• ホーム
  • 【芸能事務所のマネージャー職の給料】固定給と歩合制のどちら?

キャスティングラボ一覧

【芸能事務所のマネージャー職の給料】固定給と歩合制のどちら?

あなたは、芸能界に憧れを抱いたことはあるでしょうか。いつか芸能人の仲間入りをしたいと考える人もいれば、芸能関係の仕事がしたいと考える人もいるかもしれません。
まず、芸能人になることは簡単ではなく、芸能プロダクションに所属したとしても売れるとは限りません。自分が芸能人になるのは非現実的ですが、芸能人のマネージャーとして芸能界で働くのは現実的です。

 

近年、芸能プロダクションは人材不足に悩み、芸能マネージャーの採用を盛んに行っています。そんな中、芸能マネージャーになりたいと願う人も増えています。多くの希望者が、芸能界で働きたい、芸能界に爪跡を残したい、エンターテイメントで喜びを与えたいと大きな夢を持ち採用試験に望みます。
しかし、準備不足や知識不足から長続きしないのが実情です。この記事では、これから芸能マネージャーとして活躍したいと願う方に向け、芸能マネージャーの給料や芸能マネージャーのなり方などをご紹介します。

 

芸能事務所のマネージャー職の給料は?

よく有名芸能人の年収は数億円ということを耳にしますが、マネージャーもその恩恵を受けているはずと考えますよね。
しかしながら、担当する芸能人は有名芸能人とは限りません。むしろ、新人マネージャーは知名度の低い芸能人を担当する可能性があります。それを踏まえると、始めのうちは給料がいくらもらえるのか、増額する可能性はあるのか気になるはずです。そこで、ここでは、芸能事務所のマネージャー職の給料について、平均月収や平均年収、生涯賃金などを日本の平均と比較してご紹介します。

 

マネージャー職の給料形態は?

芸能事務所のマネージャーの給料は、固定給の場合もあれば歩合制を取り入れている場合もあり、大手プロダクションと中小規模の芸能事務所で異なります。

 

まず、大手プロダクションの場合、固定給が支払われるケースが多く、時間外手当は申請すれば支払われることが多いです。大手プロダクションでは年俸制が取り入れられ、定期的に査定が行われるため、少しずつですが給料は増えるでしょう。比較的安定しているといえますが、業績が悪いなどして査定をクリアできなければ昇給は期待できません。

 

次に、中小規模の芸能事務所では、固定給と歩合制を併用しているケースが多いです。中小規模の芸能事務所では、固定給とは別に担当芸能人の売上に比例した給料が支払われます。 
仕事の実績が給料に反映されるため、担当芸能人がブレイクした場合は、給料が大幅に増額する可能性があります。また、事業全体で大きな売上があれば、臨時ボーナスが支給されるケースも少なくありません。

 

大手プロダクションも中小規模の芸能事務所も、実績が評価されることで給料が上がるという点は同じですが、待遇は異なります。各種手当には、社会保険・残業代・有給制休暇度などがあり、大手プロダクションであれば高待遇が期待できるでしょう。

 

マネージャー職の平均的な給料は?

芸能マネージャーになるという夢があったとしても、平均的な給料を知るのはとても重要なことです。芸能マネージャーの平均月収や平均年収、年齢に応じた給料の変化を知ることで、理想と現実の差を埋めることができるでしょう。

まず、年代ごとの平均月収と平均年収を見ていきましょう。なお、年収にはボーナスも含まれています。

 

・20代 平均月収:14.5万円~18.9万円程度/平均年収:211.1万円~274.9万円程度

・30代 平均月収:21.7万円~23.8万円程度/平均年収:316.8万円~347.1万円程度

・40代 平均月収:25.7万円~27.1万円程度/平均年収:374.1万円~395.5万円程度

・50代 平均月収:28.3万円~27.9万円程度/平均年収:412.0万円~406.1万円程度

・60代 平均月収:20.9万円程度/平均年収:304.4万円程度

 

20代から30代にかけて月収及び年収の上昇率は高く、それ以降は徐々に伸びるようです。

 

芸能マネージャー全体の平均年収は320万円程度といわれています。日本の平均年収が422万円程度といわれているため、芸能マネージャー全体の平均年収は102万円低いことが分かります。
年代別に比較しても、芸能マネージャーの平均年収は、日本の平均年収よりも70万円~90万円程度低いです。

 

マネージャー職の給料は低い?

芸能マネージャーは、他職業よりも低い給料で働くことになります。また、少ない給料であるにも関わらず、それ以上の仕事量を求められるケースも少なくありません。
しかしながら、手取りが日本の平均に満たないにも関わらず、自分の仕事に誇りを持ちマネージャー職を続けているベテランがいるのは事実です。

 

「仕事をする上で給料は最重要課題」と考える人には、マネージャー職に向いていないかもしれません。一方、「仕事において最も重要なのは”やりがい”であり給料は後から付いてくるものだ」と考える人は、芸能マネージャーという仕事に向いています。

 

あなたは、どちらの考えを持っていますか?もし、やりがいこそ重要と考える方であれば、この先の芸能事務所のマネージャー職のやりがいについての記述を参考にしてみましょう。

 

芸能事務所のマネージャー職のやりがい

どんなに給料が高くても、やりがいのない仕事を続けるには、割り切らなければなりせん。
一方で、例え給料が低いとしてもやりがいのある仕事だと、誇りや情熱などを感じることができ、生き生きとした自分でいられるはずです。
芸能事務所のマネージャー職は、確かに過酷な仕事といわれています。しかし、何にも代えがたい感動があるからこそ、ベテランの中では「やめられない」と言われるような仕事です。ここからは、マネージャー職に就くことで得られるやりがいをご紹介します。

 

担当芸能人と一緒に成長を感じられる

芸能事務所のマネージャーは、売れている芸能人のマネージャーを担当するとは限りません。特に、新人マネージャーは、まだ売れていない芸能人を担当するケースが多いです。

 

名も無い芸能人のマネージャーが人芸能関係者に売り込みに行ったとしても、門前払いされたり売込みの資料を目の前で捨てられたりすることもあります。そんな中でも、担当する芸能人に寄り添い、悩みを聞き、アドバイスをしたり叱ったりしながらも、共に売れるための戦略を立てて実行と課題抽出を繰り返します。
失敗と成功を繰り返しながら、共に成長できる喜びは大きなやりがいといえます。努力が実れば、担当芸能人が世の中に認められるでしょう。担当芸能人の知名度が低い頃から支えてきた身として自分の仕事と担当芸能人を誇りに思えます。

華やかな世界で多くの人と関わることができる

担当芸能人の仕事の幅が広がれば、自分が思い描いている華やかな世界に足を踏み入れることができるでしょう。それまで、テレビ・CM・雑誌・映画などでしか見ることのできなかった芸能人や、ファッションモデルなどに会うことができます。芸能人だけでなく、有名なプロデューサーやヘアメイクと一緒に仕事ができる可能性もあります。
自分が憧れている芸能人に会えた時は、それまで苦労を重ねてマネージャー職を続けて良かったと思えるでしょう。

 

芸能人事務所でマネージャーとして働くには

芸能事務所のマネージャーとしての仕事は、大きな喜びや感動を味わえることが分かりました。自分もやりがいを実感したいという人もいれば、率直にエンターテイメントの世界に加わりたいと思う人もいるでしょう。そんな人に向けて、芸能マネージャーのなり方をご紹介します。

 

芸能人事務所でマネージャー職の採用試験を受ける

芸能マネージャーになるには、各芸能プロダクションで行っている採用試験を受ける必要があります。採用試験では書類選考と面接が行われ、「志望動機」「健康状態」「コミュニケーション能力」の3つの項目で評価されるケースが多いです。
大手プロダクションでは学歴を問われる場合もありますが、中小規模の芸能事務所では学歴不問の場合がほとんどです。「未経験者歓迎」との記載がある芸能プロダクションでは、職歴が合否に影響を与えることもありません。

 

多くのプロダクションが重視している点は、「人間性」と言えます。面接官は、コミュニケーション能力が高いか、気配りができるか、臨機応変な対応ができるかなどを見て、マネージャー職に適している人かを判断します。

 

最近は、PCを使用した事務作業やWebを使用したプロモーションなどが仕事内容に含まれているケースもあるため、PCスキルやWebスキルがあれば採用試験で有利になるでしょう。

 

マネージャー職に必要な資格・スキル

芸能事務所でマネージャーになるための採用試験については理解できましたが、芸能マネージャー特有の国家資格や民間資格の取得が必須となるのかなど不明な点も多いでしょう。また、芸能マネージャーに求められる能力を知ることで、自分が芸能マネージャーに向いているのかを見極めることができます。

 

資格

芸能マネージャーになるために必要な国家資格や民間資格はありません。ただし、自動車運転免許証(AT可)は必須です。
芸能マネージャーの仕事には、営業や芸能人のサポート以外にも送迎があります。運転免許を持っていなければ採用試験をパスできない可能性が高いため、求人に応募する前に取得しましょう。
また、ペーパードライバーの人は、公道を走れるように教習を受け直すことをおすすめします。

 

スキル

【コミュニケーション能力】

芸能マネージャーは、レコード会社などに担当芸能人を売り込むための営業をしなければなりません。
これは、担当芸能人の知名度が高くても低くても必要なことです。適切な対話ができなければ仕事につながらないためコミュニケーション能力が重要になるといえます。

 

【一般常識とビジネスマナー】

芸能マネージャーにはコミュニケーションスキルだけでなく、常識をわきまえることも求められます。
芸能関係の仕事は、マネージャーの実績だけでなく信頼関係から仕事をもらうこともしばしばあります。芸能界で重宝されるのは、正しい言葉遣いや挨拶ができるなどの常識的な人です。

 

【判断力と対応力】

芸能マネージャーは、仕事を受けるか断るかを自分で判断しなければならなりません。
また、マネージャーの仕事は、同時進行で進めたり状況に応じてスケジュールを変更したりしなければなりません。そのため、芸能マネージャーには判断力と対応力が問われます。

 

【体力】

芸能マネージャーとして働くと、不規則な生活を送ることになります。一般的に、会社通勤している人は、9時に出社して18時に退勤するといったような生活です。
一方、芸能マネージャーは、早朝に出勤したり夕方以降に出勤して深夜に仕事をしたり、海外の撮影で時差ボケの中仕事をしたりと、生活が不規則になりがちです。
基本的に週休2日制ですが、休みを取れるとは限りません。また、中には裁量労働制を採用しているプロダクションもあるため、労働時間の幅が広いと言えます。そのため、正に体力勝負の世界です。

 

芸能事務所のマネージャー職に興味があるが一歩踏み出せない…。

芸能界で働きたいという夢を持ち、芸能マネージャーになろうと考えるでしょう。しかし、初めての業界に足を踏み入れることには不安が残る、自分の能力で芸能マネージャーが務まるか不安だなどで、ハードルが高く感じて一歩を踏み出せない方もいるでしょう。そんな人におすすめのサービスがあります。

 

株式会社エイスリーが運営するヒーローキャスティングです。ヒーローキャスティングは、企業や個人のユーザーと芸能人・アーティスト・モデルなどをつなぐキャスティングサービスを行っており、これまでの実績は約7,000件です。

 

ヒーローキャスティングの事業は、キャスティングサービスだけではありません。人材不足に悩む芸能事務所と芸能マネージャーを目指す人をつなぐサービスも行っています。
ヒーローキャスティングは、業界事情や事務所の社風、実際の業務、タレントとのやり取りの裏側など、芸能界に携わる会社だからこそ得られる情報を、マネージャーを目指す人に提供できるため、安心して採用試験に望むことができます。また、芸能事務所の紹介からアフターフォローまで丁寧にサポートさせていただきます。

芸能界に興味がある方や芸能マネージャーを目指す方はぜひ、ヒーローキャスティングにご相談ください。詳しい話を知りたい方や疑問がある方も、どんな些細なことでもかまいませんので、一度、お問い合わせください。私たちが、あなたの挑戦をサポートします。

\\ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちら//

  • このエントリーをはてなブックマークに追加