• ホーム
  • 有名人にプロモツイートを依頼したいなら代行サービスに!おすすめ代行サービスを比較

キャスティングラボ一覧

有名人にプロモツイートを依頼したいなら代行サービスに!おすすめ代行サービスを比較

SNSマーケティングは昨今のビジネスにおいて有効です。中でも、SNSを効果的に用いたプロモーションは、自社商品のコンバージョン(成果)につながりやすいです。

SNSを活用したプロモーションの一種にプロモツイートがあります。本記事では、プロモツイートの基礎知識や費用感、有名人起用について解説します。

また、有名人起用の際に依頼するには代行サービスがおすすめです。キャスティングを手がける会社は豊富にありますので、それらの比較も行います。

効果的な自社商品のPRを検討しているならば、ぜひ、参考にしてみてください。


プロモツイートの基本知識

まずは、プロモツイートの基本知識を解説します。費用感も取り上げていますので導入の参考にしましょう。

プロモツイートはTwitter広告の一種

ブロモツイートはTwitter広告の一種です。Twitter広告はプロモツイートも含めて3種類あります。3種類のTwitter広告で代表格といえるのがプロモツイートでもあります。

Twitter広告の種類を示すと以下になります。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド

プロモアカウントはツイートだけではなく、アカウントもプロモーションができる広告です。タイムライン横のおすすめ欄に表示されるなどの特徴があります。

プロモトレンドは、トレンド欄に指定したキーワードやハッシュタグを表示させることができます。商品やサービスに対するキーワードを指定することでユーザーにみてもらえます。

プロモツイートの広告はタイムラインに表示されるため、ユーザーの目にとまりやすいことが特徴です。タイムラインの他にも検索結果の上位、プロモトレンドの検索結果、アカウントのプロフィールにも広告表示ができます。

このようにプロモツイートの広告はより自然な形で表示が可能です。広告は「リツイート」や「いいね」といったアクションも行えます。

Twitterの特徴を考えると、プロモツイートを活用することで次の効果があります。

  • リツイートなどによる二次拡散で集客数の増大
  • 新規ユーザーへのアプローチ
  • 若年層へのアプローチ

プロモツイートの広告はリツイートやいいねができますので、ユーザーをフォローしている層に拡散できます。

また、ユーザーのTwitterアカウントでフォローやリツイート内容、いいねの対象を分析すると、趣味嗜好や好み、興味がわかってきます。

分析結果をもとに新たなユーザーへのアプローチができるのはTwitter広告の魅力です。従来の主流であったバナー広告やリスティング広告ではできなかったことです。

それから、SNSを積極的に活用する若年層へのアプローチができるのもメリットです。10代や20代、30代向けの商品プロモーションには大きな効果が期待できるでしょう。

ちなみに、Twitterの月間利用者数は4500万人を突破しています。二次拡散、新規ユーザーや若年層へのアプローチをかけ算で考えるとプロモツイートは期待値が高いです。

プロモツイートの費用感

プロモツイートはユーザーがリツイートや返信など、何かしらのアクションを起こしたとき(エンゲージメント)に課金されます。つまり、プロモツイートの導入(広告表示)だけならば無料となるわけです。

エンゲージメントの料金は入札(オークション)で決まります。最低入札額は1円となっていますが、広告表示は40円くらいからです。目安は70〜80円となっています。

具体的に試算してみると、プロモツイートが100回リツイートされたとすると、7,000〜8,000円くらいの費用がかかります。

リスティング広告のCPCは、1クリックで数百円や1,000円を超えることがあります。プロモツイートの費用はリスティング広告よりもコストパフォーマンスに優れることがわかります。

プロモツイートには有名人起用がおすすめ?

プロモツイートに有名人を起用するとよりよい効果をもたらします。ここからは、プロモツイートに有名人を起用する仕組みやメリットを解説していきます。

プロモツイートに有名人を起用するとは

Twitterでは第三者ツイート配信ができます。第三者ツイートの機能を利用して、プロモツイートに有名人を起用します。

第三者ツイートは自社以外のツイートを自社広告に利用できるものです。よって、有名人のツイートをそのまま広告に転用できるのです。

例えば、有名芸能人が「私も〇〇を使っています。」「△△のココがおすすめ!」とツイートしたものを広告に活用するイメージです。

実際は有名人がツイートしているように見えても、プロモツイートによる広告配信になるため自然な形でプロモーションができます。

第三者配信で有名人を起用するには、権限を付与される必要があります。Twitter社に申請して許可をもらうことになります。

また、第三者配信はあくまでも自社がターゲットにしているユーザーであり、権限が付与された人物のフォロワーというわけではありません。

プロモツイートに有名人を起用するメリット

プロモツイートに有名人を起用すると様々なメリットがあります。

  • 競合他社との差別化(ブランディング効果)
  • エンゲージメント効果(ブランドへの愛着)
  • 興味関心を惹きやすい(二次拡散への期待)

プロモツイートでプロモーションすると、顧客に対してのアプローチが競合他社とは差別化できます。効果的なマーケティングになるでしょう。

また、仮にユーザーが愛着を持つ有名人を起用してプロモーションに成功すれば、ブランドに対しての愛着も高まります。集客やコンバージョンにも有効となっていきます。

Twitterの特徴であるリツイート機能が存分に発揮できるのも大きなメリットです。有名芸能人やスポーツ選手、アーティストなど影響力のある人物がツイートした内容は多くのユーザーがチェックしています。

ユーザーが気に入った内容であればリツイートされて二次拡散の期待が持てます。より多くの人々にプロモーションができるのは大きな魅力です。

以上のように、プロモツイートに有名人を起用するメリットはプロモーションで重要な部分をおさえています。

プロモツイートに有名人起用なら代行サービス!

プロモツイートに有名人起用を考えたら、キャスティングの代行サービスの利用がおすすめです。以下のテーマで代行サービスの特徴やメリットを解説していきます。

代行サービスとは

有名人起用の代行サービスとは、キャスティングに関わる一切をサポートするサービスです。

「どのような商品(サービス)をプロモーションしたいか」といったヒアリングから始まり、それに適する有名人をピックアップして起用していきます。

契約や企画に関しても代行サービス会社に任せることが可能ですので、スムーズなキャスティングになります。

「商品PRはしたいけれど何も決まっていない…」などプロモーションが白紙状態でも丁寧に対応してくれるのが代行サービス会社です

有名人起用は代行サービスに依頼すると様々な負担が減っていきます。

代行サービスを利用するメリット

代行サービスを利用するメリットを具体的にあげると以下になります。

  • コストパフォーマンスに優れる
  • 有名人の情報を取得できる
  • プロモーションに知識がなくてもスムーズに進行できる

まず、代行サービスの利用で大きなメリットとなるのがコストパフォーマンスの良さです。

有名人起用を自社で行う場合は、非常に手間暇がかかりますキャスティングについての知見がないと、知識の積み上げから取り組む必要があり時間もかかるでしょう。

社内にマーケティング部門があったとしても、新たにプロジェクトを立ち上げて人員配置も必要です。もちろん、人件費や経費などの金銭的なコストも発生します。

企業規模が大きくない場合、従業員が兼務により担当する可能性もあります。他の業務への影響も考えられます。

総合的に考えると代行サービスを利用した方がコストパフォーマンスに優れるわけです。

また、プロモツイートや有名人のキャスティングなどのノウハウが得られるのもメリットです。

特にキャスティングやについてノウハウがない場合は、代行サービスを利用することで様々な情報が有益になります。

代行サービスの利用を重ねていけば、情報やノウハウも積み上がっていきます。より円滑なキャスティングやプロモーションになるでしょう。

代行サービスはキャスティングやプロモツイートのプロですので、多くの案件をこなしてきた実績があります。

その経験や実績をもとに自社のニーズに合わせたキャスティング、さらには有名人の所属事務所との交渉・契約、ツイート内容の企画などを的確に進めます。

場合により、ツイート内容に使う画像や動画を外注するなど細かな部分まで代行サービス会社は対応してくれるでしょう。

有名人起用でわからないことがほとんどでも満足いくプロモーションに導けるのもメリットです。

プロモツイートの人気キャスティング代行サービスを比較

有名人起用の代行サービスを運営する会社は豊富に存在します。ここでは、人気キャスティング会社を比較するために3社、取り上げていきます。

それぞれの特徴やメリットを把握して利用を検討してください。

<比較1>ヒーローキャスティング

はじめに紹介するのは弊社が運営するヒーローキャスティングです。ヒーローキャスティングは他社に負けない特徴があります。

ヒーローキャスティングが特に強みと考えているのは以下の3点です。

  • 圧倒的な対応力の高さ
  • 過去のキャスティング実績が7000件
  • 独自データの保有

ヒーローキャスティングは対応力を常に追求しています。相談からキャスティング、交渉や契約、企画とその実行など一連の流れではスピード対応を実現しています。

顧客視点に立つことや適性各区で進めることなど、全社員の行動ルールとして落とし込んでいます。

それらの対応力があるのは豊富なキャスティング実績を持つからです。ヒーローキャスティングはこれまで累計7000件のキャスティング実績があります。もちろん、Twitterを絡めたプロモーションに有名人をキャスティングした実績も持ちます。

「対応できないジャンルがない」と自信を持っていますキャスティング事例には有名タレントや俳優、モデル、アーティスト、各専門家、YouTuber、インフルエンサー、アニメや漫画のキャラクター…と多岐に亘ります。

対応ジャンルが豊富ですが、しっかりとキャスティングに導けるのは専門ユニットによるものです。

広告、インフルエンサー、イベント、動画といった12の専門ユニットが対応していきます。各ユニットには専門知識を有した専門スタッフを配置しています。過去のデータと専門知識を駆使して希望を満たすキャスティングができるのです。

また、ヒーローキャスティングは独自のデータベースを構築しています。一般的なキャスティング会社が持つデータベースには有名人のプロフィール、費用、競合、SNSフォロワー数などの基本情報がほとんどです。

弊社が構築している独自のデータベースは基本情報以外も幅広く収集して加工していきます。そして、キャスティング後の効果測定も提供可能です。この独自データベースの保有も強みです。

些細な相談でも受け付けておりますので、ぜひ、ヒーローキャスティングをご検討ください。

<比較2>A社

次に取り上げるA社はタレント広告に強みを持つキャスティング会社です。これまで起用した有名人のジャンルは文化人、タレント、スポーツ分野、モデルや俳優といったところです。

多くの場合でタレント広告は効果的なプロモーションとなり、A社も誰もが知るような有名タレントを多く起用しています。

企業CM、新商品発表会、記者発表会、PRイベント、ラジオCM、ライブコンサート、ファッションショー、学園祭などキャスティング分野も多彩です。

<比較3>B社

最後に紹介するB社も様々な媒体に豊富なジャンルの有名人を起用しています。映画、ドラマ、広告やミュージックビデオ、WEBなどの媒体へ俳優、モデル、タレント、文化人、スポーツ選手などをキャスティングします。

話題性のある有名人をキャスティングして、インフルエンサーマーケティング業務も進めています。

他分野のプロモーションに対応していますが、エキストラ派遣やオーディション案件に強みを持つ代行サービス会社です。その他、イベントコンテンツ事業でイベントへの有名人起用も手がけます。

有名人を起用したプロモツイートなら代行サービスへ

プロモツイートは第三者配信として、他者のツイートを広告にできます有名人起用すると、リツイートなどの二次拡散でより多くのユーザーへアプローチが可能です。

Twitterの特徴を存分に活かしているのがプロモツイートになります。プロモツイートに有名人の起用を考えたときは代行サービスの利用が有効です。

自社で一から手がけるよりもコストパフォーマンスに優れ、利用を重ねることでノウハウが身についていきます。その後のプロモーションにも有効です。

代行サービス会社は様々ありますが、弊社が運営するヒーローキャスティングは他社に負けない強みや実績があります

ぜひ、プロモツイートの有名人起用に活用しましょう。相談や見積もりなどお気軽にご相談ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加