• ホーム
  • TwitterとInstagram利用目的の違い

キャスティングラボ一覧

TwitterとInstagram利用目的の違い

フリューが運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS’TREND(ガールズトレンド)研究所』は、

2017年9月に「ソーシャルメディアに関する意識調査」を実施しました(n数:157)。

調査対象は、フリューが運営するプリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」会員の女子高大生。

 

 

Instagramの利用状況については、

女子高生・女子大生の85.4%がInstagramを利用、利用者の68.7%が「インスタ映え」を意識して写真の投稿を行っています。

 

そもそも「インスタ映え」にはどんな要素があるのでしょうか?

その条件には、おしゃれ・かわいい・画像加工・綺麗・カラフル・統一感・色合いといったポイントがランクインしています。

 

おしゃれ:33.8%

かわいい:31.6%

画像加工:12.0%

キレイ:9.0%

カラフル:8.3%

統一感:7.5%

色合い:7.5%

 

 

 

1日1回以上使うSNSアカウントについては以下の通りでした。

第1位:LINE(98.1%)

第2位:Twitter(84.0%)

第3位:Instagram(77.6%)

※持っているアカウントも同様

 

 

 

TwitterとInstagramについて、それぞれの利用目的を調査したところ、

いずれも「友だちの投稿を見るため」、「趣味の情報収集のため」と

両者で同じ目的で使われていることがわかります。

 

一方で、Instagram利用者の43.3%が「自分のおしゃれな日常を発信するため」に使っているのに対し、

Twitter利用者ではわずか8.5%と、発信内容に大きな違いがあることがわかりました。

 

目的は一緒、だけど発信する内容によって使うSNSを使い分けるのが

今の若年層の主流ということですね。

 

 

参照:Markezineニュース「TwitterとInstagram、利用目的の違いは?/約7割がインスタ映え意識【フリュー調査】」

 

 

 

弊社では、若年層向けのSNSマーケティングについての

ご提案・インフルエンサーの手配なども多数実績がございます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:
ヒーローキャスティング事業部
インフルエンサーチーム
担当者まで
03-3475-6042

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加