりません。

タレントの選定からサポートまでの一連の作業は、キャスティングのノウハウがなければ非常に困難で、手間も時間もかかります。

 

また、企業が自社でキャスティングを行う場合、キャスティングにおける調査や業務に人員を割くことになります。その場合、当然人件費も発生するためコスト面を踏まえてもあまり現実的ではないでしょう。

 

キャスティング代行会社に依頼する

2つ目の方法は、キャステキング代行会社にキャスティングを依頼する方法です。キャスティング代行会社とは、人選から制作までの一連の作業をサポートする会社です。

キャスティング代行会社は、過去のキャスティング実績やタレントのプロフィールなどのデータベースと幅広い専門知識を持ち合わせています。キャスティング代行会社を利用することで、候補芸能人の最新情報を得られたり、専門知識による宣伝広告に関わるアイデアが得られます。
また、タレントを起用するための一連の作業を一貫して依頼できたりなど様々なメリットを得られるでしょう。

 

キャスティング代行会社を利用すると、仲介手数料が発生します。しかし、自社でタレントの人選やサポートを行うための人件費を考慮すると、キャスティング代行会社に依頼する方が手間はかからず、コストパフォーマンスも高いといえます。そのため、タレントを広告などに起用する場合は、キャスティング代行会社に依頼することがおすすめです。

 

キャスティング代行なら『ヒーローキャスティング』

タレントのキャスティングを検討している方は、【ヒーローキャスティング】に依頼してみませんか。

ヒーローキャスティングは、キャスティング実績約7,000件の日本一便利なキャスティング会社です。対応ジャンルは業界一で、タレント・芸人・インフルエンサー・クリエイターなど幅広くご依頼・ご相談可能です。

 

依頼主の条件に合ったタレントなどをピックアップし、出演交渉から煩雑な業務を一手に引き受け、依頼主と芸能事務所の双方のケアを行い、円滑に依頼を成立するために責任を持ってサポートします。

全国無料でキャスティングの依頼を受け付けており、12の専門チームがスピード対応いたします。

キャスティングをお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください!

あの有名なタレント&モデルを、
イメージキャラクター契約(広告契約)で起用してみませんか?
ロイヤリティーでの契約も可能です!

ご相談下さい!

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせ・ご相談はこちら》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加