• ホーム
  • 《芸能マネージャーになるには》必要な資格やスキルはあるのか?

キャスティングラボ一覧

《芸能マネージャーになるには》必要な資格やスキルはあるのか?

 

煌びやかなイメージのあるエンターテイメント業界。業界の中でも特に志望者が多いといわれているのが、エンターテイメント業界で活躍する芸能人達を影で支え、芸能活動をサポートする役割を持つ芸能マネージャーです。
そんな芸能マネージャーという職種ですが、非常に人気で1つの求人に対し多数の応募者が殺到することも珍しくはありません。その反面、実際に採用されるのは全応募者から1~2名程度という、実に狭き門でもあります。

この記事では、芸能マネージャーになるために必要なスキルや芸能マネージャーとして採用されやすい人の傾向、おすすめのサポートサービスなどを詳しくご紹介していきます。

 

芸能マネージャーになるには

芸能マネージャーとして仕事をしている人達はその大多数が、芸能プロダクションやタレント事務所のスタッフとして勤務にあたっています。
入社に至るまでの経緯は人により様々ですが、採用試験を経て入社するのが一般的です。入社後は先輩の補佐に入りアシスタント業務をこなしながら、仕事内容を覚えていく場合が多いようです。

また、担当芸能人の芸能活動全般をサポートするということもあり、幅広いコネクションやスキルを必要とされるシーンが多いため、何よりも「熱意」や「意欲」を重視される傾向にあるという点も、特徴の1つです。

そういった背景を踏まえ、ここでは芸能事務所の採用試験に関してご説明します。

 

芸能事務所の採用試験を受ける

前述した通り、芸能マネージャーの多くは芸能プロダクションやタレント事務所のスタッフとして働いています。つまり、芸能マネージャーになるためにはまず、こういった企業の採用試験を受け、入社することが第一です。

 

採用試験では特に、エンターテイメント業界特有の厳しい上下関係があることや忙しく不規則な生活リズムになってしまうハードワークである面から、「本当にエンターテイメント業界に飛び込む覚悟を持っているのか」を強く問われます。

 

学歴に関しては各社によってまちまちで、一切問われないということもあれば大卒以上としている所もあります。どちらかというと所有資格や学歴よりも当人の意欲や行動力を重視する特徴があるのが、芸能マネージャー求人の採用傾向といえるでしょう。

 

どんな人が採用試験に受かるのか

芸能マネージャーの採用試験では、やはり前項で挙げたようにやる気や熱意、行動力のある人が採用される傾向にあります。
また何よりも、担当芸能人のサポートにあたるという仕事内容のため、自己中心的な考えで動かないで、他者を思いやることのできる気質も重要です。

芸能マネージャーは、いわばエンターテイメント業界の裏方であり、担当芸能人のように直接観客やファンと接することがあまり多くはありません。エンターテイメント全般が好きで、意欲的に他人を楽しませたい、感動を与えたい」という思いを持っている人が適任とされる職ですので、当然、芸能事務所もそういった志望者を選ぶ傾向にあるようです。

 

芸能マネージャーになるには資格が必要?

芸能マネージャーになるには、必須とされている資格はありません。

この仕事は学歴が問われない分、適性と意欲が強く求められます。試験で取得した資格よりもむしろ、ハードな仕事に耐えうる体力や根性・担当芸能人への細やかな気配り・一般常識といった、生来の気質や経験がものをいう職場です。

とはいえ、仕事上担当芸能人を車で送迎する機会があるので、普通自動車運転免許は最低限取得しておくべきでしょう。採用試験の際にも有利に働く要素となることは間違いありません。

 

芸能マネージャーになるにはどんなスキルが必要?

芸能マネージャーの仕事は多岐に渡ります。自社に所属している俳優や女優・タレント・歌手といった担当芸能人に付き添い、彼らの芸能活動をスムーズに行うことが出来るよう全般のサポートを行えるだけのスキルが必要となってくることは間違いありません。

ここでは、具体的にどういった能力が必要となってくるのかを「コミュニケーション能力」「スケジュール管理能力」「マネジメント能力」「営業力」の4つのポイントに分けてご説明します。

 

コミュニケーション能力

担当芸能人との信頼関係を築くにも、営業で仕事を取ってくるにも、コミュニケーション能力は非常に重要な役割を果たします。

信頼関係を重視するエンターテイメント業界では、横のつながりがとても重要な要素となります。エンターテイメント業界に直接関わりのある相手だけではなく、あらゆる方面・分野の人達とのコネクションを作り、大切にしていくよう常に意識することが大切です。

周囲との連携が必要不可欠となる芸能マネージャーを目指すのであれば、挨拶をはじめとしたやり取りを円滑に行えるだけの、高いコミュニケーション能力を普段から養っておくことが必要です。

 

スケジュール管理能力

私達一般人がマネージャーと聞いてイメージするような、担当芸能人のスケジュール管理業務を行うスキルがこれにあたります。いつ誰に訊かれてもいいよう常に直近のスケジュールを把握し、スケジューリングでは無駄な待ちの時間を作ってしまわないように配慮します。そして何より、アーティストに負荷が掛かりすぎていないかどうかをしっかり確認する能力が求められます。

 

エンターテイメント業界は時間厳守の業界です。遅刻などは担当芸能人のみならず、所属事務所の信用にまで大きな影響を与えてしまうため、芸能マネージャーは担当芸能人の現場の入り時間から香盤進行に至るまで、全てを把握していなければなりません。

担当芸能人が売れっ子になればなるほど、芸能マネージャーのスケジュール管理の能力もより高いものが問われていくことになるでしょう。

 

マネジメント能力

単にマネジメント能力と聞いても「曖昧でよくわからない」という方が多いと思います。

芸能マネージャーに必要なマネジメント能力は、第一には担当芸能人との信頼関係を築き、仕事に対するモチベーションを上げ、維持していくことです。

 

第二には、担当芸能人の才能を引き出すこと。これは「ブランディング」と呼ばれる、所属事務所と担当芸能人との間で方針を設定し、現状把握や課題の抽出などをする業務の中でも行われています。

しかし、本人や所属事務所もまだ気付いていない魅力を見つけられる機会が最も多いのは、常に担当芸能人の近くに居る芸能マネージャーです。
マネジメント能力は、担当芸能人とともにエンターテイメント業界で生き抜いていくために必要な能力でもあるのです。

 

営業力

営業力はその名の通り、担当芸能人の商品価値を高めてクライアント側へ魅力を伝える能力です。事務所によっては営業を専門に行うチームを持っており、マネージャーは担当芸能人のサポートに徹する場合もありますが、ここでは必要な能力のうちの1つとしてご紹介します。

 

営業の第一歩は、まずは各メディアのプロデューサーへレジュメを持参して挨拶に出向くことです。ここで今後の担当芸能人の活動内容を説明した上で、いずれかの番組などへ起用してもらえるように交渉を行います。また、担当芸能人が俳優や女優である場合は、出演作品のプロモーション期間中に各メディアへ訪問をすることもあるようです。

 

担当芸能人の存在を知ってもらい、その価値をどのように伝えてゆくかは芸能マネージャーの手腕にかかっています。そのため、芸能マネージャー個人の持っている「営業力」が、その後担当芸能人が売れっ子になっていけるか否かの非常に重要な鍵となります。

 

芸能マネージャーになるためにできること

ここまでは実際に芸能マネージャーとして働く上で必要となるスキルについてご説明しました。

次に、これから芸能事務所への採用、そして芸能マネージャーになることを目指している方に向けて、役立つポイントを解説していきます。

自己PRを練習する

採用試験の項でも挙げた通り、芸能マネージャーになるためには多くの場合、まず芸能事務所の採用試験をパスしなければなりません。

面接では他業種と同様、志望動機を訊かれ、自己PRの場を設けられるため、強い意欲を持って多くの人を楽しませたいという思いや、厳しい業界へ飛び込んでいく覚悟を伝える練習をしておきましょう。

また、単に「エンターテイメント業界の現場に興味がある」だけではなく、具体的に好きな作品やアーティストなどを挙げ、時間を掛けて語ることも面接官に強い印象を与え、採用試験では有利に働きます。

採用試験本番で熱意や意欲を余すことなく伝え、芸能マネージャーとしての素質があると思われるような自己PRの方法を研究しておきましょう。

 

専門学校に通う

芸能事務所の求人では大卒以上の学歴を求められることもありますが、即戦力を得たい芸能事務所の場合は芸能マネージャーを養成する専門学校に生え抜きの人材を求めて、声をかけて来ることもあります。

芸能系や音楽系の専門学校などでは芸能マネージャーに必要なマネジメント業務やビジネスに関して学ぶことのできるカリキュラムが用意されており、芸能マネージャー志望の学生はマネージャーとして即戦力になるスキルを学ぶ機会があります。専門学校の中には芸能事務所との強いコネクションを持っている場合があり、積極的に求人を紹介しているケースもあります。

当然ながら最終的には当人の意欲や熱意がものを言うことは確かです。しかし、仕事上で必要となるスキルを学んだ経験は、決して無駄にはならないでしょう。

 

サポートサービスを利用する

芸能マネージャーを目指す方をターゲットとして展開されているサポートサービスを利用する、という方法もあります。サポートサービスというのはこの場合、エンターテイメント業界向けの人材紹介業者です。

通常の人材紹介業者の中にも勿論芸能マネージャー求人を取り扱っている業者は存在しますが、中にはエンターテイメント業界専門の求人に力を入れている業者があります。

 

エンターテイメント専門の人材紹介業者のメリットは、他社では得られないアドバイスや採用されるためのノウハウなどを事前に教えてもらえるという点にあります。

芸能事務所のマネージャー職を目指すのならば、マネージャーになりたい人とエンターテイメント業界を繋ぐ専門のサポートサービスを利用して、可能な限り万全な態勢で採用試験に臨むことをおすすめします。

 

マネージャーになりたい人を応援するサポートサービスとして、エンターテイメント業界事情に精通するキャスティング会社が展開中の『ヒーローキャスティング』が始めた、人材紹介プロジェクトをおすすめします。

 

芸能マネージャーになりたいなら『ヒーローキャスティング』にご相談ください!

マネージャーになりたい人を応援するサポートサービスとして、『ヒーローキャスティング』が始めた、人材紹介プロジェクトをおすすめします。

 

『ヒーローキャスティング』を運営する株式会社エイスリーは2008年10月に設立し、45名と少数のスタッフでありながら、現在は専門スタッフを全国に配置した日本初のキャスティング会社として知られています。

この「キャスティング会社」と言う言葉には、少しピンと来ないという方もいるかもしれませんね。例えば、有名人を呼びたいというイベント主催者と、仕事のオファーが欲しい有名人が居るとします。この2者の需要をマッチングさせ、準備や交渉を行い双方の仕事をサポートするのがキャスティング会社です。

 

株式会社エイスリーでは『ヒーローキャスティング』で培ってきた独自のノウハウや業界事情の情報を活かし、エンターテイメント業界に特化した人材紹介を行う新たなプロジェクトを始動しました。このプロジェクトでは適性のある人材を得たいという芸能事務所と、芸能マネージャー志望の求職者の両者を繋ぐ、マッチングサービスを展開しています。

 

求人職種は芸能マネージャー以外にも営業、ファンクラブ運営やグッズ制作など多岐に渡ります。

有名大手芸能事務所とのつながりも強く、数多い紹介先芸能事務所それぞれの社風や特徴といった詳細な情報まで、求職者に伝えることが可能です。

また実際の業務に関する情報に加え、担当芸能人とのやり取りの裏側や実態を予め知っておくことができるという安心感もメリットの1つです。人材紹介の際には、こうした業界事情に精通しているキャスティング会社だからこそのノウハウを活かし、就職後の定着に関するフォローに至るまで、きめ細やかなサポートを行っています。

 

昔からエンターテイメント業界に憧れがあった。エンターテイメントに関わる仕事をしてみたい。芸能マネージャーとして煌びやかなエンターテイメント業界で活躍する担当芸能人のサポートをする仕事がしたい。

そんな方は是非、エンターテイメント業界に特化した人材紹介を行うサポート『ヒーローキャスティング』の利用をされてみてはいかがでしょうか。

 

\\ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちら//

  • このエントリーをはてなブックマークに追加