キャスティングラボ詳細

タレントをキャスティングするメリットとは?キャスティング方法も詳しく解説

自社商品のマーケティングの一環で、タレントをキャスティングすることは様々なメリットがあります。そこで、本記事ではタレントをキャスティングするメリットやその方法を詳しく解説します。

これからタレントのキャスティングを考えている場合は、本記事を参考にしてみましょう。

 

タレントをキャスティングするケース

キャスティングとは、「演劇、映画などで役を振り当てること」を意味します。演出の成功・失敗は、キャスティングで決まるとも言われるほど重要な要素です。配役の重要性は企業のキャンペーンやイベント、CMにおいても同様です。タレントをキャスティングすることは、自社のイメージキャラクターや商品イメージとして消費者に大きな影響を与えます。したがって、人選にはさまざまな要素を加味して慎重に決めましょう。ここでは、タレントをキャスティングするケースをご紹介します。

 

広告塔としてキャスティング

企業のプロモーションの一環として特定のタレントをキャスティングすることにより、タレントは企業の広告塔となります。起用した人物のイメージが商品やサービスのイメージに影響するため、消費者に多大な印象付けができます。たとえば、消費者に対して「好きな女優さんが愛用している商品を自分も使ってみたい」、「憧れのモデルが利用しているお店に行ってみたい」、などというポジティブな影響を与えることができます。

有名人であれば誰でも良いというわけではなく、宣伝した商品にマッチしたタレントをキャスティングすることで、より高い結果を求めることができます。高感度の高いタレントを起用することで、企業全体の高感度アップにもつながります。しかし、タレントに不祥事があった場合は、企業のイメージも損ねてしまうことが懸念材料として挙げられます。

 

PRイベントにキャスティング

タレントをPRイベントにキャスティングする方法は、企業や商品の認知度を一気に高めることができる方法です。知名度抜群のタレントや有名人の起用は、インパクトがあります。認知度の高いタレントが企業や商品をPRすることで注目され、集客することが容易になるでしょう。

また、PRイベントにタレントを起用するのは、多くのメディアに来場してもらうことも目的の1つです。ただタレントを起用すればいいというわけではなく、その時メディアが注目しているタレントを起用しなければ効果が薄くなります。

企業側は、誰を起用すればどの程度メディアを集客できるかを検討した上で、キャスティングを考える必要があります。

 

インフルエンサーとしてキャスティング

タレントをインフルエンサーとしてキャスティングすることで、多くの人々に対して大きな影響を与えることが可能です。インフルエンサーとは、世間に与える影響力が大きい人物や、購買中心点にあり組織の購買決定に影響を与える人のこと、と定義されています。

一括りにインフルエンサーと言っても、芸能人やモデルだけでなく、さまざまなジャンルが存在するようになりました。タレントがインフルエンサーになるのも勿論、昨今ではSNSの普及によって、誰でもインターネットで情報発信が行えるため、一般人でも影響力の高い人をインフルエンサーと呼びます。

インフルエンサーを用いたマーケティングを「インフルエンサーマーケティング」と呼びます。たとえば、PPAPで大ブームになったピコ太郎さんも、世界的に有名なジャスティンビーバーさんがTwitter上で紹介したことで大きく広がりました。インフルエンサーマーケティングはさまざまな企業が注目しており、今最も多く立案されるマーケティング手法の1つです。

 

広告等にタレントをキャスティングするメリット

タレントをキャスティングするというのは、広告などに有名人や芸能人を起用することです。具体的には、所属事務所との交渉や契約、撮影などの稼働を調節する一連の流れをキャスティングといいます。

キャスティングと聞けば、映画やドラマの出演者のことをイメージするでしょう。そのままの意味で、広告などにタレントを起用することもキャスティングと呼びます。

映画やドラマの世界でよくいわれるのが「演出の9割はキャスティングで決まる」ということです。

広告やCMなどのプロモーションでも同様で、キャスティングはマーケティングの重要な要素になります。そのメリットは次の通りです。

 

企業のイメージ作りになる

広告塔としてタレントをキャスティングすることで、起用したタレントが企業の「イメージ」を形成します。起用した人物のイメージが宣伝する商品やサービスに直結するイメージとなり、ひいては消費者に企業の印象を与えることができるのです。

たとえば、化粧品のコマーシャルで清潔感のあるタレントをキャスティングすればより効果が出て、企業のイメージも清潔なものとして認識されるでしょう。

 

話題性を高めて宣伝効果を高める

タレントを起用すると、自社商品やサービスの宣伝効果が高まります。有名なタレントになればなるほど、話題性が高くなりますので効果的な宣伝になるでしょう。

商品に自信があっても、商品力だけでターゲットに認知するのは難しいことがあります。そこで、タレントをキャスティングすれば効率よく商品の告知ができるわけです。

 

タレントのイメージがついて印象に残りやすい


タレントをキャスティングすると、商品が消費者の印象に残りやすくなります。誰もが「〇〇さんが出演していたCMの商品だ」と印象に残ったCMはあるでしょう。そのタレントが商品やサービスを利用している場面を宣伝できれば、印象に残りやすいです。

「タレント=商品」という印象になり、消費者が商品のファンや愛用者になることも考えられます。

タレントのキャスティングは購買行動にも大きな影響を与えるでしょう。

 

好感度が高まる

タレントをプロモーションに起用すると、消費者は商品や企業に対して好意的な印象を持ちやすいです。好感度があるタレントを起用すれば、商品にも好意的なイメージがついていくでしょう。

商品やサービスについて好感度が上がれば、利益にもつながっていきます。気をつけたいのは、どんなタレントであっても、一度、イメージが崩れると信用回復が難しいことです。

起用したタレントがトラブルや不祥事を起こすと、商品や企業イメージを崩す可能性もあります。そのリスクを考えてタレントをピックアップしたり、契約内容を考えたりしましょう。

ほとんどのタレントはトラブルのリスクは少ないわけですが、タレントの起用にはリスクがあることにも理解が必要です。

 

様々なメディアで取り上げられる可能性が高まる


タレントを起用すれば、情報番組の芸能コーナーやWEBメディア、各種SNS、動画配信サイトなどで取り上げやすくなります。

商品力だけでは足りない宣伝力をタレントの起用により、向上することが可能です。特に昨今、SNSや動画配信サイトで情報が拡散されることが多いです。

例えば、テレビCMにタレントを起用しただけでも、視聴者がTwitterでつぶやくことがあります。そこからリツイートによって拡散されていき、何倍にも認知度が広がる可能性があります。

このように、タレントをキャスティングすることは様々なメリットをもたらします。

 

 

タレントのキャスティングにおけるポイントとは?

タレントをキャスティングすることは多くのメリットがありました。そこで重要なのはキャスティングのポイントを押さえることです。

ここから解説する、キャスティングのポイントを理解しておきましょう。

 

タレントをキャスティングする目的を明確にする

企業がタレントをキャスティングする際は、どういう目的で何を得たいのかを明確にすることが求められます。代表的な目標としては、自社の商品・サービスを効果的にPRするため、ブランドイメージを強化するため、プロモーションによって流れてきたユーザーを多く定着させるため、ファンを獲得し集客するため、などが挙げられます。

目的が曖昧なままタレントをキャスティングしてPRなどを行ってしまうと、効果が出なかったり、思うようなPRが行えなかったりといったネガティブな結果につながります。タレントをキャスティングする際は、必ず何を達成したいのかという目的を明確にして、PRなどを行ったら目標を達成したかどうか、達成していない場合は何が原因なのかきちんと分析しましょう。

最大限の効果を得られるように、キャスティングの段階で慎重に検討することをおすすめします。

 

タレントの支持層とターゲット層を合わせる

キャスティングで最も重要といえるのが、タレントの支持層とターゲット層を合わせることです。

商品のターゲットが女子中高生にも関わらず、注目の人物だからといって30代女性から支持されているタレントを選んでしまうと、ミスマッチが起きます。

40代以降の男性をターゲットにした商品を、その年代から人気があるだろうと考えて30代女性のタレントを起用するのも効果が薄いでしょう。なぜなら、男性商品を女性が使うことはほとんどありません。使用感を伝えることが難しいため、うまく訴求できない可能性があります。

タレントの支持層と商品のターゲット層をマッチさせ、さらに、使用しているシーンを制作物に盛り込めば宣伝効果が望めます。

例えば、女子中高生に訴求したい場合なら、女子中高生から人気のファッションモデルやインスタグラマーなどを、キャスティングすると効果が出るでしょう。

タレントの支持層と商品のターゲット層には注意してキャスティングする必要がります。

 

好感度・知名度などをもとに戦略的にキャスティング

タレントの支持層と商品のターゲット層をマッチさせるうえで、気をつけたいのは好感度や知名度などです。

起用を考えるタレントはどの程度の好感度があって、知名度はどれくらいかをリサーチすることもポイントになります。

メディアへの露出が少ないタレントを起用すれば、SNSやWEBサイトなどで取り上げられる可能性も低いでしょう。

一方で、人気絶頂のタレントをキャスティングするのは費用面で折り合いがつかない可能性もあります。仕事で多忙なことから、日程調整ができない場合もあるでしょう。

キャスティングのポイントは、どの商品やサービスに対して、どのような目的を持ってタレントを起用するかです。もちろん、予算や期間など細かな部分も検討して戦略的に進める必要があります。

 

タレントをキャスティングする方法とは?

タレントのキャスティングを考えたときに、その方法は3つあります。それぞれに特徴がありますので、違いを把握しながら理解していきましょう。

 

広告代理店にプロモーション全体を依頼

はじめに紹介するのは、広告代理店にプロモーション全体を依頼する方法です。広告代理店とは、広告を出したい企業と掲載するメディアの間に入る役割があります。

大手の総合広告代理店はプロモーションに特化した広告代理店を傘下に入れている場合があります。

特定の分野に特化した専門広告代理店も存在していますが、その多くはIT系に特化しています。様々な分野に特化した広告代理店も数多くあり、ニーズに合わせて選べるでしょう。

昨今、広告からマーケティングに変化してきていることから、総合マーケティングエージェンシーに移行してきています。

広告代理店にはマーケティング担当、プロデュース担当、クリエイティブ担当、ディレクター担当などタレントの起用から制作物の完成まで担当を分けることがあります。

ただし、企画を考えたら制作会社やキャスティング会社に依頼するケースが多いです。例えば、広告代理店にCM制作の依頼をかけると、その後キャスティング会社にタレントの人選を依頼することがあります。

広告代理店からキャスティング会社に人選を依頼すれば、原価に対する費用は増えることになります。制作会社に依頼をかければ、制作費の原価にも上乗せが出てきます。

 

キャスティング会社に依頼

キャスティング会社は、タレントの起用から広告などの制作までをサポートします。一見すると、広告代理店と働きが似ています。ところが、キャスティング会社は、タレントの所属事務所とのつながりがあるため、人選や交渉がしやすいです。過去のキャスティング実績が豊富な業者であれば、蓄積したデータや独自のデータベースを保有しています。

また、タレントをピックアップするだけではなく、所属事務所との交渉や契約、撮影までの日程調整、稼働当日のサポートやその後の効果検証など全般的なサポートが受けられます。広告や動画などを外注する場合の手配も、キャスティング会社が担当します。

キャスティング会社に依頼するときは、タレントの条件や予算などを絞り込むとスムーズです。しかし、キャスティングに関して白紙状態であっても、ノウハウに自信がなくても相談ができます。

中には、撮影日まで数日に迫った状態で、タレントの起用を実現させたキャスティング会社もあります。

キャスティング会社は数多く存在しますが、それぞれに強みを持っています。幅広いジャンルに精通していることもあれば、タレントの起用に強みを持つこともあります。

ただし、どのキャスティング会社も相談、企画、交渉、契約、当日運営までワンストップで手配できます。

 

自社で芸能事務所へオファー

広告代理店やキャスティング会社を利用すると、原価に対して費用が上乗せされます。そう考えると、自社で芸能事務所にオファーするのもキャスティングの方法です。

キャスティングの一般的な流れは、自社商品(サービス)のイメージに合うタレントをリサーチしていくことからはじます。

先にも解説したように、タレントの支持層と自社商品のターゲット層がマッチしていることがポイントです。

タレントのプロフィールや過去の実績、費用感、SNSフォロワーなど様々な角度からの調査が必要になります。その後、広告など宣伝方法を含めて企画をしていきます。企画をもとに芸能事務所との交渉に入り、契約へと進みます。

自ら一連の流れを滞りなくこなすには、キャスティングにノウハウがないと非常に難しいと考えられます。

また、自社の人員をキャスティング担当に割り当てて、人件費や時間的なコストをかることになります。規模の小さな企業であれば、キャスティング業務と他の業務を兼務する人員も出てくるでしょう。

そうなると、負担が大きくなり通常業務にも影響が出る可能性があります。総合的に判断すると、自社でキャスティングを行うのは様々な負担が大きく、ハードルが高いです。

 

 

キャスティングのご相談は『ヒーローキャスティング』へ

タレントのキャスティングを考えた場合、ワンストップで対応できるキャスティング会社への依頼がおすすめです。

数あるキャスティング会社でも、弊社が運営するヒーローキャスティングに是非ご相談ください。ヒーローキャスティングの大きな強みは次の3点です。

・独自のデータベースを保有し、幅広いジャンルに対応
・より安く、適正価格で提供
・白紙状態からの相談も可能

ヒーローキャスティングでは、他社が抱えるタレントの基本情報に加え、さらにデータを収集しています。それらのデータを加工して独自のデータベースを構築しました。タレントを起用したときの効果シミュレーションの提案もできますので、より具体性をもった企画が可能です。

また、ヒーローキャスティングはこれまで累計7,000件以上のキャスティング実績があります。過去の実績から、幅広い分野に対応可能です。広告、インフルエンサー、YouTuberなど12の専門ユニットを設置し、各ユニットには専門知識をもったスタッフがいます。提案力にも自信があります。

過去の実績は全国各地の企業から認められ、全国に案件を多く抱えています。そのため、より多くの案件を各芸能事務所に投げかけることで安く仕入れることも可能です。他社よりも安く、さらに適正価格での提供ができることも強みになります。

キャスティングに関して経験が浅い場合やノウハウがない場合は、不安が大きくなるものです。しかし、ヒーローキャスティングならば、検討段階や白紙状態でも相談可能です。

「どんなタレントを起用したいかわからない」「自社商品にマッチするタレントを知りたい」「どんなプロモーションが効果的かわからない」など、キャスティングや企画が決まっていなくても専門スタッフがヒアリングしていきます。

過去に、他社でうまく交渉が進まなかった案件でも、弊社で年度も交渉を行って実現させたキャスティングもありました。

また、タレントとVtuberや2.5次元俳優のコラボ企画など、新たなジャンルでのキャスティング実績もあります。

「キャスティングを検討している」「色々聞いてみたい」「キャスティングの流れを知りたい」といった、ささいなことでもお電話やメールでご相談ください。

 

タレントをキャスティングした事例

以下では、ヒーローキャスティングでタレントをキャスティングした事例を紹介します。

 

<橋本マナミさんを広告塔としてキャスティング>

アルコール飲料メーカーの商品を認知してもらうための広告塔として、橋本マナミさんをキャスティングし、「橋本マナミと飲める」というイベントを実施しました。イベントへの参加条件として、クライアントの公式Twitterアカウントのフォローとリツイートを条件に立ち上げたところ、1万人ほどのフォロワーとリツイートがあり、Web上でも拡散されて多くの反響がありました。

<寺田心くんをポスターキャラクターとしてキャスティング>

天才子役と名高い寺田心くんを防災協会のポスターへキャスティングしました。毎年著名人が選ばれてポスターになりますが、今回は寺田心くんに白羽の矢が立ちました。キャッチコピーも名前にかけて、「心から守りたい、防災品で」と言う分かりやすく覚えやすいものとなっています。近年はスポーツ選手が多かったのですが、タレントの寺田心くんを起用することで、防災品の認知度向上を試みました。

<バイきんぐさんをイメージキャラクターとしてキャスティング>

芸人のバイきんぐさんを製薬会社の商品のイメージキャラクターにキャスティングしました。コンセプトは「セキが辛い人へ」というもので、さまざまなシチュエーションでセキが辛い人向けの歌の歌詞を作ってコンテンツ化しています。

思わず見るとクスッとしてしまうような内容になっており、繰り返し見たくなるようなものになっています。

<京本政樹さんをキャンペーンキャラクターとしてキャスティング>

京本正樹さんを宝仙堂の滋養強壮ドリンクのワンクールキャンペーンキャラクターとしてキャスティングしました。宝仙堂は毎年タレントを起用したキャンペーンを行っていますが、今回は京本政樹さんを起用し、大々的に展開しました。電車や新聞などの広告に載り、多く人の目に触れたことで、プロモーションは成功しました。また、キャンペーンオリジナルのクオカードプレゼント企画も行い、お客様に喜ばれました。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加