キャスティングラボ詳細

年末年始、キャリアを考える上で参考にしてほしい仕事【マーケティング室編】

毎年大晦日はガキ使より紅白派、広報担当の福田です。
年末、いかがお過ごしでしょうか。

今年はガキ使の“笑ってはいけない”シリーズが終わり、“笑ってもイイ”番組が始まるようですね。
両方観て、笑って、感動しての大晦日を過ごしたいと思います!

ということで、本日は弊社エイスリーの仕事紹介の最終回、“マーケティング室編”をお届けします!

 

 

職種

マーケティング室 マーケティング担当

総合キャスティング事業、エンタメ専門総合人材事業、エンタメ専門M&A仲介事業など事業を横断したマーケティング戦略、実施を行っています。

営業を行わずともサービスの問い合わせがくるように、エイスリーの企業やサービスの知名度をあげること、さらに上場に向けて株主から価値ある会社と思っていただける素材を揃えることをミッションとしています。最終的なゴールとして、エイスリー全体の売上規模と顧客に対する価値の最大化を目指しています。

具体的な業務としては、WEBマーケティング、データ活用を行うこともあれば、営業や業務改善を行うこともあり、多岐に渡ります。

 

 

社員紹介

菱沼 匡
大手カタログ通販会社にて、医療機関向けの経営支援会社でのマーケティング業務に従事。さらにベンチャー企業にて、上場に向けた社内ガバナンス整備、データドリブンなマーケティング施策の浸透などを行い上場に貢献し、上場後は新規事業の責任者を務める。
その後エイスリーへ入社し、マーケティング室長を担当。上場準備やマーケティング戦略の立案から実行までを推進。

 

ーエイスリーに入社した経緯を教えてください

ビジネスマッチングアプリで、代表の山本とマッチしたことがきっかけです。面接でオフィスへ訪問した際に、社員全員が挨拶をしてくれるようなポジティブな社風と、未経験の業界に惹かれて、入社を決めました。以前から未経験の業界で、自分のマーケティング力を試したいと思っていましたね。

 

ーエイスリーに入ってよかったことはなんですか?

役割が細かく明確化されているわけではないので、自分の守備範囲を決められるところでしょうか。これまで挑戦できなかった一段階上の業務が行え、さらにチャレンジしようと思えばいくらでも取り組めるところがいいですね。

以前は大手企業にいたので、しっかり階層化されており、役割が明確化されていました。自分のスキルの幅を広げたい、大きな仕事を行っていきたいとなると裁量が大きい環境に身をおいた方がいいと思い、エイスリーに転職しました。裁量が大きいことはプレッシャーでもありつつ、やり切れば自分の市場価値が上がることを実感できるので、入ってよかったなと思います。

 

ー仕事を通じて、実現したいことはなんですか?

社内、社外ともにポジティブな世界観をつくることです。
対社内でいうと、売上を上げることで社員の給料が上がったり、ネームバリューを上げることでエイスリーで働くプライドを持てたりすることでしょうか。エイスリーがポジティブな人生を経験できる場になるようにしていきたいです。
対社外に関しては、顧客にいいサービスだと認めていただき、認めていただいた結果として次の案件をご紹介いただき、事業が拡大するといった、良い連鎖を生み出すことです。

それらを実現していくために、組織に入って資産を活用して挑戦したほうが自分一人で行うよりも、世の中に与えるインパクトは大きいと思うので、エイスリーで引き続き励んでいきたいですね。

 

 

 

参考になりましたでしょうか!
エイスリーの新卒/中途採用へのご応募は、こちらよりお待ちしています!

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加