• ホーム
  • 【有名人によってプロモツイートの効果をUP】キャスティング代行サービスの内容・料金の疑問を解決

キャスティングラボ一覧

【有名人によってプロモツイートの効果をUP】キャスティング代行サービスの内容・料金の疑問を解決

SNSのユーザーが増えている昨今。Twitterを使ったプロモーションは一定の効果が期待できます。単にツイートするだけではなく、プロモツイート」を活用すると集客やコンバージョンにつながりやすいです。

本記事ではプロモツイートの基本知識、有名人のキャスティング、代行サービスの利用したときの疑問点について解説します。

プロモツイートについて理解し、ぜひ、プロモーションに活かしてください。

プロモツイートについて

まずはプロモツイートについての基本知識を解説していきます。

プロモツイートとは?

プロモツイートはTwitter広告の一つです。Twitter広告には次の3種類があります。

 

・プロモツイート

・プロモアカウント

・プロモトレンド

 

以上の3つがTwitter広告として利用可能です。Twitter広告全般にいえることは、リスティング広告とは異なる性質があることです。

リスティング広告は検索者の以降に合わせた広告が表示されます。表示された広告をユーザーがクリックしたときに広告にしに課金されます。

Twitter広告はリツイートや閲覧、返信といった何かしらのアクションを起こすと、広告主に課金されていきます。

広告のタイプ、キャンペーンで課金対象となるアクションが異なり、金額はオークション形式で決まります。

また、リツイートされて拡散していったTwitter広告は課金対象となりません。二次拡散が広まれば広まるほど、広告としての効果を発揮するといったメリットがあります。

広告配信のターゲットを決められるのもリスティング広告とは異なる点です。

その中で、プロモツイートはタイムラインに表示されるTwitter広告です。Twitterのユーザーが一番目にする部分に広告を出すので、興味を引きやすいです。

Twitter広告ではよく使われる広告タイプで、タイムラインだけではなく検索結果の上部やプロモトレンドの検索結果、アカウントのプロフィールなどにも広告表示できます。

広告には「プロモーション」と表示されるものの、自然な形で広告表示が可能です。プロモツイートは通常のツイートと同じように、リツイートや返信、いいねのアクションができます。

アクションにより課金されますが、入札方式で金額が決まるのは既述の通りです。

プロモツイートの効果

プロモツイートの活用は以下の効果が期待できます。

 

・二次拡散による集客効果の増大

・新たなユーザーにリーチしやすい

・若年層にアプローチしやすい

 

Twitterの特徴的な機能であるリツイートはプロモツイートにも有効です。Twitterの利用者は国内で4500万人を超えています。

一人で複数のアカウントを使い分けている場合もあり、今後も利用者は増加していくことが考えられます。

多くのユーザーが存在すれば、リツイートにより拡散される人数も増加します。先ほども紹介したように、リツイートによる二次拡散は課金されないため、コストパフォーマンスの良いプロモーションです。

また、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで検索しないユーザーにもリーチしやすいです。プロモツイートはユーザーのツイートに応じて広告が配信されます。

検索エンジン経由のリスティング広告ではアプローチできないユーザーの獲得につながるでしょう。

加えて、Twitterはユーザーがいま思っていることをつぶやけるSNSですので、ツイートの内容を把握してすぐに広告配信に反映できます。

プロモツイートでターゲットにしやすいのは10〜30代の若い層です。それらの年齢層にアプローチしていきたい場合は効果が見込めます。

Twitterの利用者層は若い年代ですが、一部のユーザーは中高年向けの商品やサービスに興味を持つことがあります。

商品やサービスのターゲットが中高年であっても、ユーザーのアカウント情報やツイート内容を掘り下げると潜在的なニーズにも気づくでしょう。

プロモツイートを導入すると、様々なニーズを見つけることができます。

プロモツイートがおすすめな企業

プロモツイートはこれまで主流だったリスティング広告とは違い、効果的なプロモーションが見込めます。

特にプロモツイートがおすすめなのは次のように考える企業です。

 

・リスティング広告の利用に踏み切れない

・ターゲットを絞った広告配信をしたい

・効率よくコンバージョン、会員登録、資料請求につなげたい

 

リスティング広告はCPCの高騰などにより、資金が潤沢な企業が有利になってきています。キーワードにより変動はあるものの、CPCが1クリックで1000円を超えるケースも珍しくありません。競合するキーワードであれば、CPCの高騰が顕著で、リスティング広告に踏み切れないこともあるでしょう。

 

一方でプロモツイートのCPCは数十円程度のこともあり、導入しやすいです。二次拡散を考えると、低価格で効果のある広告配信が可能です。

また、プロモツイートはターゲティングを詳しく行えます。リスティング広告以上にターゲティングの方法やデモグラフィックの設定もできます。ターゲットを絞った広告配信で、効果を上げていくことが可能です。

Twitterはユーザー数が増えてきていますし、タイムラインに広告が表示されると目につきやすいものです。二時拡散の効果を考えるとコンバージョンや会員登録など、ユーザーのアクションにつながりやすくなります。

このように、プロモツイートは費用対効果の高いプロモーションです。

プロモツイートに有名人をキャスティング?

プロモツイートの効果をさらに向上させる方法に、有名人のキャスティングがあります。ここからは、プロモツイートに有名人をキャスティングする方法を解説します。

有名人をキャスティングすると期待できる効果

プロモツイートに有名人をキャスティングすると、次の効果が期待できます。

 

・二次拡散につながりやすい

・自社ツイートよりもインプレッションやリツイートが伸びてエンゲージメント率が高い

・低額のCPCながら高いCTRで広告運用が効果的に行える

 

有名人をキャスティングすると、フォロワーが多いことから二次拡散につながりやすいです。人気芸能人やスポーツ選手などは何十万、何百万といったフォロワーを抱えています。

一回のツイートでそれだけの人々に広まるため、二次拡散の効果も非常に高くなります。そのため、インプレッションが伸びて、エンゲージメント率も向上していきます。費用に関しても低額からスタートできるため、最終的には広告運用が効果的に行えます。

なお、プロモツイートに有名人を起用するには、配信の権限をもらう必要があります。権限が付与されると、有名人のツイートを使って広告配信が可能となります。

有名人のキャスティング方法

プロモツイートをより効果的に行うために有名人を起用することです。有名人を起用するには自らキャスティングする方法と代行サービスを活用する方法があります。

自らキャスティングする

有名人のキャスティングは自社でも行えます。ただし、非常に手間がかかるのも事実です。どの有名人が自社商品のイメージに合うかなどのリサーチから始まり、具体的な交渉、投稿内容の企画など全行程を担当する必要があります。

キャスティングに関わる人員を確保して、それなりの時間を費やしていきます。キャスティングのノウハウや提携先などがなければ、円滑に進まない可能性もあります。

キャスティング代行サービスに依頼する

キャスティングについて不安であれば、代行サービスに依頼するのがおすすめです。代行サービスを活用すると、有名人のキャスティングに関わる全てを任せることができます。

有名人の選定や交渉、投稿内容に関する一切を代行してくれます。自社でスタッフを確保して手間暇をかける必要はありません。

プロモーションの効率化を図るならば、代行サービスの利用を検討してみましょう。

有名人へのプロモツイート依頼は代行サービスがおすすめ!

有名人へのプロモツイートを依頼するには代行サービスがおすすめです。その理由を申しこし掘り下げていきます。

代行サービスに依頼で手間がかからない

すでに述べた通り、自社でキャスティングするのは費用や時間的なコストも含めて大変なものです。

代行サービスを活用すると、自社と有名人、もしくは所属事務所の間に代行会社が入ります。そして、交渉や投稿物の制作など、全般的にサポートします。

依頼者は希望を適宜伝えたり、経過を確認しながら担当者に相談したりするだけで効果的なプロモーションが可能です。

自社スタッフを何人も配置する必要もないので、手間をかけずにプロモツイートができます。

さらに、代行会社と付き合っていく中で、有名人のキャスティングに関する様々な情報も入ってきます。

次回以降のプロモーションにも役立っていくでしょう。

代行サービスの料金相場

有名人のキャスティングは集客やコンバージョンの高い効果が見込めます。ここで気になるのは、代行サービスを利用したときの料金相場ではないでしょうか。

有名人のキャスティングは起用する人物の影響力も含めて案件ごとに変わってきます。よって、料金相場を割り出すのは難しいです。

弊社のサービスだけではなく、多くの代行サービスも同様で「〇〇円〜」といった案内になっています。案件によって料金が変わることを念頭に置きましょう。

有名人へのプロモツイート依頼は「ヒーローキャスティング」が人気

ここからは、弊社が運営する代行サービス「ヒーローキャスティング」について紹介していきます。ヒーローキャスティングは他のサービスに負けない特徴があります。

ヒーローキャスティングの特徴

ヒーローキャスティングの特徴は以下になります。

 

対応できるジャンルが多い

対応力を追求している

独自のデータベースを持っている

 

ヒーローキャスティングは累計7000件ものキャスティング実績があります。これまで多岐にわたる分野のキャスティングを手がけてきました。

積み上げた実績から対応できるジャンルが幅広くタレントや俳優、スポーツ選手、モデルなど取り扱えない分野はありません。

12の専門チームがありますので、プロモツイートにも知識豊富なスタッフが対応します。スタッフはスピード対応、顧客視点、適正価格も行動ルールとして定めています。

対応力の徹底的な追求が多くの依頼者から選ばれる理由です。

また、キャスティングの判断材料も独自のデータベースから提供できます。有名人のプロフィールや過去の起用例と効果に関する傾向などの基本的な情報だけではなく、様々なデータを収集・加工して効果シミュレーションを提示できます。

ヒーローキャスティングならではの強みがあるため、代行サービスとして自信を持って紹介いたします。

ヒーローキャスティングのプロモツイート例

ヒーローキャスティングでは過去にプロモツイートの実施例があります。

 

・インフルエンサーとイラストレーターのコラボでSNS発信

→WEBコンテンツへの集客が向上した

・スキンケア商品のプロモーションに女性アスリートAさんとBさんのSNSを活用

→投稿案件に経験がない人物を起用したため、新鮮さと広告感の薄い投稿に仕上がった

・足用石鹸のマストバイキャンペーンに大人気2.5次元俳優Cさんを起用

→買い替え頻度や商品単価は高かったが、販促に効果をもたらした

 

以上はほんの一例です。他にも多数の取り扱い案件がありますのでお問い合わせください。

代行サービスの詳細・料金が気になる方はこちら

有名人をキャスティングすると料金が気になると思います。弊社のサービスであるヒーローキャスティングでは以下のように目安を案内しています。

 

< 300〜500万円>

一昔前の芸人、ブレイク直前タレント、地下アイドル、昔ブレイクしたタレント、以前活躍したスポーツ選手など

< 700〜1000万円>

テレビにも出ているようなグラビアアイドル、モデル、専門家、ひな壇芸人、ある程度知名度のあるタレントなど

< 1500万円程度>

司会経験のある芸人、テレビで頻繁にみるタレントなど

<2000万円〜>

テレビドラマや映画で頻繁にみる俳優や女優など

料金は人物の知名度(影響力)を段階的に分けています。さらに、金額にも範囲を持たせています。

実際のところ、有名人のキャスティングは人物の影響力も含めて案件の内容で異なります。ですから、同じ有名人を起用しても企画やその他の要素で料金が変わることがほとんどです。

繰り返しになりますが、有名人のキャスティングは案件によって異なります。

有名人によってプロモツイートの効果をUP!

プロモツイートはTwitter広告の一種で、タイムラインなどに広告を配信するものです。Twitterの利用者が増えている昨今において、非常に有効なプロモーション方法となっています。

有名人を起用したプロモツイートはさらに効果が期待できます。キャスティングは代行サービスを利用すると、効率化が進みます。

弊社では独自の強みを持った「ヒーローキャスティング」を運営しています。白紙状態であっても相談可能です。

 

ぜひ、有名人によるプロモツイートを行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加