キャスティングラボ詳細

広告に有名人を起用したい!キャスティング会社に依頼するメリットとは?

自社の商品やサービスを効果的に認知してもらうには、広告の活用を検討するでしょう。さらに、有名人を起用すれば認知度の向上に有効です。

ところが、広告に有名人の起用を考えるときに、自社でキャスティングをすると負担が大きくなります。

キャスティング会社に依頼するとスムーズに有名人のキャスティングが可能です。

本記事では、広告に有名人を起用するときに、キャスティング会社へ依頼するメリットを中心に解説します。ぜひ、有名人のキャスティングを行う際に参考にしてください。

 

広告に有名人をキャスティングするメリット

多くの企業が広告を出していますが、広告にはタレントやモデル、俳優などの有名人を起用するのが一般的です。企業が有名人を起用する理由は、有名人ならではのメリットが存在するからです。ここでは、有名人をキャスティングした際のメリットを4つ紹介し、有名人のキャスティングがもたらす効果が高いかお伝えしします。

 

話題性がある

いくら優れた商品であっても、効果的な広告を出さなければお客さんに対して認知させることは難しいです。そこで、広告に有名人をキャスティングして商品の認知度を高めてもらうことで、売上アップにつなげることができます。

話題の有名人を起用すれば、さらなる話題性を運んでくれるとともに、ワイドショーなどで取り上げられる可能性もあるため、費用対効果が非常に高い宣伝方法となります。話題性をさらに追い求める場合には、商品やサービスの印象と関連性の高い有名人をキャスティングするなど、工夫を凝らした広告になるように心がけましょう。

 

商品・サービスの好感度が上がる

有名人を起用することは、消費者に与える商品やサービス自体のイメージを左右します。特に好感度が高い有名人を起用した場合は、商品にも好意的な印象を与えてくれます。また、有名人の起用によって商品に限らず企業へのイメージも形成されて好意的な印象を与えることができれば、企業のブランド力が向上し商品の売り上げにも影響してきます。例えば、商品のイメージを清潔感のある有名人の方をキャスティングし、宣伝することによって商品・企業にも清潔感がある印象をお客さんに印象付けさせることができます。

ここで気を付けておきたいことは、広告起用している有名人の方が不祥事を起こした場合、商品イメージにも影響が出てしまい、最悪の場合は企業のイメージダウンにもなりかねません。有名人に問題が起こることはめったにあることではありませんが、企業側は起用するときには少ないとはいえリスクへの事前対策や理解を深める必要があります。

 

有名人のファンに訴求できる

広告に有名人を起用する際に、最近は比較的ファンの数が多いアイドルなどを起用する企業が多い傾向にあります。理由としては、起用したアイドルのファンが広告に出ているからと商品を購入してくれる可能性が高いからです。

また、アイドルのファン層は企業が対象にしている客層とは違うこともあります。そのため、新しい客層を構築できるきっかけにも繋がり、1人でも多くの客層に自社商品を認知してもらい購買してもらうことが可能です。

しかし、アイドルに限らず有名人の人気は、時代とともに変わっていくことが多いです。アイドルを起用してファンをも巻き込んだ売上は、逆に有名人自身の衰退していく人気とともにファンも離れていってしまうということになります。したがって、企業はアイドルの広告起用をする際は、通常の有名人よりもリスクがあることを想定し考えて起用する必要があります。

 

SNSで取り上げられる可能性が高い

広告に有名人を起用すると、さまざまなメディアに取り上げてもらう可能性が高くなります。最近ではTwitterなどのSNSが普及したことで、有名人が起用された商品やサービスはネット上でも拡散されて、認知度がどんどん膨れ上がっていきます。SNSを戦略的に活用できれば、かけたコスト以上の反響を呼び、売上アップにつなげることができます。

 

広告に有名人を起用するには

はじめに、有名人を起用する方法を解説します。冒頭でも触れていますが、有名人の起用には自社で行う場合とキャスティング会社に依頼する場合があります。

 

自社でキャスティングすることも可能、ですが…

自社でキャスティングをすることは可能です。しかし、様々な負担やコストが出てきます。キャスティングの一般的な流れを把握すると、その大変さが理解できるでしょう。キャスティングの流れは次のようになります。

  • ・有名人のリサーチ、選定
  • ・有名人の所属事務所との交渉、契約
  • ・稼働
  • ・広告の制作

大まかな流れは上記の通りです。どれも大変な工程ですが、自社でキャスティングを行うとリサーチも一苦労するでしょう。

「この人なら自社商品を効果的に宣伝できそう」と考えても、その人物がどの年齢層や性別に人気があるのかなど、深く調査する必要があります。

選定ができたら、所属事務所との出演交渉や契約に移ります。交渉や契約も経験がないと、なかなかうまく進まないものです。例えば、仕上がった広告の二次利用の可否、契約期間など細部にわたる契約内容を決めます。後々、トラブルにならないような配慮が必要なのです。

契約が終わったら、いよいよ稼働となります。広告制作のための撮影などを実施し、完成品に近づけていきます。

稼働の際も所属事務所などや有名人と密に連携を取りながら進めます。日程などの様々な調整も、連絡を取り合って決めていくでしょう。場合によって制作を外注することもありますので、外注業者との連携も必要です。

このように、自社でキャスティングをするにはノウハウや知識がないと希望通りにできないことが多いでしょう。

 

キャスティング会社の利用がおすすめ

自社でキャスティングを行うのはノウハウや知識だけではなく、コストもかかります。自社の人員配置や人件費が増えて、本業がおろそかになってしまう可能性があります。

そこで、有名人の起用を考える際は、キャスティング会社を利用しましょう。自社で行うよりもスムーズに有名人のキャスティングが可能です。キャスティングに全く知識のない会社でも、要望に沿った有名人を起用できるでしょう。

 

キャスティング会社に依頼するメリットとは?

ここから、キャスティング会社に依頼するメリットを解説します。主なメリットはこれから紹介する2つです。

 

条件に合う有名人を提案してもらえる

自社商品やサービスを効果的に宣伝するには、それらにマッチする有名人を起用することが大切です。また、有名人の起用にあたり、様々な条件もあるでしょう。それらを総合的に考えて、有名人の選定ができるのがキャスティング会社です。

商品イメージに合う有名人の選定、所属事務所とのやり取りや契約、稼働や稼働当日の運営など全ての流れを担当してくれます。

広告制作にあたり、外注が必要なときも手配できるキャスティング会社が多いです。全くキャスティングに知識がない場合や何も決まっていない場合でも、ヒアリングから始めますので心配ありません。

「有名人の起用について全て任せられる」のがキャスティング会社です。

 

複数事務所とのやり取りをとりまとめてくれる

有名人のキャスティングでは、複数事務所との交渉をすることがあります。複数事務所との交渉は、自社で行うことが非常に難しいことです。

情報収集の段階で複数の事務所とのやり取りもあるため、キャスティング会社に任せられるのはメリットが大きいです。

複数の事務所とのやり取りや交渉を経て、自社は最適な人物を選べます。時間的なコストを大幅に削減して、広告の効果へとつなげられるわけです。

ちなみに、キャスティングを手がける芸能事務所もあります。大手事務所であれば、所属芸能人も多く、効率的なキャスティングができることがあります。

しかし、男性アイドルが多く所属する事務所に女優のキャスティングはできません。結局のところ、複数の芸能事務所にアプローチできるキャスティング会社を利用するのがが効率的といえるでしょう。

 

 

キャスティング会社への依頼までに決めておきたいこと

キャスティング会社への依頼は、有名人起用には非常に有効です。しかし、自社でも様々な条件をまとめておくと、さらにスムーズです。

ここからは、キャスティング会社への依頼までに決めておきたいことを解説します。

 

広告に起用したい有名人の条件を明確にする

最も重要といえるのが、広告に起用したい有名人の条件を明確にすることです。場合により、有名人の条件が白紙でも相談できることがあります。しかし、有名人のリサーチや選定に時間がかかってしまします。

「〇〇さんを起用したい」「〇〇さんが訴求しやすいターゲットに似た人物」などあらかじめ、有名人の条件を決めておくとスムーズです。

人物をある程度、絞り込めないならば「20代女性にリーチできそうな芸能人」など、商品やサービスのターゲットから考えてみましょう。

何かしらの条件を絞っておくことで、キャスティング会社に依頼した後がスムーズになります。

 

予算の目安を立てておく

有名人のキャスティングには様々なコストが発生します。有名人への出演依頼料が大きなものですが、広告制作を外注すれば外注費、もちろん、キャスティング会社への支払いも出てきます。

それらの費用項目を考えた上で、どれだけの予算が割けるのか目安を立てておきましょう。自社が考える有名人の条件もそうですが、予算も交渉が始まってから後出ししてしまうと、トラブルの原因になります。

「トータル的な予算はこれくらい」という目安をあらかじめ決定しておくことは重要です。

 

撮影の詳細を決定しておく

有名人の所属事務所との交渉が始まるまでに、撮影の詳細を決定することもポイントです。広告を打ち出す日程から逆算していき、いつまでに制作が完了するべきかを考えます。

その日程を踏まえて、撮影の日程を調整します。ですから、キャスティング会社に依頼するときには「この時期まで仕上げたい」という希望を考えておきましょう。

それらの条件があいまいになると、トラブルになりやすいです。

また、運悪く撮影日時に有名人が病欠してしまうこともあるでしょう。そのときに、誰か代わりを出してくれるのかなど、細かなところもキャスティング会社と考えることも必要です。

キャスティング会社は有名人の所属事務所と自社の間に入って、潤滑油の役割を果たします。しかし、全てを丸投げするのではなく、自社も事前準備をしましょう。

事前準備がしっかりとできるようになると、有名人のキャスティングもよりスムーズに行えます。

 

キャスティング会社の選び方

キャスティング会社は、モデルやインフルエンサーなどに特化しているなど、さまざまなキャスティング会社が存在するため、どこの会社にキャスティングを依頼していいのか悩むことでしょう。初めて依頼する場合は、キャスティング会社を選ぶ際には重要視するべきことがあります。ここでは、キャスティング会社で実際に依頼をする際に確認しておくべき点を2つご紹介します。

 

過去のキャスティング実績を確認する

キャスティング会社を選ぶときに重要なのは、過去の実績を確認することです。理由としては、実績が少ない会社に依頼した場合、実現したいことを達成できない可能性があります。一方、キャスティング実績が多ければ多いほど、さまざまなシーンでのキャスティング経験を持っているため、企業のイメージに合った有名人を見つけてキャスティングを成功に導いてくれやすいでしょう。

しかし、過去の実績だけで安易にキャスティング会社を選ぶことは避けましょう。キャスティング会社には各々に力を入れている分野が存在します。過去の実績をもとにリストアップしたキャスティング会社であっても、自社商品にマッチしない分野のキャスティング会社に依頼してしまうと、効果的な広告が行えない恐れがあります。そのため企業はキャスティング会社に依頼する前に、商品を売り込むターゲットと起用するべき分野の有名人を合わせて考える必要があります。

また、企業側が1番気になるコスト面も確認しておくべき点です。起用する有名人の知名度によって出演料は変動し、広告企画によっても費用の変動などがあるため、大まかな目安を付けることが困難です。そのため、企業は事前に複数のキャスティング会社に見積もりを算定してもらう必要があります。複数の会社に対し同じ内容で依頼しても金額は異なりますので、企業がコスト見合う、1番ニーズに応えてくれそうなキャスティング会社を選定することが重要です。

 

サポート体制を確認する

キャスティング会社を選ぶうえでサポート体制についても重要なポイントです。いざキャスティング会社を利用したとしてもその後のサポートが不十分であれば安心して任せることもできません。企業は事前にキャスティング会社から明確なバックアップ体制の説明がなされているか、担当者の対応は納得するまで丁寧な応対をしてくれるかどうかを判断材料にする必要があります。

例えば、キャスティング会社でキャスティングされた人が、直前となってキャンセルになってしまった場合代役を瞬時に立てることができるかなど、緊急的なトラブルが発生した場合にキャスティング会社のバックアップ体制が整っているかどうか入念に確認しておきましょう。

現場での不安なことも、問合せの段階で丁寧な対応で気軽にご相談できる雰囲気であることもキャスティング会社を選ぶ参考になります。

 

広告への有名人起用なら『ヒーローキャスティング』にご相談を

キャスティング会社は世の中に多数存在します。その中で、他社に負けない強みがある『ヒーローキャスティング』を紹介します。弊社が運営するヒーローキャスティングには次の強みがあります。

 

独自データベースにより、幅広いジャンルに対応可能

ヒーローキャスティングでは独自のデータベースがあります。一般的なキャスティング会社が持ち合わせるデータベースには、有名人のプロフォールや価格、競合、SNSフォロワーなどの基本情報になります。

一方でヒーローキャスティングのデータベースには、基本情報のほかにも多くのデータを収集して加工しています。さらに、有名人起用後の効果シミュレーションも可能です。提案の段階で効果測定が可能ですので、具体性を持ったキャスティングができるようになります。

独自のデータベースが築けるのは、これまでの豊富なキャスティング実績によるものです。ヒーローキャスティングのキャスティング実績は累計7,000件となっています。過去の実績をもとに、12の専門ユニットをつくり、知識豊富な専門スタッフが対応します。

「広告ユニット」がありますので、広告に有名人を起用したい場合もスムーズな対応が可能です。女優やタレント、俳優、モデル、アスリート、アーティスト、インフルエンサー、YouTuberなど、豊富なジャンルの有名人の提案もできます。

「対応できないジャンルはない」といえるほど、幅広いジャンルに精通しています。

 

最短で即日のリスト提案が可能

ヒーローキャスティングはスピード対応にも自信があります。キャスティングまでの流れは、ヒアリングや有名人のリストアップ、所属事務所への交渉、契約、稼働当日までの調整、稼働当日のサポートと他者と同様です。

しかし、ヒーローキャスティングでは有名人のリスト提案が即日で可能です。急な案件でも対応できますし、過去の事例では撮影日3日前からの発注依頼にも対応しました。

急な案件にも対応できるのは、これまでの実績や独自のデータベース、専門ユニットがあるからです。迅速な案件対応もヒーローキャスティングの強みです。

 

どこよりも安く!適正価格でご提供

ヒーローキャスティングは全国に多くの案件を抱えています。そのため、各地の事務所に案件を投げかけ、安く仕入れることを実現しています。

価格交渉も粘り強く行いますので、お客様の予算に近づけられるように努力していきます。過去には、大物芸能人を起用したいお客様がおりました。

大物芸能人の起用ということや、そのほかの条件面でキャスティングが難航しました。しかし、複数回の交渉を重ねて、企画実現を果たしています。

予算により請けられない案件もありますが、お客様の要望が実現できるよう取り組めるのもヒーローキャスティングです。

 

検討段階・企画段階からのサポートも可能

先ほど、キャスティング会社に依頼する前に決めておきたいことを解説しました。予算や起用したい有名人をある程度絞り込んでおくことは、以降の流れに有効です。

しかし、必ずしも明確化できないときもあるでしょう。全くの白紙状態でご依頼されるお客様もいます。そのような場合でも、ヒーローキャスティングではヒアリングから丁寧に行います。

「予算しか決まっていません」「キャスティングについて全くわかりません」「撮影までのどのような流れがあるのでしょうか」など、検討段階からのキャスティングも可能です。

お客様のニーズを聞き取って、最適な有名人のご提案から所属事務所との交渉や契約、企画など全般的にサポート致します。

撮影当日までの調整や、当日のサポート、外注、広告の効果測定などのアフターケアなどもしています。次回のキャスティングにも活かせるでしょう。

 

広告への有名人起用なら、ヒーローキャスティングへご相談を

広告に有名人を起用することは、マーケティングで効果的です。しかし、自社でキャスティングをするのは大変なことが多いです。

リサーチや交渉、契約、日程調整や当日の運営など、キャスティングに知識がないとスムーズに進められないことが多いです。

キャスティング会社に依頼すれば、全般的なサポートを受けられます。キャスティング会社に依頼するにあたり、予算や有名人の条件などは決めておくといいでしょう。

キャスティング会社ではヒーローキャスティングがおすすめです。独自のデータベースや対応ジャンルの幅広さ、安さ、対応力に自信があります。

検討段階や白紙状態でもキャスティングの相談が可能です。お気軽に電話やメールにてお問い合わせください。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

,