• ホーム
  • <インフルエンサーマーケティング代行サービスなら?>人気代行サービスの特徴・事例を比較!

キャスティングラボ一覧

<インフルエンサーマーケティング代行サービスなら?>人気代行サービスの特徴・事例を比較!

自社商品のPRにはインフルエンサーマーケティングが効果的です。しかし、自社でインフルエンサーマーケティングを手がけるのは様々なコストがかかります。

そこで、有効なのが代行サービスの利用です。本記事ではインフルエンサーマーケティング代行サービスについて解説していきます。

インフルエンサーマーケティングの基本知識から人気代行サービスの特徴や事例の比較も行います。ぜひ、代行サービス利用に活かしてください。

インフルエンサーマーケティングについて

まずはインフルエンサーマーケティングについて、基本知識を解説していきます。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーの影響力を活かしてマーケティングすることです。

インフルエンサーは芸能人など一般的な知名度の高い人物や有名ブロガー、人気YouTuberなど、人々に大きな影響を与える人物になります。

そのインフルエンサーが商品やサービスを自身のSNSで紹介し、集客やコンバージョンにつなげるのがインフルエンサーマーケティングです。

インターネットを活用したマーケティングではSEOやリスティング広告がこれまでの主流でした。それらの方法は自社で集客します。

昨今、SNSの利用者が増えており、有名人なども頻繁に情報発信しています。何十万人、何百万人というフォロワーを持つ人物もいます。

フォロワーが豊富にいれば、発信するだけで多くの人にリーチできます。このようにインフルエンサーマーケティングは広告などよりも発信力が高いです。

 

インフルエンサーマーケティングで利用するSNSは、Instagram・Twitter・Facebookになります。

 

<Instagram>

写真ベースで視覚的な訴求が可能

<Twitter>

テキストベースではあるが、写真や動画と組み合わせられる

<Facebook>

Facebookグループやライブ機能を利用して訴求ができる

 

それぞれの特徴は以上になります。3つの中ではTwitterがインフルエンサーマーケティングの効果を得やすいです。企画次第でInstagramやFacebookの活用も有効になります。

なぜインフルエンサーマーケティングが注目されている?

最近、インフルエンサーマーケティングは多くの企業が導入しています。注目度が高まっている理由は5つ考えられます。

 

・広告を見ないユーザーが多くなっている

・消費者(フォロワー)の共感を得やすい

・コンバージョン(購買)につながりやすい

・SNSからの情報収集が多くなった

・特定のジャンルにアプローチができる

 

上記の理由を一つずつ見ていきます。まずは、広告を見ないユーザーが増えています。サイトなどを閲覧すると表示される広告は、これまで多くの企業が取り組んできたマーケティングです。しかし、ユーザーは広告の存在を邪魔に感じることがあり、中には広告をブロックする人もいます広告に関心を持つユーザーは少なくなっています。

一方でフォローしているインフルエンサーが発信する情報であれば、見逃すことが少ないでしょう。よって、効果的なPRにつながります。

インフルエンサーをSNSでフォローするのは、インフルエンサー自身に何かしらの影響を受けているからです。

ユーザーはフォローしているインフルエンサーが発信することに共感しやすいと考えてもいいでしょう。

よって、インフルエンサーが愛用している商品、使ってみて効果を感じたサービスなどはフォロワーの共感を得やすくなります。

共感を得たフォロワーは、「自分も使ってみたい!」と商品やサービスを購入することもあるでしょう。インフルエンサーマーケティングはコンバージョンにもつながりやすいです。

 

これだけSNSの利用が多くなったのは、情報収集のツールとして使われているからです。特に流行りの情報(トレンド)の収集に関してはGoogleやYahoo!といった検索エンジンの利用割合と変わらなくなっています。

SNSも検索手段として使われているからこそ、インフルエンサーマーケティングは効果があります。

インフルエンサーマーケティングは広告と違い、特定ジャンルに絞ってアプローチできます。また、フォロワーの属性を把握して、自社商品のターゲット層と合致すると集客やコンバージョンに有効です。

このように、SNSの普及やユーザーの利用方法など様々な要素でインフルエンサーマーケティングは注目されています。

インフルエンサーマーケティングで注意すべきこと

これらのマーケティングでは非常に有効なインフルエンサーマーケティングですが、注意点もあります。

インフルエンサーの起用は、自社商品のイメージに合うような人物を考えます。その後、フォロワーの属性などもマッチして、商品PRを進めたとしましょう。

そこで万が一、起用したインフルエンサーが問題を起こすと集客の悪影響になります。場合によって商品イメージや企業イメージを崩す可能性があります。よって、インフルエンサー選びは重要になります。

また、商品やサービスを宣伝したいからといって、むやみやたらに投稿を依頼すればステマ広告と思われる可能性があります。

結果的に商品や企業に対して悪い印象を持たれますので、注意してください。

インフルエンサーマーケティング代行サービスとは?

インフルエンサーマーケティングは今後、有効なマーケティング方法です。しかし、自社で全ての過程を実施していくのは様々な手間がかかります。

そこで利用したいのが代行サービスの活用です。ここからは、インフルエンサーマーケティング代行サービスについて解説していきます。

インフルエンサーマーケティング代行サービスで仕事効率化!

インフルエンサーマーケティングを行うには様々な過程があります。

 

・インフルエンサーのリサーチ、選定

・インフルエンサーとの交渉、契約

・投稿内容の企画

・制作物の作成(写真や動画など)

・インフルエンサーに投稿してもらう

 

上記が大まかな流れになります。流れのほとんどは理解できるでしょう。しかし、インフルエンサーマーケティングの知識がないと非常に難しいです。

 

「どのようにインフルエンサーを探すのだろうか?」

「フォロワーの属性を調べる方法は?」

「費用や契約はどうすればいいのだろう?」

「動画制作をどこに依頼しようか?」

 

など、多くの問題に直面するでしょう。ですから、自社で全てを行おうと考えると手間がかかるのです。

また、インフルエンサーマーケティングのノウハウがあったとしても、自社スタッフを配置すれば人件費の捻出が必要です。いろんな面でのコストを考えると他の業務への影響も考えられます。

 

代行サービスを利用すると、代行会社が依頼者とインフルエンサーの間に入ります。依頼者の要望をヒアリングしてマッチするインフルエンサーを選出します。

インフルエンサー本人、もしくは所属事務所との交渉も代行会社が行っていきます。企画や制作物の作成依頼も代行することがほとんどです。

依頼者にインフルエンサーマーケティングのノウハウがなくても効率よく着手できる仕組みになっています。

さらに、自社でインフルエンサーマーケティングを行うより、コストパフォーマンスに優れることがほとんどです。

起用実績をもとにアサインできる!

インフルエンサーマーケティングでポイントになるのはインフルエンサーの起用です。誰を起用すると、自社商品を効果的に宣伝できるかが大切になります。

代行サービスの運営会社ならば、過去に積み上げたデータを持っています。そのデータに基づいて、インフルエンサーの起用がスムーズに行えます。

「この商品はフォロワー割合のほとんどが20代女性であるAさんを起用するといい傾向がある」

など、過去のデータをもとにインフルエンサーの選択ができるわけです。このように、インフルエンサーマーケティングにおいて、代行サービスを活用するのは大きな意味があります

インフルエンサーマーケティング代行サービス選びのポイント

インフルエンサーマーケティング代行サービスは様々あります。ここからは、代行サービス選びのポイントを3つ解説します。

過去の実績を参考にする

代行サービス選びをする上で、目安になるのは過去の実績です。インフルエンサーを起用して、どれだけの成功実績があるかを確認することは大切です。

例えば、20代女性をターゲットにした化粧品のPRを考えたとします。Instagramを活用してレビューを視覚的に訴えていき、いいね!の数を獲得。その後のコンバージョンはこれくらいあったなどの具体的な実績もチェックしましょう。

自社商品のターゲットにマッチするインフルエンサーマーケティングの実績があるかを参考に、代行サービスを選んでください。

費用は高すぎないか

インフルエンサーマーケティングの代行サービスを利用した際の費用は案件ごとに異なります。費用相場や目安を割り出すのも難しいところです。

理由は、起用するインフルエンサーの影響力や契約、企画内容がそれぞれで異なるからです。

費用はケースバイケースで異なりますが、自社にとって高すぎないかを確認してください。影響力の高いインフルエンサーを起用したり、制作物のクオリティを高めたりすれば費用は高くなるでしょう。

それらの金額を自社でしっかりと負担して、コストパフォーマンス良くマーケティングできるかをシミュレーションしてください。

インフルエンサーマーケティングにかかる費用は、キャスティング料、ディレクション料、クリエイティブ料、マネジメント料などがあります。

費用の内訳や内容を精査して、高すぎないかを検討しましょう。

代行サービスの得意分野を確認

代行サービスを運営する会社はキャスティングの得意分野を持っています。インフルエンサーの起用に強みがあったり、芸能人やアスリートのキャスティングを得意としたり、様々です。

自社にマッチする代行サービスを選ぶには、インフルエンサーマーケティングに強みがあるか、実績があるかを確認しましょう。

もちろん、費用がかかりすぎるのはいけません。しかし、「費用が安いから」などの理由で契約や企画内容を軽視することは避けましょう。

インフルエンサーマーケティングに強みを持つ代行サービスを選んでください。

人気インフルエンサーマーケティング代行サービスを比較!

最後に、インフルエンサーマーケティングに強みを持つ代行サービスを3つ紹介します。それぞれにどのような特徴があるのかを理解していきましょう。

ヒーローキャスティング

ヒーローキャスティングは弊社が運営する代行サービスです。ヒーローキャスティングの特徴は累計7000件のキャスティング実績があることです。

手がけたキャスティング事例はインフルエンサーマーケティングだけではありません。しかし、インフルエンサーに特化した専門ユニットがあります。知識豊富な専門スタッフが相談から担当します。

また、インフルエンサーに関する往路フィールやフォロワーなどの基本情報だけではなく、数多くのデータを収集、加工しています。効果シミュレーションも提供できますので、インフルエンサーを選ぶ判断材料になります。

そして、全国各地から案件を受け付けてインフルエンサーや所属事務所に投げかけていまので、費用も安くできます。

ヒーローキャスティングでインフルエンサーをキャスティングした事例をご紹介します。

ヒーローキャスティングでは以前、海外ドラマのプロモーションに海外ドラマ・洋画好きのインフルエンサーをキャスティングしました。インフルエンサーは、SNSでモノマネメイクを投稿し反響を呼んだり、海外ドラマの公式YouTubeチャンネルに出演し話題を呼びました。こちらのキャスティングでは、インフルエンサーにさまざまな体験をしてもらうことで、多角的な施策を行った事例です。

A社のBツール

BツールはA社が提供するインフルエンサー検索ツールです。AIが自社の条件に最適なインフルエンサーを選定してくれます。

インフルエンサーマーケティングを成功させるための必要項目の管理や実施結果のレポートも取得できます。ハッシュタグリコメンドやハッシュタグ分析など豊富な機能が魅力です。

ツール利用料(月額)の他にキャスティング依頼を前提とするプランがあるため、予算に応じて判断していきましょう。

C社

C社は現役大学生を起用してマーケティングを行います。参加している全国100大学の、15000名以上の学生の中から最適な人物を選んで、クチコミ投稿をします。

若年層へのダイレクトなアプローチや普通の大学生が拡散させることで親近感(高い訴求力)を生みやすいです

また、参加している大学生は独創性がある人物ばかりです。大人でも創造できないようなクリエイティブで取り組んでくれることもあります。

ヒアリング、学生のアサイン、ミッション実行だけではなくレポート提出もあるため次のマーケティングに活用できるでしょう。

インフルエンサーマーケティング代行サービスを利用しましょう!

インフルエンサーマーケティングは代行サービスを活用すると仕事の効率化につながります。代行サービスを選ぶときは過去の実績、費用、得意分野を基準にしてみましょう。

弊社が運営するヒーローキャスティングは、全くの白紙状態からでも相談を受け付けています。インフルエンサーマーケティングを考えているならば、ぜひ、ご相談ください。

 

《ヒーローキャスティングのサービスサイトはこちら》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加