• ホーム
  • 【有名人へプロモツイートの依頼はキャスティング代行サービスに!】サービスの特徴・費用感まとめ

キャスティングラボ一覧

【有名人へプロモツイートの依頼はキャスティング代行サービスに!】サービスの特徴・費用感まとめ

プロモツイートという広告をご存知でしょうか。プロモツイートはTwitter広告の一つで、企業や商品の認知度が高められます。

本記事では、プロモツイートの基本知識と有名人の起用や代行サービスを解説していきます。

プロモツイートについて知りたい方や自社や商品、サービスの認知度を向上させたい人は参考にしてください。

プロモツイートの基本知識

はじめにプロモツイートについて、基本知識を解説していきます。

プロモツイートはTwitter広告の一種

プロモツイートはTwitter広告の一種です。Twitter広告には「プロモツイート」「プロモアカウント」「プロモトレンド」の3つがあります。

プロモツイート

タイムライン上に表示される広告。クリック率が高い。

プロモアカウント

アカウント自体もプロモーション可能。おすすめユーザー欄に表示され、フォロワー獲得の効果がある。

プロモトレンド

トレンド欄に指定したキーワードやハッシュタグを表示させることができる。

 

それぞれのTwitter広告には表のような特徴があります。Twitter広告はメリットが3つあります。

・無料でスタートできる

・拡散力がある

・潜在的なニーズを掘り起こせる

Twitter広告はどの広告タイプでも出稿は無料です。成果が出るなど、条件を満たした段階で課金されます。そのため、広告を出すハードルが下がるでしょう。目標単価の設定なども可能ですので、広告費用が莫大になることもありません。

また、無料や少額の費用で始めると、効果を確認しながら本格的なプロモーションに移行しやすいです。

 

Twitterは国内利用者が4500万人を超えるコミュニケーションツールになりました。世界でも3.3億人以上が使っています。

利用者が多く、さらに、リツイート機能による二次拡散効果があります。リツイートされた広告には課金されないことから、リツイートを効果的に獲得できると無料で広告展開ができます。

リツイートで広告を見たユーザーがクリックしても課金されないため、コストパフォーマンスが良いのもTwitter広告の魅力です。

 

他にも、Twitterの特性を活かしたニーズの掘り起こしができます。ユーザーのTwitterアカウントを閲覧すると次のことがわかります。

・フォロー先

・リツイート内容

・いいね!

これら3つの要素からユーザーの趣味嗜好、興味関心のあることが分析できます。分析に基づいて広告を配信していくと、マーケティングの効果も上がるでしょう。

従来のバナー広告やリスティング広告では、ターゲットを絞ることができませんでした。広告配信のターゲットを絞り込めるのもTwitter広告のメリットです。

プロモツイートの特徴

ここからは、プロモツイートについて特徴を詳しく解説していきます。プロモツイートはTwitter広告の代表格です。

プロモアカウントやプロモトレンドと違って、タイムラインと検索画面に広告が表示されます。表示された広告には「プロモーション」と記され、リツイートやいいね、返信も可能です。

費用は課金される対象が決まっていて、キャンペーンの目的で異なります例えば、WEBサイトのクリック数とコンバージョンを目的に選択すれば、ユーザーがWEBサイトをクリックしたときに課金されます。

課金についても金額は固定になっておらず、オークション形式で決まります広告主がリーチしたいユーザーの利用可能な広告スペースに対してオークションをしていきます。

広告の魅力、ターゲットとするオーディエンス(ユーザー)サイズ、同じターゲットを持つ他の広告主数、入札額で支払う金額が決まります。

キャンペーンが始まると、入札額の高い広告主が落札して広告表示の可能性が高くなっていきます。

プロモツイートで狙いたいターゲット層は?

プロモツイートの活用でターゲットにできる層は10〜30代といった若い層です。Twitterを利用しているのは学生を中心とした若年層になります。

よって、PRしたい商品やサービスが若者向けであれば効果を発揮するでしょう。アプローチできる層は若者とはいえ、中高年を対象とした商品でも若年層が好む場合があります。

潜在的なニーズがないかをアカウントの状況から掘り起こしてみると、プロモーションの幅が広がるでしょう。

プロモツイートの内容を有名人の投稿に?

プロモツイートはTwitterの利用者が多い昨今において、一定の効果が見込めます。プロモツイートは投稿内容を有名人のツイートにすることも可能です。

有名人のツイートを活用すれば、プロモーションの効果にも期待できるでしょう。この項目では、プロモツイートの内容を有名人のツイートにする仕組みを解説していきます。

配信の仕組み

Twitterで「自社のツイート以外」の第三者のつぶやきを広告配信できます。その仕組みを「第三者ツイート配信」と呼んだりします。

有名芸能人や人気モデルなどのツイートかと思ってよく見ると、画面下部に広告が表示されている場合があります。それが、第三者ツイートです。

有名芸能人や人気モデルのTwitterアカウントについて、第三者配信の権限が付与されると利用できます。(第三者配信の許可をもらうにはTwitter社に申請する必要があります。)

権限付与されると、自社の広告アカウントから著名人のツイートをそのまま広告として使うことが可能です。

配信先は自社がターゲットにしているユーザーになりますので、権限付与された人物のフォロワーというわけではありません。

有名人起用の効果

有名人のツイートを利用する第三者配信は通常のプロモツイートよりも効果が期待できます。具体的には次の効果が見込まれます。

・エンゲージメント効果

・興味関心を引きやすい

・ブランディング効果

芸能人やスポーツ選手、アーティストは一般的な知名度が高く、影響を与えやすいです。そのため、有名人のアカウントをフォローする人が多くなっています。

自分がフォローする有名人が発信した情報であれば、紹介した商品やサービスに愛着を持つユーザーも出てくるでしょう。第三者配信はエンゲージメントをされやすく、その後のコンバージョンにつながりやすいです。

 

さらに、有名人がツイートした内容であればユーザーの興味も引きやすいです。ユーザーが知らなかった商品でも、目に留まりやすくなります。集客効果も期待できるでしょう。

有名人を起用すれば、同業他社の商品ともブランディングができて、効果的なマーケティングになります。

このように、プロモツイートに有名人を起用する効果は非常に大きいです。

プロモツイートの有名人のキャスティング方法は?

プロモツイートに有名人を起用することはプロモツイートに効果的です。ポイントになるのは、どのように有名人をキャスティングしていくかです。

有名人をキャスティングするには、主に2つの方法があります。

自ら有名人を探す

有名人をキャスティングする方法の一つは、自社で探すことです。自社の商品やサービス、企業イメージにマッチするような人物を選んでいきます。

ところが、自社で有名進を探すことは大変です。類似したプロモーションを行った経験のある企業であれば、コツがわかるかもしれません。

一方で、そのような経験のない企業はリサーチ段階でつまずいてしまうかもしれません。リサーチにも自社スタッフをアサインするため、人件費などの予算の確保も必要でしょう。

総合的に考えると様々なコストがかかると考えられます。

代行サービスに依頼する

キャスティングに関して不安なことがあったら、代行サービスの利用を検討しましょう。代行サービスを利用すれば、有名人のピックアップから交渉など全般的なことをサポートしてもらえます。

「この商品をPRしたいけれど、何も決まっていない」など白紙の状態でも丁寧に対応してくれる場合がほとんどです。

円滑なプロモーションを行いたいならば、代行サービスの利用がおすすめです。

キャスティング代行サービスについて

有名人の起用にはキャスティング代行サービスを利用すると有効です。ここからは、代行サービスを利用するメリットを詳しく解説します。

プロモツイートでキャスティング代行サービスを利用するメリット

代行サービスを利用するメリットは以下の3つです。

・キャスティングに関する全てを任せられる

・有名人の情報を獲得できる

・コストパフォーマンスが良い

先に解説したように、キャスティング代行サービスを利用するとキャスティングの全てを任せられます。キャスティングに関して全くわからない状態でもサポートしてもらえるのが魅力です。

 

また、代行サービスを利用すると自社商品にマッチする有名人の情報を得ることができます。「Aさんは20代女性から支持され、過去の起用実績からこれくらいの集客が見込めます」など、具体的な情報がわかります。

得た情報は今後のマーケティングに活かしていけるでしょう。

 

費用についても、総合的に考えるとコストパフォーマンスが良いです。代行サービスを利用すると、代行会社への費用とプロモツイートに必要な費用を支払います。

割高に感じるかもしれませんが、自社でキャスティングを手がけるよりも最終的にコストパフォーマンスに優れることがほとんどです。

代行サービスの費用感

代行サービスを利用するときに気になるのは費用だと思います。ところが、起用する有名人や投稿内容によって費用は異なります。案件ごとに費用が異なるため、費用感を割り出すのは難しいところです。

例えば、弊社サービスの「ヒーローキャスティング」ではタレントを広告起用したときの目安を以下のようにしています。

<300〜500万円>

一昔前の芸人、ブレイク直前タレント、地下アイドル、昔ブレイクしたタレント、以前活躍したスポーツ選手など

<700〜1000万円>

テレビにも出ているようなグラビアアイドル、モデル、専門家、ひな壇芸人、ある程度知名度のあるタレントなど

<1500万円程度>

司会経験のある芸人、テレビで頻繁に見るタレントなど

<2000万円〜>

テレビドラマや映画で頻繁に見る俳優や女優など

上記を見てもらうとわかるように費用に範囲を持たせています。案件ごと、代行サービスごとで違いがあることを念頭に置きましょう。

おすすめキャスティング代行サービスは「ヒーローキャスティング」!

弊社は「ヒーローキャスティング」というキャスティング代行サービスを運営しています。以下で特徴と過去の事例を紹介します。

キャスティング会社選びの参考にしてください。

ヒーローキャスティングの特徴

ヒーローキャスティングには以下の特徴があります。

・対応力の高さ

・過去の実績から多分野に精通している(専門ユニットを用意)

・独自のデータを保有

ヒーローキャスティングは相談からスムーズな対応が特徴です。ヒアリングでニーズをしっかりと把握して、有名人の選定や交渉、投稿まで円滑に進めていきます。

円滑に進められるのは過去の実績に基づき、多分野に精通しているからです。キャスティングの実績は7000件になります。

精通している分野が多く、12の専門ユニットで依頼者をサポートしていきます。タレントや芸人、俳優、モデル、アスリートなど対応できない分野はありません。

また、キャスティングの判断材料に有効な独自のデータを持ち合わせています。有名人のプロフィールやフォロワーなど一般的なデータだけではなく、様々な情報を集めて加工しています。

データを基にした効果シミュレーションの提供ができますので、有名人の起用の判断材料になります。

このように、ヒーローキャスティングには他社に負けない強みがあります。

ヒーローキャスティングの事例

ヒーローキャスティングでは、有名人を起用したプロモーション実績が多数あります。

・音楽配信サービスのCMに若手俳優Aさんを起用

→ファンはSNS利用が活発なため、広告起用は話題になりやすい

・シャンパンブランドのイベントに話題性のある女優Bさんを起用

→女優本人のSNSでも発信して、メディアに多くの人が訪れた

・音楽配信サービスでプレイリストを作成し、記事出演や告知投稿を俳優Cさんに依頼

→俳優本人からの告知投稿には1000件以上のリツイートと3000件以上のいいねがついた

上記は実績のほんの一部です。豊富な事例がありますので、要望に合わせて過去の似た事案から最適な提案をしていきます。

有名人へプロモツイートの依頼は代行サービスに!

プロモツイートはTwitter広告の一種です。タイムラインに広告を掲載することで集客やコンバージョンにつなげていきます。

有名人のツイートを第三者配信することで、さらに、効果が向上します。有名人を起用するのは、代行サービスを利用するとスムーズです。

弊社でも代行サービス「ヒーローキャスティング」を運営しております。些細なことでも構いませんので、ぜひ、ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加