キャスティングラボ詳細

有名人をキャスティングして商品の宣伝を行った事例!

有名人をキャスティングすることは商品の宣伝に効果的です。商品やブランドのイメージアップにもつながっていくでしょう。

本記事では、有名人をキャスティングして商品の宣伝を行った事例を取り上げています。また、有名人をキャスティングするメリットや流れ、様々な場面においてのキャスティング、代行サービスの利用なども解説しています。

有名人のキャスティングを考えている際の参考になりますので、ぜひ、一読してください。

 

有名人をキャスティング?

はじめに、有名人をキャスティングするメリットとキャスティングの流れを解説していきます。

 

有名人をキャスティングするメリット

有名人をキャスティングするメリットは以下の通りです。

  • ・商品認知度の向上
  • ・イメージアップ
  • ・売上げアップ

有名人をキャスティングして、商品やサービスのプロモーションを行うと認知度の向上に効果的です。

「女優AがPRしている商品」

と聞けば多くの人々が商品の認知をするでしょう。利用シーンも伝えればユーザーのイメージも湧きやすく、さらなる認知度の向上につながります。

また、好感度の高い人物を起用すると商品イメージも比例してイメージアップします。商品や企業のイメージにマッチする有名人の起用がポイントですが、成功すれば商品イメージや企業イメージが向上するでしょう。

イメージが向上していけば売上げにもいい影響が現れてきます。

「新商品だから販売開始から売上げを上げたい」

「売上げが伸び悩んできたから巻き返したい」

と考えたときに有名人をキャスティングすると、効果が見込めます。このように、有名人を起用して商品のPRを行えば様々なメリットが生まれます。

 

有名人をキャスティングする流れ

有名人をキャスティングする大まかな流れ以下を参考にしてください。

  1. 有名人をキャスティングする目的と予算を決める
  2. 有名人のリストアップ
  3. 所属事務所との交渉
  4. 契約
  5. 稼働

基本的な流れは上記の5段階になります。

まずは、有名人の起用目的と予算を決めることが大事です。認知度の向上、売上げ向上、ブランディング、話題性づくり、印象付けなど有名人起用の目的は様々です。

さらに、自社が有名人のキャスティングにどれだけの予算を確保できるかもポイントです。例えば、長期的なCM起用となれば費用もそれなりにかかります。

目的を達成できる予算なのかどうかもしっかりと判断していく必要があります。

キャスティング目的と予算が決まったら、有名人のリストアップです。自社商品のイメージにマッチする人物の起用がポイントとなります。

SNSのフォロワー属性をリサーチしたり、過去の起用実績を調べたり細かなところまでリサーチした上でリストアップしていきます。

その後、有名人が所属する事務所と交渉して、金額などを含めた一連の内容について契約を結びます。

全てが決まったら稼働となり、有名人を起用したプロモーションなどを行う流れです。一連の流れでは、どの工程も重要なものになります。

 

有名人をキャスティングする場面

有名人をキャスティングする場面(目的)は様々です。ここでは、有名人をキャスティングする場面を5つ取り上げます。

それぞれの特徴やメリットを把握して、キャスティングに活かしていきましょう。

 

広告にキャスティング

広告に有名人をキャスティングするのは、おそらく一番イメージしやすいものでしょう。例えば、テレビCMなら基本的に3ヶ月(1クール)からの契約が基本です(契約内容によっては1ヶ月などの短期契約も可能)。

契約期間やその他の契約内容によって金額は大きくことなります。

テレビCMやイベント出演などで有名人をキャスティングすることで、広く告知できて集客やコンバージョンにつながることが特徴です。

 

宣伝動画・映像にキャスティング

宣伝動画や映像にも有名人をキャスティングできます。制作した動画や映像はWEBで流したり、店頭などで流したりすることが多いです。

YouTubeなどに企業やブランドのチャンネルを用意して動画を流す手法も有効でしょう。広告のキャスティングと同様で映像の使用期間を定めた契約することが多くなります。

期限が近づいたら、再契約依頼も可能です。動画や映像でのプロモーションは視覚的にユーザーへ訴えやすい特徴があります。

商品イメージが湧きやすいことからコンバージョンなどの効果が期待できるでしょう。

 

イベントにキャスティング

イベントにキャスティングする具体例は、新商品の発表会などです。新商品の発表会などに有名人を起用すれば、販売スタートからの販促につながるでしょう。

ほとんどの場合で、その日のみの単発イベントが多くなります。広告契約のように中長期的な契約は必要ありませんので、ピンポイントで話題性を狙えます。

商品PR以外にも、学園祭や地域のイベントにキャスティングするなど、広くキャスティングがなされています。

 

SNSでの宣伝にキャスティング

昨今、SNSを活用したマーケティングは注目されています。そのSNSを活用した宣伝にも有名人を活用すると有効です。

SNSといってもInstagramやTwitter、エイスブックなどがあります。それらの媒体を使って有名人が商品のPRや口コミを発信します。

リーチしたい層の絞り込みができて、効率よく宣伝できるのが魅力です。また、Twitterのリツイートのように二次拡散からの集客やコンバージョンも期待できます。

リスティング広告といった従来のWEB広告よりも、安く活用できるのも注目したいところです。今後も需要が高まっていくであろうプロモーション手法です。

 

講習会にキャスティング

イベントと同様で講習会にも有名人をキャスティングできます。スポーツ関連の講習会であればアスリート、音楽系の講習会であればアーティストなどを起用して講習会を盛り上げていきます。

その道のプロをキャスティングして登壇や講話の機会を設ければ、参加者にとっては貴重なものになるでしょう。

単なる講習会ではなく、実りのある講習会を目指す際は有名人を起用してみてください。

 

社内イベントにキャスティング

社内イベントに有名人をキャスティングすることで、イベントのマンネリ化を防ぎ、盛り上がりをみせるようになるでしょう。また、社員は自分が所属している会社はこれだけの著名人を呼べるパワーを持っている、とモチベーションの向上にもつながります。さらに、有名人が見られるという点は、通常は社内イベントに参加しない社員の参加のきっかけにもなるでしょう。

一般的には、お笑い芸人を呼んで余興を盛り上げてもらうケースが多いです。その他にも文化人やスポーツ選手にトークショーを頼むことで社員への啓発になったり、表彰式に俳優やモデルを呼ぶことでモチベーションアップにつながります。

 

誌面インタビューにキャスティング

雑誌のインタビューなどに有名人をキャスティングし、商品やサービスに対するインタビューを受けていただくことによって宣伝してもらうことも有効な方法です。

雑誌はファッションや趣味といった特定の分野に特化した紙媒体であり、購読者層に合わせてターゲットを絞りやすいことや、購読者層に対する信頼性が高いというメリットがあります。このメリットをうまく活用して、有名人をキャスティングしてインタビューを受けてもらうことで、商品・サービスのアピールポイントを読者に分かりやすく訴求することができます。また、インタビューを受けた有名人に、SNSなどさらに発信力のあるメディアで商品やサービスの発信を行ってもらえれば、さらなる宣伝効果が見込めます。

 

 

有名人のキャスティング事例

有名人のキャスティングは数多くの場面で有効です。実際に有名人をキャスティングして成功した事例は多くあります。その中で3つの事例を取り上げます。

 

お菓子の宣伝Twitter番組に有名人をキャスティングした事例

某大手お菓子メーカーの定番商品を夏に訴求しようと、芸能人や怪談師の5人をキャスティングした事例があります。

内容は、商品の公式Twitterアカウントで事前に怪談動画を配信して、ユーザーに投票してもらうところからスタートしました。その後の生配信番組でも1本を披露して、盛り上がりのあった動画No.1を決めています。

告知は出演者のSNSと商品の公式Twitterアカウントのみでしたが、16万回再生を達成する反響がありました。

 

制汗剤の宣伝に人気YouTuberをキャスティングした事例

動画や映像を使ったキャスティングでは、制汗剤の宣伝に人気YouTuberをキャスティングした事例があります。

男女4人の人気YouTuberがボディーソープやシャンプーなどの商品を紹介し、シリーズ商品の爽快さをPRしています。

制汗剤が必要となる夏場に備えた5月からPRを始めて、笑いネタも盛り込んだ映像でユーザーに訴えかけました。

2ヶ月ほどのプロモーション期間で、340万回以上の再生回数や約2万4000件もの「いいね」がつきました。十分な宣伝効果が伺えます。

 

起業家向け講習会に有名棋士をキャスティングした事例

講習会のキャスティングでは有名棋士を起用した事例を紹介します。起業家向けの講習会にて講演を行った有名棋士のAさんは、対局中の思考などを参加者にわかりやすく話しました。

参加者は有名棋士の話が聞けるとあって、メモを取りながら聴き込む人もいました。参加者にとって有益な講習会になっています。

 

デジタルカードゲームの声優に人気芸人をキャスティングした事例

某デジタルカードゲームでは、声優として人気沸騰中の安田大サーカスのクロちゃんをキャスティングした事例があります。コミカルで特徴のある声は、他の声優が演じるキャラクターの中に埋もれることはなく、クライアントも満足の仕上がりになったようです。撮影現場でも持ち前のキャラクターを発揮して、終始和やかに収録が進みました。

現在では有名人にナレーションやキャラクターのボイスをお願いするといった案件も増えており、キャスティング需要がますます高まっています。

 

インスタライブに人気モデルをキャスティングした事例

フォロワーを増やす目的として、クライアントの公式インスタグラムで人気モデルを起用したインスタライブを行いました。モデルとしてキャスティングされたのは、プライベートでも仲がよく、フォロワー数も多いりゅうちぇるさんとぺえさんです。

ウェブ媒体記事とSNSに加え、タレントのSNSでも告知を行い、ライブ配信後はインタビューを交えたレポート記事を掲載しています。キャスティングされた2人の積極的な事前告知もあり、ファンからは好意的なコメントが寄せられています。

人気モデルを起用したライブ配信により認知度が高まり、目的であったフォロワーの獲得もできたとクライアントの満足度は高いです媒体のタイアップにすることで、通常の広告契約よりも安価で有名人を起用できる点も魅力です。

 

有名人をキャスティングするときの注意点

有名人をキャスティングするにあたって、注意しなくてはならない点もあります。ここでは、考えられる注意点を3つ紹介していきます。

 

有名人をキャスティングする目的を明確にする

キャスティングをするにも多様な種類があり、どのような商品・サービスに対しても、なぜ有名人をキャスティングするかの目的を明確にしておく必要があります。目的が明確になっていない状態では、キャスティングする有名人に一貫性がなくなってしまったり、メディア展開が想定どおりに進まなかったりとさまざまな支障が出てきてしまいます。

人を選ぶ前に目的を明確化することが、キャスティングを成功させるために必要なことです。先ほど、フォロワーを増やす目的として、クライアントの公式インスタグラムで人気モデルのりゅうちぇるさんとぺえさんを起用した事例を紹介しましたが、この事例は「フォロワーを増やす」という明確化された目的が前提にありました。実際にインスタグラムの利用者に多い若年層に人気のある有名人をキャスティングしたことで、「フォロワーを増やす」というクライアントの目的が効果的に達成できていることが分かります。

 

ターゲットを明確にする

キャスティングする有名人を支持する層と、商品やサービスのターゲット層を合わせることは、キャスティングにおいて最も重要な点です。

女子中高生をターゲットとした商品であるにも関わらず、30代の女性から支持されている有名人を選ぶことは、いくら注目度の高い人物であったとしてもミスマッチになってしまいます。したがって、女子中高生に商品の魅力をアピールしたい場合は、女子中高生から支持を集めるファッションモデルなどの有名人をキャスティングすることが効果的です。

また、ターゲットによっては展開する媒体が変わってきます。例えば、若年層はテレビのCMではなく、YouTubeやInstagramでアプローチした方が効果的な場合があります。媒体によってYouTubeであればYouTuber、Instagramであればインスタグラマーと、媒体に合った有名人をキャスティングする必要も出てきます。そのため、キャスティングする際はターゲットとターゲットを支持する層をリサーチしたうえでキャスティング候補を選出しましょう。

さらに、ターゲットの分析が完了し、実際にキャスティングして商品の宣伝を行った後も効果測定を必ず行いましょう。商品の宣伝は、有名人を起用したら必ず成功するわけではありません。宣伝を行って売上が何%アップしたか、認知度がどれだけ広がったかなどの効果を測定する必要があります。認知度については、SNSであれば「いいね」や「リツイート」の件数で客観的に測定することができます。分析によって成功した点や改善の余地がある点を明確にし、次の宣伝をより良いものに改善していきましょう。

 

有名人のキャスティングにはリスクがあることを理解する

有名人をキャスティングする際には、メリットだけでなく、リスクもあるということを理解しておきましょう。

自社の商品やサービスの宣伝に起用した有名人が不祥事を起こした場合は、商品やサービスのイメージダウンを招くだけでなく、企業のイメージも低下させてしまいかねません。

キャスティングした有名人のイメージは、商品や企業のイメージとイコールになることを念頭に置いた上で、不祥事や契約違反などの揉めごとが起こった場合の対応を、契約内容にあらかじめ盛り込んでおきましょう。

 

有名人のキャスティング方法

有名人のキャスティング事例は先に取り上げた以外にも多数あります。導入している多くの企業はその効果を感じているケースがほとんどです。

事例などを参考にして有名人のキャスティングを検討する場合は、大きくわけて2つの方法があります。

 

自ら事務所と交渉する

有名人のキャスティングを自社で行うことも可能です。キャスティングの流れを先に紹介していますが、それに従ってキャスティングしていきます。

ただし、自らキャスティングする際はノウハウがないと円滑に進まないことがあります。有名人の所属事務所との交渉や契約にも知識が必要です。

また、一からキャスティングについて取り組もうとすれば大変な労力になります。マーケティング部門など専門部署を設けている企業であれば、ある程度スムーズにこなせるでしょう。

しかし、プロジェクトを立ち上げて人員を配置するところからスタートするとコストパフォーマンスも悪くなりがちです。

キャスティングにはそれだけの知識や経験、所属事務所とのつながりなどが必要になります。

 

キャスティング代行サービスを利用する

自社でキャスティングができないときはキャスティング代行サービスを利用しましょう自社がキャスティングについて知識がなくても、代行サービスを活用すれば全般的にサポートしてくれます。

自社の人員を配置する必要もなく、高い完成度のキャスティングが実現できます。「この商品をPRしたいけれど、そのほかは何も決まっていない…」といった紙状態でも相談可能です。

しっかりとしたヒアリングをもとに、希望に合ったキャスティングをしていきます。不安なことやわからないことが多いときは、キャスティング代行サービスに依頼しましょう。

代行サービスを利用していくうちに、キャスティングの知識やノウハウも身についていきます。その際はプラットフォーム型と呼ばれる代行サービスを活用してもいいでしょう。

プラットフォームの利用だけで全般的な業務を自社でカバーすることになりますが、コストの削減につながります。ただし、自社で人員が確保できないならばトータル的にサポートする総合ディレクション型の代行サービスがおすすめです。

 

キャスティング代行サービスなら『ヒーローキャスティング』

キャスティング代行サービスを運営する会社は非常に多いです。その中で自信を持っておすすめするのが、ヒーローキャスティングです。

ヒーローキャスティングは、弊社が運営するキャスティング代行サービスになります。独自の強みを持った代行サービスですので、ぜひ、利用してほしいです。

ヒーローキャスティングの大きな強みは以下の3つです。

  • ・圧倒的なキャスティング実績
  • ・社員の行動ルールにまで落とし込んだ対応力
  • ・独自のデータベースで効果シミュレーションを提供

ヒーローキャスティングがこれまで手がけたキャスティング実績は7000件です。多くの事例をもとに「対応できない分野はない」と自信があり、様々なジャンルの有名人を多方面にキャスティングできます。

全国各地から案件を引き受けて各事務所に投げていますので、費用を抑えることも可能です。

そして、実績をもとに専門ユニットを12個設置しています。インフルエンサー、広告、YouTuberなどそれぞれに特化したユニットには、深い知識を持った専門スタッフがいます。

どの社員も迅速な対応や適正価格での提案などを行動レベルにしていますので、高い対応力も備えています。

ヒーローキャスティングでは独自のデータベースから、効果シミュレーションを行います一般的な代行サービスが保有するプロフィールや契約金額、過去の実績などの基本情報以外にも情報収集を行い、加工しています。

そこから独自のデータベースを構築してお客様に提案しています。ぜひ、有名人のキャスティングにご利用ください。

ヒーローキャスティングが実際にキャスティングを行った事例をいくつかご紹介します。

【ビールのPRに人気アーティストをキャスティング】
ヒーローキャスティングでは、大手ビールメーカーのPRに話題性のある人気アーティストをキャスティングした実績があります。

はじめは人気アーティストに出演を断られましたが、粘り強く交渉を続けることでキャスティングが実現しました。人気アーティストのキャスティングはメディアも盛り上がり、商品サイトへのアクセス数が20倍まで伸びました。

【スキンケア商品のPRに人気芸人をキャスティング】
女性に人気のスキンケア商品のPRに人気芸人をキャスティングした事例をご紹介します。

人気芸人が軽快なテンポで盛り上げるweb CMを公開し、商品の魅力を押し付けがましくなく訴求できました。

また、こちらの事例では動画制作の企画から当日の撮影・編集、動画拡散施策の部分までヒーローキャスティングが手厚くサポートを行いました。

【音楽動画アプリのPRに人気YouTuberをキャスティング】
音楽動画アプリのPRに人気のYouTuberをキャスティングしました。

YouTuberが音楽アプリを楽しんでいる様子を動画にアップすることで、反響を呼びました。動画は200万回再生を超えるコンテンツとなり、大きなプロモーション効果を生みました。

 

有名人のキャスティングで認知拡大を狙いましょう

有名人のキャスティングは多くの場面で有効です。企業の認知度向上、新商品のPR、イベントを盛り上げるための起用、講習会での登壇など多岐にわたり効果的です。

有名人をキャスティングした事例は過去にもあり、それぞれで効果を得ています。有名人のキャスティングは代行サービスの利用がおすすめです。

弊社が運営するヒーローキャスティング過去の実績や対応力、独自のデータベースに強みを持っています。

キャスティングについての相談だけでも可能ですので、気軽にお尋ねください。有名人のキャスティングで認知拡大を図っていきましょう。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加