キャスティングラボ詳細

ナレーターを派遣することでイベント・映像の質がぐっと高まる?!

ナレーターは声優のように声のトーンや間を駆使して演出し、アナウンサーのように決められた時間内で正確な情報を発信する、表現力と技術力双方のスキルが必要な仕事です。例えば一般に馴染み深いテレビナレーションの現場では、随時原稿を渡されて即座に読みこなしていくことも少なくはないため、原稿に対する内容理解の早さと臨機応変に対応できるスキルが必要となります。

この記事では、ナレーターが起用されるシーン・メリット・ナレーター派遣会社についてご紹介していきます。

 

ナレーターの派遣がおすすめの場面

単に耳あたりの良い声がナレーション向いている、と思われることも多いですが実際はそうではありません。ナレーターには声を使った演出しつつ、媒体・状況に応じた話し方ができるだけのスキルが必要です。それだけではなく、表現の豊かさ・幅広い知識・原稿の内容を素早く理解するための読解力も大切な要素となります。
ここではナレーター派遣について、おすすめのシーンを解説していきます。

 

テレビ番組に派遣

テレビ番組制作の現場にナレーターを派遣する理由の多くは、視聴率に好影響を与えるためです。私たちにもっとも馴染み深いテレビナレーターでは、ナレーションの良し悪しでテレビ番組の質に差が出ることは少なくはありません。担当する番組の内容に沿い、ディレクターやプロデューサーからの「温かみのある表現にして」「ここの文章はもっと厳しい口調で」などのオーダー処理と同時進行で、求められているものを瞬時に察して声に反映させられる判断力・表現力が必要不可欠となります。

テレビナレーター自身がオーダーを反映させ、音声による演出の一端を担うという背景から、テレビ番組制作ではある程度現場の空気に慣れた、判断力・表現力に長けるナレーターの派遣が行われています。

 

ラジオに派遣

テレビ番組への派遣と同様に、ラジオ番組でも視聴率向上を目的としたナレーターの派遣が頻繁に行われています。テレビナレーターと比べると馴染みが薄く感じてしまいがちですが、例えばラジオCM・ラジオドラマの朗読・ラジオ語学講座の講師役など、幅広いジャンルで活躍できるのが特徴です。

ラジオ番組はテレビ番組とは異なり、好きなチャンネルを長時間聴き続けるスタイルの視聴者が多いため、第一に「長時間心地良く聴いていられる」が求められる傾向があります。また、ラジオドラマなどの朗読をメインに行う番組のケースでは音声のみでそのシーンのイメージを伝えられるだけの表現力も必要です。

このような声質・トーン・表現力に加え、渡された原稿に忠実に、そして時間内ぴったりに読み切ることのできる技術力を持ったナレーターは特にラジオ番組で重宝される人材となっています。

 

企業のPR映像に派遣

企業PR映像には、新規顧客獲得・ユーザーへのPR・人材の確保など、企業のさまざまな利益につながる可能性を秘められています。そのため効果の最大化を狙い、企業PR映像の制作にナレーターが起用されることも少なくありません。

ナレーションは言葉によって映像に魅力をプラスする大切な要素の1つですが、感性や情報の受け取り方は人によって千差万別です。そのため補足の説明をナレーションで入れ、映像だけでは伝えきれないディティールや企業が本当に伝えたい情報をより正しい形で表現することが必要となります。

また、ナレーションでは「間」を持たせることも重要です。視聴者の感情に訴えかけることが可能となり、視聴者に考える時間や期待感を与える効果が期待できます。

企業PR映像はユーザーに対して自社コンテンツに興味を抱かせ、強く印象付けるために制作されることが多いため、こうした「間」の取り方に長けたナレーターの派遣に適した現場です。

 

映像商材に派遣

映像制作では多くのケースでナレーションを入れるよう映像構成がされています。その理由は、聴覚情報の方が視覚情報よりも印象に残りやすいと言われているためです。

声のトーンやちょっとした「間」の取り方で、映像で表現しようとする商材のイメージが大きく変わってしまいます。そのため、映像商材の使用されるシーンやターゲット、TPOに合わせたナレーターの選定は極めて重要なフローとなっています。

例えば、投資家がターゲットとなる株主総会なのか、学生がターゲットとなる採用説明会なのかによって求められるナレーターのイメージは大きく変わります。視聴者が映像商材に対して求める要素は、「落ち着いたトーン」と「信頼感」です。企業PR映像と比べ内容の聞き取りやすさや正確性がさらに重視される構成であることが多いため、慎重に万全を期すことができるプロのナレーターが必要とされる現場です。

 

イベントに派遣

お客様を前にライブでナレーションを行うケースもあります。イベントでのナレーションは広い会場で聞かせるために独特な表現を用いられるので、まずは「台本を覚えること」が必須です。こうしたライブでのナレーションを行う仕事は「イベントナレーター」と呼ばれることもありますが、実際に人前に立ってしっかりとコンテンツのPRをしなければならないことから他のナレーターの現場とは異なる技術も多く必要となります。

聞く人に心地良く耳を傾けてもらえる声のトーンや、話す速度・はっきりとした滑舌・正しい標準語のアクセントを用いた聞き取りやすい話し方はもちろん、ライブならではの要素として、話す際の姿勢や視線の置き方をはじめとした立ち居振る舞いもすべてがナレーションに影響してきます。

また、基本的に場を華やかにしながら多くの方に好感を与えるような服装や、ヘアメイクなどの身だしなみに関する知識を身に付けていなければなりません。

さらに、現場でのトラブルにもその場で臨機応変に対応しなければならないため、クライアント企業や現場スタッフと密なコミュニケーションを取る必要があります。社会人として求められるマナーを最低限身に付けていることも選定の際重視される要素です。

イベントでのナレーター業務は司会者に近い立場で仕事をすることもあり、総合的なスキルを確実に身に付けていることが求められます。そのため企業イメージ向上を目指す展示会などの現場では、特に多くのスキルを身に付けた優秀なナレーターの需要が高くなっています。

 

ナレーターを派遣するメリット

企業の外部へ向けたコンテンツ発信の内容を視聴者に分かりやすく、印象深いものにするナレーションの導入は非常に画期的な手法です。ここでは、ナレーターを派遣するメリットを「聞き取りやすさ」「企業価値の向上」の2点に絞り解説していきます。

 

聞きやすい声のトーンで話してくれる

素人がナレーションをしようとすると、どうしても聞きづらい場面が出てきてしまうものです。「聞き取りやすい話し方」「声のトーン」「間の取り方」は一朝一夕で身に付くものではありません。

そして声色による演技のスキルもまた、重要な要素の1つです。ナレーターは渡された原稿を淡々と読み上げるだけではなく、音声のみで視聴者の感情に働きかける役割も担っています。視聴者の特定の感情を誘発するためには天性の声質よりも、後天的に身に付けた確かな表現力が必要です。そのため俳優など、表現力に長けた人材がナレーションを担当するケースも少なくはありません。声優がよくナレーターを担当しているのも同様の理由からです。

また、表現力に優れ、オリジナリティーあふれる声はときに顔以上に強いアイコンにもなり得ます。「印象的な声だった」という記憶を視聴者へ植えつけるだけでもコンテンツに対する興味関心を惹くことできるため、訓練を積んだ聞き取りやすい声で行われるナレーションの導入は情報伝達のうえで大きなメリットになります。

 

企業・番組の価値が上がる

放送メディアの拡充に伴ってナレーションの存在感は重要度を増し、いまやナレーターの良し悪しは企業・番組のイメージを左右してしまうほどの大きな要素として再認識されつつあります。

特に視聴者の興味を惹きつける質の高い動画の多くは、映像のみならず音声にも強いこだわりを持って制作されていることがほとんどです。中でも興味深いのは、内容によっては字幕よりもナレーションの方が高い効果が期待できるという点です。

映像と字幕のみでは視聴者が画面から一時も目を離せず疲れてしまう一方、映像にナレーションが加わることで視聴者の興味・関心を惹きやすくなります。ナレーションが加わることで発信したい情報を聴覚に訴えることができ、視覚と聴覚のバランスが保たれ情報発信による効果をより高められるからです。

パっと見ただけでは分かりにくいディティールに関して、逐一ナレーションを入れることで内容がより分かりやすくなるのもメリットの1つです。「分かりやすい」「親切だ」といったポジティブイメージが定着していくことで、ナレーションは企業・番組のイメージ向上にも一役買うことができます。

 

 

ナレーターを派遣するには?

ナレーターを派遣するには大きく分けて「自ら探して直接交渉する」「ナレーターの派遣を行っている派遣会社に依頼する」2つの方法があります。ここでは、これらの方法について解説していきます。

 

自ら探して交渉する

ナレーターの仕事をする人の中には番組制作会社やプロダクションなどに所属している人もいますが、最近はクラウドソーシングサイトへ登録するなどしていわゆるフリーランスで活動する人が圧倒的に多いと言われています。

フリーランスでナレーターの仕事を受注する人の多くは自宅に録音機器と録音環境を備えており、クライアントと直接交渉・契約を結んで案件を受注する形になります。プロダクションなどに所属していた人が経験を積み、その後フリーランスになるというケースもよく見られ、その人の持つスキルに応じて映像作品のナレーション・CMナレーション・ボイスオーバーなど、さまざまな仕事を依頼することが可能です。

ただし制作する番組や映像に合うイメージの人材の選定から始まり、事前にどのナレーターがどの程度のスキルを持っているのかも詳細に把握する必要があります。基本的に所属・フリーランス問わず報酬を含めたあらゆる交渉も直接行うため、その分時間や手間が掛かってしまうことも加味したスケジューリングが必要です。

 

ナレーター派遣会社に依頼する

一方で、ナレーターの派遣を行っている派遣会社へ依頼をするという手段もあります。こちらは仲介の形になるためある程度のコストは掛かりますが、その分煩雑な手続きや交渉などを一手に引き受けてくれるというメリットがあります。

基本的にはまずナレーター派遣会社へ問い合わせをし、作品の内容・ナレーションの言語・声のイメージ・収録日・収録時間・予算・サンプル提出期限などを先方へ伝えます。担当者がこれらの条件から出演内容と声のイメージに合わせて最適なナレーター候補を選定し、それぞれのスケジュールや出演条件を確認。その後ボイスサンプルなどの資料とスケジュールを送付してもらい、希望するナレーターを指名するという流れです。

ナレーターの決定後には収録日時の確定し、チェック済み原稿を先方へ渡します。本番の収録現場にはマネージャーのアテンドが可能なケースもあるため、不安な面がある時にはナレーター派遣会社へ一度相談してみるのもいいでしょう。

 

ナレーターの派遣なら「ヒーローキャスティング」!

ナレーターの派遣依頼を検討中の方へぜひおすすめしたいのが「ヒーローキャスティング」というキャスティング会社です。

ヒーローキャスティングはナレーター専門の派遣会社ではありませんが、幅広い依頼ジャンルへの対応力は業界でもトップクラスです。ありとあらゆる依頼に対応してきたキャスティング実績は7,000件以上。この豊富な経験に裏打ちされた膨大な蓄積データを駆使し、最適なキャスティングを行います。

ナレーターであれば表現力に長けた俳優・声優はもちろん、原稿を読む技術に長けたアナウンサーなど、多くの人材・選択肢の中からより制作物のイメージに合う人材を選別し最適なキャスティングを行うことが可能です。

実際にヒーローキャスティングで、東京駅一番街10周年を記念した商業施設の館内アナウンスにDB孫悟空の声で有名な野沢雅子さんをキャスティングした事例があります。当日は一言目から野沢さんワールド全開で、レジェンド声優ならではの個性的な素晴らしいナレーションを収録することができました。

ヒーローキャスティングは豊富な実績数に見合う多くのコネクション・ノウハウを持っています。全国から大量に依頼を受注し各プロダクションへ一斉にオファーをすることができるため、希望する人材のキャスティングの実現を叶えられるのです。丁寧な対応はもちろん、クライアントへのヒアリングと平行して担当者から積極的に提案までしてくれるため、初めてナレーター派遣をするケースでも安心して依頼することができます。

ヒーローキャスティングは、クライアントの希望をあらゆる面でトータルサポートしてくれるキャスティング会社なのです。

 

まとめ

ナレーターの真価は声質ではなく、「対応可能なジャンルの多さ」です。求められる媒体・状況に適う話し方・表現力・原稿に対する内容把握力・時間内で原稿を読み終える技術力など多くのスキルが必要となります。

ヒーローキャスティングは豊富な実績数もさることながら、サポート体制・コスト面においても充実していることから多くのクライアントに選ばれ続けているキャスティング会社です。ナレーターの派遣をお考えの方はぜひ一度ヒーローキャスティングへお問い合わせ下さい。

 

《「ヒーローキャスティング」へのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加