• ホーム
  • インフルエンサーマーケティング代行の料金は

キャスティングラボ一覧

インフルエンサーマーケティング代行の料金は

インフルエンサーマーケティングは最近、注目を浴びているマーケティング方法の一つです。

 

本記事では、インフルエンサーマーケティングの代行サービスの料金について解説していきます。また、基本知識やインフルエンサーマーケティングのやり方なども取り上げています。

インフルエンサーマーケティングを考えている企業や担当者は、ぜひ、参考にしてください。

 

インフルエンサーマーケティングとは?

まずは、インフルエンサーマーケティングの基本知識を解説します。

インフルエンサーマーケティングとはTwitterやInstagramなどのSNS上で人気のある人物に、商品やサービスを紹介してもらうことです。

そして、紹介してもらった商品、もしくはサービスの購入やイメージアップにつなげることが目的となります。

 

SNS上で人気のある人物をインフルエンサーと呼び、マーケティング活用することからインフルエンサーマーケティングといいます。

 

インフルエンサーは一口にいっても、フォロワー数により細かく分けることが可能です。

 

【メガインフルエンサー: 100万人以上】 

テレビによく出演する芸能人など世間的な知名度が非常に高い人物。ユーザーの注目を引きやすい。

ミドルインフルエンサー: 10万〜100万人未満

特定のジャンルで活躍している人物。テレビ出演していなくても事務所に所属していることが多い。

【マイクロインフルエンサー:1万〜10万人未満】

特定の分野にこだわった投稿をする人物。インフルエンサーマーケティングでは起用しやすい。

【ナノインフルエンサー:1000〜1万人未満】

狭い範囲ではあるが一定層に影響力のある人物。インフルエンサーとの親近感が湧きやすく効果を得やすい。

【ライトインフルエンサー:1000〜1万人】

一般人で交友関係が広い人物。エンゲージメントが高く、依頼を無料で引き受けてくれることもある。

上記のように、様々なインフルエンサーが存在します。ポイントになるのは、自社商品を宣伝したいターゲット層とフォロワーの属性がマッチしているかです。

自社商品を20代女性にPRしたい場合、インフルエンサーのフォロワー属性で男性が多く占めるようだと、上手くいきません。

インフルエンサー自身の属性やフォロワー数だけに注目せず、の層にリーチしていきたいかを見極めましょう。

マイクロインフルエンサーやナノインフルエンサーでもターゲット層とフォロワー属性が合致すると、コンバージョンしやすいです。インフルエンサーのリサーチや選定が大切になります。

 

このように、インフルエンサーマーケティングには気をつけたいポイントがいくつかあります。

スマートフォンの普及からSNSは利用されるようになり、今ではインフルエンサーマーケティングの有効性が高まっています。

多くの企業がインフルエンサーマーケティングを行い、自社商品やサービスの宣伝に努めています。

インフルエンサーマーケティングのやり方

ここからは、インフルエンサーマーケティングのやり方を具体的に解説していきます。インフルエンサーマーケティングのやり方は次に挙げる3つです。

自らインスタグラマーを探す

真っ先に思い浮かぶ方法が、自らインスタグラマーなどのインフルエンサーを探す方法ではないでしょうか。

インフルエンサーを自ら探すと、契約交渉や内容の打ち合わせなど全ての過程をこなす必要があります。

企業であれば、インフルエンサーのリサーチや選定から交渉ごとも全て自社スタッフが行うことになります。

よくSNS上で見かけると思いますが、TwitterやYouTubeなどで「仕事のご依頼はこちらまで」などと問い合わせ先を載せているインフルエンサーがいます。

そのようなインフルエンサーに直接連絡して、商品やサービスを紹介してもらえるように進めていきます。

 

ここまでの流れからも想像できるように、自社においてインフルエンサーの選定や交渉などが上手く行えるかが重要です。

企画や投稿に載せる画像や動画なども自社で依頼先を決めていくことも必要でしょう。

全行程を自ら行うのはノウハウがないと、スムーズにいかないことがあります。また、スタッフの人件費などを捻出する必要があり、様々な面でコストがかかります。

プラットフォームから探す

インフルエンサーを探すことは簡単なことではありません。先にも解説しましたが、自社商品のターゲットとフォロワーの属性がマッチしているインフルエンサーを選ぶことに手間がかかります。

全く何も情報がないまま調べることになれば、労力がかかります。その手間を省けるのがプラットフォームの利用です。

 

様々なインフルエンサーが登録しているプラットフォームがあり、企業も登録することで利用できます。

登録した企業は案件を投げかけて、インフルエンサーの応募を待つ仕組みです。自社でインフルエンサーを探すよりは効果的な選定ができるでしょう。

ただし、利用するプラットフォームによって、登録料が必要なケースがあります。当然、インフルエンサーへの報酬も支払うことから金銭的なコストがかかるでしょう。

 

インフルエンサーの選定が円滑に行ても、細かな指示や企画は自社で行うことがほとんどです。インフルエンサーマーケティングの知識が必要となります。

代行サービスを利用する

これからインフルエンサーマーケティングに取り組みたい、または、ノウハウがなくて不安な場合は代行サービスの利用がおすすめです。

インフルエンサーを自ら探したり、プラットフォームを利用したりしても企業の負担は大きなものです。そこで、代行サービスの利用が有効となります。

これからインフルエンサーマーケティングをはじめたい、もしくは、ノウハウがない場合は代行サービスを利用してみましょう。

インフルエンサーマーケティングは代行サービスがおすすめ!

インフルエンサーマーケティングには代行サービスの利用がおすすめです。ここでは、インフルエンサーマーケティングの代行サービスの基本情報とメリットを解説していきます。

インフルエンサーマーケティング代行サービスの基本情報

インフルエンサーマーケティングの代行サービス(代行会社)は数多くあります。それぞれで特徴や強みが異なっています。しかし、仕組みはほぼ同じでしょう。

 

関係するのは依頼者、代行会社、インフルエンサー(所属事務所)です。まずは、依頼者が代行会社に相談をするところからはじまります。

代行会社は相談を受けるとインフルエンサー、場合によっては所属事務所の間に入り契約を進めていきます。

代行会社は契約や交渉だけではなく、投稿内容や企画にも携わります。円滑なマーケティングになるよう、常に依頼者とインフルエンサーの間に入ってくれます。

 

以上のように、インフルエンサーマーケティングに関する一切を任せられるのが代行サービスです。

インフルエンサーマーケティング代行サービスのメリット

インフルエンサーマーケティングの代行サービスを利用するメリットは以下になります。

 

・インフルエンサーマーケティングに関する全てを任せられる

・自社商品のイメージに合うインフルエンサーの情報を得ることができる

・コストパフォーマンスが良い

 

インフルエンサーマーケティングを導入するには、いくつかの段階があります。代行サービスを利用すれば全てを任せることが可能です。自社の希望はしっかりとヒアリングされるため、条件に合ったインフルエンサーを決定できます。

その後の交渉や企画なども代行サービスの運営会社に任せることができて、自社の負担も大幅に減るでしょう。

さらに、代行サービスを利用すれば運営会社から豊富な情報提供があります。商品やサービスにマッチするインフルエンサーの情報や成功事例など、自社にとって利益となる情報はメリットでしょう。

 

代行サービスの活用はワンストップでインフルエンサーマーケティングが可能になりますが、コストパフォーマンスも優れます。

料金体系は代行サービスごとに異なるものの、自ら行う場合の人件費や手間暇、プラットフォーム利用時の費用を考えればコストパフォーマンスが良くなります。

 

総合的に考えて、インフルエンサーマーケティングは代行サービスを利用することをおすすめします。

インフルエンサーマーケティング代行サービスの料金は?

インフルエンサーマーケティングは代行サービスを利用するとメリットが大きいです。ここで気になるのは、代行サービスを利用した際の料金ではないでしょうか。

ここからは、代行サービス利用時の料金を取り上げていきます。

料金の決まり方

代行サービスを利用すると、発生する費用は次のようになります。

 

・キャスティング費用

・デレクション費用

・クリエイティブ制作費用

・マネジメント費用

 

上記は一般的なインフルエンサーマーケティングで発生する費用ですので、ケースバイケースで違いも考えられます。

 

キャスティング費用はインフルエンサーを起用するときに発生します。インフルエンサーのフォロワー数に単価を掛け算して計算していきます。フォロワー数が多いインフルエンサーほど、単価も高くなる傾向があります。

ディレクション費用は商品PRの企画を行うときにかかる費用です。また、クリエイティブ費用は投稿する写真や動画などを制作する費用です。投稿物のクオリティに応じて金額が上下します。

マネジメント料は代行サービスを利用すると支払います。総合的なサポートを受けるための費用と考えましょう。

 

キャスティング費用については、代行会社がフォロワー単価に上乗せしてマージンを取ることがあります。

細かい費用で言えば、交通費などの負担も考えられます。(代行会社のスタッフがインフルエンサーへ会いに行くときなど)

料金の相場

先に取り上げた料金内容を具体的な相場で見ていきます。

 

キャスティング費用>

1フォロワー2〜6円

デレクション費用>

3000円〜(月額料金の場合もあり)

クリエイティブ制作費用>

数千円以上

マネジメント費用>

月額数万円〜数十万円

上記を見てもわかるように、各種費用は概算だったり開きがあったりします。インフルエンサーマーケティングは、起用するインフルエンサーの影響力に応じて、様々な費用が決まっていきます。

よって、料金の相場として目安を出すのも難しいところです。案件ごとにかかる費用も異なるので、似たような事案でも費用が異なるケースもあるでしょう。

料金については、代行会社としっかりと相談して上で決めてください。

インフルエンサーマーケティング代行サービスならこれ!

インフルエンサーマーケティング代行サービスは数多くあります。その中でも、おすすめしたい2つのサービスを紹介します。

代行サービス選びに役立ててください。

ヒーローキャスティング

はじめに紹介するのは弊社のサービスであるヒーローキャスティングです。ヒーローキャスティングの強みや特徴は次の通りです。

 

・累計キャスティング実績7,000件

・専門ユニットがインフルエンサーマーケティングをサポート

・独自のデータベースを構築

・対応力を徹底追及

 

ヒーローキャスティングは、これまでの豊富なキャスティング実績があります。インフルエンサーマーケティングはじめ、様々な分野においてキャスティングの実績を積んでいます。

そのため、12の専門ユニットがお客様の心強い味方としてサポート可能です。インフルエンサーマーケティングに対応した専門ユニットも存在し、商品のPR実績があります。

ヒーローキャスティングは、豊富な実績から独自のデータベースを構築しています。インフルエンサーに関する基本的な情報だけではなく、インフルエンサー選定時の判断材料となるシミュレーションも提供します。

また、相談や交渉、企画など全てをワンストップで対応しています。全ての過程において迅速な対応を心がけ、依頼者の満足を追求します

 

これらの強みが依頼者から選ばれる理由と考えています。

インビジョン

インビジョンはITと採用を組み合わせた採用マーケティングを行う会社です。インフルエンサーの起用も含めた、人材の採用を幅広く行っています。

インフルエンサーマーケティングに関しては、初回に限り5万円から依頼を受け付けます。低料金ではじめられるので、インフルエンサーマーケティングがどのようなものなのかを体験するには適しています。

オールジャンル対応、人気インフルエンサーとの提携、予算に合わせた企画など、案件に応じて柔軟な対応をします。

インフルエンサーマーケティングで集客力UP!

本記事ではインフルエンサーマーケティング代行サービスの料金などを取り上げました。費用は起用するインフルエンサーによって異なるので、その都度、相談が必要です。

インフルエンサーマーケティング代行サービスを利用すると、様々な費用が発生します。しかし、自社で全てを行ったりプラットフォームを利用したりするよりもコストパフォーマンスに優れるでしょう。

 

弊社サービスのヒーローキャスティングは、これまでの実績や独自の強みがあります。これからインフルエンサーマーケティングを検討しているならば、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加