キャスティングラボ詳細

【こんなイベントに芸能人を呼びたい!】呼び方やおすすめサービスはコレ!

誰もが1度は成人式や学園祭、またはテレビ番組上でお笑い芸人や歌手がサプライズ登場して、新成人や生徒を驚かす光景を目にしたことがあるのではないでしょうか。人生の節目である大きなイベントを盛大に祝おうと、企業や学校が芸能人に協力を仰ぐケースは多く見られます。イベントに華を添える芸能人は、イベント運営担当者にとって強い味方です。しかし、「どうやって芸能人にアプローチしていけばいいのか」「芸能人を起用して上手くいくのか」など、芸能人のキャスティングに不安に感じる方もいるでしょう。

そこで本記事では、気になるイベントに芸能人を呼ぶ方法や、依頼内容に応じた芸能人を探してくれる「キャスティング代行サービス」をご紹介していきます。

 

こんなイベントに芸能人を呼びたい!

世の中には数え切れないほどのイベントがあります。地方の展示会の小さなイベントから、テーマパーク内で行われる大規模なものまで、その種類は多岐に渡ります。イベントの主催者は、芸能人を起用してイベントを盛り上げようと画策しています。中でも、芸能人を呼ぶことで一層盛り上がるイベントを5つご紹介していきます。

 

企業のPRイベント

企業の新商品・新サービスの発表イベントは、多くのメディアが集まる一世一代の大舞台です。度重なる失敗を乗り越え、多くのコストを費やして開発した新商品・新サービスが売れるかどうかは、企業の行く末を左右します。

満を持して企業の新商品や新サービスを発表するPRイベントに芸能人を呼ぶことで、広告塔の役割を果たし、話題性を集めることができます。旬な若手芸人やタレントを起用することで高いプロモーション効果が期待できると共に、企業ブランドの認知度を広く周知させることが可能です。

また、有名人を起用することでワイドショーなどでもイベントの様子が放映されるチャンスもあります。イベントの様子が全国放送されれば、非常に高い宣伝効果が見込めます。

 

企業のインナーイベント

入社式や周年パーティー、社長就任イベントなど、企業内で行われる催しをインナーイベントと呼びます。インナーイベントは単なるセレモニーの場ではなく、社員のモチベーションや愛社精神を高め、強固たる団結力を培うことをテーマに設定していることが多いです。

「真面目なイベントだけど、参加者全員が楽しめるイベントにしたい」など、そんなイベント主催者の要望に応えてくれるのが芸能人です。アテンドとしての役割を担う芸能人が、喜びや驚きといった感情を植え付けてくれます。

同じような感情を社員同士が抱き、共有することでコミュニケーションの促進が期待できます。コミュニケーションの円滑化により社内の空気が循環し、企業の目標達成のために社員が一丸となってがんばりやすい雰囲気を作り出してくれます。

また、芸能人を呼べる企業ということで、社外にもアピールができるうえに社員のモチベーションアップにも繋げることができます。

 

商業施設のイベント

生活者のスタイルが、「商品=モノ」ではなく「体験=コト」へと変化したこと、さらにはネットショッピングの充実によりスマホ1つで商品の購入が可能になったことで、商業施設の実店舗来場者数が年々減少しつつあります。そのため、各商業施設では、消費者ニーズに応えるための手段を模索しています。

こういった現状の中、芸能人を起用してお客さんを商業施設に集客し、実店舗テナントへお客さんを誘導する施策を講じています。事前に開催予告をしっかり行うことで、芸能人目当てに商業施設のイベント広場に足を運ぶようになり、販促効果が期待できます。普段は訪れる機会がないお客さんや離れていたお客さんを呼び戻し、商業施設全体の売上効果とこれまでにない賑わいを見せることでしょう。

また、子どもに人気の芸能人を呼ぶことで、親御さんを巻き込んで家族全員が商業施設に来てくれれば、親御さんがついでに買い物や食事をしてくれる機会にも繋がります。

 

地域活性化イベント

人口減少による過疎化の防止、地域に根付く祭事を盛り上げるため、地域活性化イベント、いわゆる”まちおこし”に芸能人を抜擢する傾向にあります。

地域活性化イベントは単発ではなく、持続的にイベントを行っていくことで移住者増加や経済の成長など、地域のブランディングとしての役割が期待できます。芸能人をまちおこしや地域産地農産物などのPRキャラクターに任命し、来場者が「また来たい」と思わせるようなイベントにすることが重要です。

 

学園祭

学園祭は、芸能人を呼ぶには相応しいシチュエーションに他ならないでしょう。学校側は、「学生たちを驚かせたい」「心に残るような思い出」と毎年趣向を凝らした学園祭を開催しています。

学園祭は、旬なお笑い芸人を呼んでの漫才やコント、アーティストの音楽ライブなど、芸能人がステージにサプライズ登場する演出が定番です。バラエティ番組やドラマに出演している芸能人が目の前に現れれば、感受性豊かでトレンドに敏感な学生たちが感極まること間違いないでしょう。

また、学園祭に有名人が来ることで学校の知名度が上がるので、入学希望者数の向上や学校のブランド力向上に繋げることができます。

 

どんな芸能人をイベントに呼ぶのがおすすめ?

企業のPRイベントや地域活性化イベント、学園祭などシチュエーションによって適した芸能人を起用する必要があります。例えば、スポーツ企業の新商品紹介PRイベントに、健康的ではないキャラクターの芸能人と商品イメージが合致することはないでしょう。これを踏まえて、目的・シチュエーション別イベントで呼ぶべき芸能人をご紹介します。

 

<企業のPRイベント>ターゲット層に合った芸能人

企業のPRイベントは、会社の商品・サービスの認知度を効果的に高める絶好の場です。そこで、商品・サービスのターゲット層に合った人気芸能人を呼ぶと良いでしょう。起用した人物のイメージが、企業の商品やサービスに多大な印象付けをします。PR戦略として、紹介する商品にマッチした芸能人をキャスティングすることができれば、マーケティングの面からも商品の魅力を最大限にアピールすることができます。

例えば、肌が綺麗だったり、顔立ちが整っていたりする女優を起用することで、消費者が「あの女優さんが愛用している美容商品を使ってみたい」と思うようなポジティブな影響を与えることが期待できます。

 

<企業のインナーイベント>盛り上げ上手な芸能人

社員同士のコミュニケーションの円滑化、団結力強化のため、盛り上げ上手な芸能人を呼ぶことをおすすめします。旬なお笑い芸人で卓越したトーク力を持ち合わせる人物が望ましいです。

お笑い芸人は、普段から人を楽しませるため芸を磨いています。持ち前の明るさとキャッチーな言葉が、耳を傾けなくても聞き手の心を揺さぶる不思議な力を持っています。トーク力が豊かで盛り上げ上手なお笑い芸人を呼ぶことで、真面目なインナーイベントがエンターテイメント空間へと変貌を遂げます。

 

<商業施設のイベント>子どもにも人気の芸能人

両親が商業施設に行く予定がなくても、子どもが好きな芸能人がイベントに来るという理由から、イベント目当てに商業施設を訪れる可能性があります。親子連れが多く来場する商業施設のイベントには、子どもに人気の芸能人を呼ぶと良いでしょう。

思わず口ずさんでしまうフレーズや、手振り身振りでユニークな動きで人々を笑顔にするお笑い芸人を呼ぶことで、子どもたちが心の底から喜びを爆発させることは間違いないでしょう。

 

<地域活性化イベント>地域出身の芸能人

地域活性化イベントでは、トークショー、地域のお祭り、体験イベントなどに芸能人を呼びます。とりわけ、○○町親善大使や○○市のイメージキャラクターなどには、地域と繋がりのある芸能人を呼ぶことでイベント会場は大いに盛り上がることでしょう。

自分が住む地域出身のアスリートや歌手に対しては、他の芸能人より応援したいという気持ちが少なからずあるものです。また、「ふるさとに恩返しがしたい」と考えている芸能人にとっても、地域の定期イベントに呼んでもらえることは大きなメリットです。

さらに、芸能人を一目見ようと多くの観光客が訪れるため、絶大な集客効果が期待できます。イベントが盛り上がるだけでなく、地域の文化や経済の活性化に繋がるでしょう。

 

<学園祭>若者に人気の芸能人

学園祭には、知名度のある人気タレントや、話題のYoutuberをキャスティングするのがおすすめです。何百万人もの登録者がいるYoutuberを呼ぶことで、学校内のみならず一般の来場者を学園祭に引き込み、多くの集客が見込めます。

また、若者に人気のアーティストを呼べば、学園祭が一気にライブ会場と化すことでしょう。若者は流行に敏感なため、芸能人を呼ぶ際は、今は誰が人気なのかしっかりとリサーチしたうえで芸能人を呼ぶようにしましょう。

 

 

イベントに芸能人を呼ぶ方法とは?

ここまでシチュエーション別、イベントに呼ぶべき芸能人をご紹介してきました。しかし、いざ芸能人を呼ぼうと思ったものの、何から始めればいいのか分からない方もいるでしょう。

芸能人をイベントに呼ぶ方法は2つあります。「自ら芸能事務所と交渉する方法」、もしくは「キャスティング代行サービスに依頼する方法」です。ここでは、この2つについてご紹介します。

 

自ら芸能事務所と交渉する

1つ目は、案件に合った芸能人をリサーチしたうえで、自らが芸能事務所にオファーをかける方法です。芸能事務所のホームページにある「出演依頼フォーム」にオファー内容を入力します。事務所側は、フォームの内容を確認しこれを許諾すれば契約成立です。

芸能事務所に自ら交渉する場合、イベント担当者をキャスティング業務に充てなければなりません。そのため、慣れないキャスティング業務は手間や時間を奪い、イベントの開催といった本来の業務が疎かになる恐れがあります。

さらに、自ら芸能事務所と交渉する場合、自社の商品イメージに合った芸能人をリサーチしておく必要があります。そのため、起用したい芸能人の実績や費用感などを事前に調査してから事務所へアプローチしていきましょう。

 

キャスティング代行サービスに依頼する

芸能人を起用する場合、自ら芸能事務所へ依頼をかける手段以外にもう1つ、キャスティング代行会社に依頼する方法があります。芸能人のキャスティングを専門事業としている「キャスティング代行会社」に依頼することでスムーズに芸能人のキャスティングが進んでいくことでしょう。

 

キャスティング代行サービスとは?

キャスティング代行サービスとは、個人に代わり事務所に所属している芸能人に対してキャスティング交渉を行うものです。依頼主と芸能業界をつなぐ代行会社は、芸能業界に長年精通し、強力なネットワークを持っています。

キャスティング代行サービスは、依頼主の要望をヒアリングしたのち、企画や実施方法などのプランニングの提案、キャスティング可能な芸能人をリストアップします。

 

キャスティング代行サービスを利用するメリット

事務所への問い合わせから契約、打ち合わせ、イベント当日までのプロセスをワンストップで代行してくれるのが、キャスティング代行サービス最大の特です。

キャスティング代行サービス会社で働くスタッフの中には、芸能事務所でのマネジメント経験のある人物が立ち上げるケースが増えています。そのため、芸能業界で働いていた経験や人脈を活かしたキャスティングが可能です。

企業が芸能人のキャスティングを行う場合、先述したとおり、何名かのイベント担当者をキャスティング業務に充てる必要があります。そうなれば当然、人件費や時間など膨大なコストが生じます。しかし、キャスティング代行サービスを利用することによって、企業は人員を割くことなく芸能人を呼ぶことができ、大事なイベントを大いに盛り上げることが可能です。

 

おすすめは「ヒーローキャスティング」

ヒーローキャスティング」は、キャスティング実績8,000件を誇るキャスティング専門会社です。今話題の旬な芸能人、モデル、Youtuber、アイドル、歌手、アスリート、キャラクター以外にも幅広いジャンルに対応しています。

また、内容のヒアリングから芸能人のリストアップ、事務所への問い合わせ、契約、打ち合わせ、当日のアテンドまでワンストップで対応します。無料の相談をしたその日に芸能人をリストアップするスピード対応に自信があります。

さらに、芸能人の基本情報のみならず、10のユニットに分けられた専門スタッフが対応しているため、専門性を高め、お客様のニーズに合った提案が可能です。

キャスティング業務はもちろんのこと、制作業務にも力を入れており、企業パーティーやお祭りなどの手配から制作・運営までワンストップで請けることが可能です。

芸能人のキャスティングで困ったら、まずはヒーローキャスティングへの無料相談をおすすめします。予算や状況など、お客様の日々変わるニーズに対応が可能で幅広いジャンルをカバーする業界No.1のキャスティング会社、「ヒーローキャスティング」を利用してイベントを大いに盛り上げましょう。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加