キャスティングラボ一覧

【有名人のプロモツイートで効率よく集客!】おすすめ代行サービスもご紹介

国内外で多くのユーザーを抱えるSNSをマーケティングに活用する手段が増えています。中でも、Twitterを活用したプロモーションは効果があります。

Twitter広告を利用して自社商品をPRしていけば、Twitterの特徴を存分に活かして効果的なプロモーションとなるでしょう。

Twitter広告にはプロモツイートと呼ばれる種類があります。記事では、プロモツイートについて効果的な活用方法を解説しています。

これからSNSを利用したプロモーションを検討しているならば、ぜひ、参考にしてください。

 

そもそもプロモツイートとは

はじめに、プロモツイートとは何かを解説します。キャスティングラボの他の記事でもプロモツイートの基本知識は紹介していますので、おさらいとして振り返りましょう。

 

プロモツイート=Twitter広告

プロモツイートはTwitter広告の一種です。Twitterユーザーのタイムラインに表示される広告のため「リツイート」「いいね」「返信」などが行えます。

広告には「プロモショーン」と表示されるものの、タイムラインへ表示されることから自然な形でのプロモショーンが可能です。

Twitter広告にはその他にも「プロモアカウント」「プロモトレンド」があります。3種類のTwitter広告ではプロモショーンに活用される代表格といっていいでしょう。

プロモツイートの詳しいメリットは以下になります。

  • ・情報の拡散力がある
  • ・ターゲットを絞った発信ができる
  • ・潜在的な層への拡散も可能
  • ・予算を抑えて導入できる

Twitterは「リツイート」「いいね」などの機能があることから、ユーザーから別のユーザーへの情報拡散ができます。アクションが多くできると、広告が広く届きますのでプロモーションに効果的です。

また、プロモツイートは広告を届けたいユーザーを細かにターゲティングできます。自社の商品やブランドイメージにマッチしそうなユーザーに効率よくプロモーションすることが可能です。

もちろん、Twitterのユーザーで主軸である10代から30代のユーザーへのプロモーションは効果的です。

ターゲットにしたユーザー以外(ターゲットに似ているユーザー)のタイムラインにも広告は表示されますので、潜在的な顧客にもアップローチできます。新たな顧客獲得やフォロワーの獲得につながるでしょう。

料金も低価格からスタートできます。これまで、WEB関連の広告はリスティング広告が周流でしたが、1クリックで1000円以上になることがありました。

プロモツイートはそこまで高額な費用とはなりません。詳しくは次のテーマで解説していきます。

 

プロモツイートにかかる費用

プロモツイートにかかる費用は安価です。まず、プロモツイートの導入にかかる費用はありません。広告を表示させるまでならば無料で行えます。

費用が発生するのはユーザーが「リツイート」「いいね」「返信」などのアクションを起こした際に限られます。

費用は入札で決定され、40円から80円が相場となっています。一つのアクションについて相場の費用が発生していきます。

例えば、広告のリツイートが1万件あれば「40円×1万件=40万円」という計算です。リスティング広告に比較すれば低い金額です。

 

 

Twitter広告のキャンペーン

Twitter広告のキャンペーンは、自社商品やサービスの認知度を高めるために行います。キャンペーンにはさまざまなものがありますので、目的に応じて使い分けましょう。目的には、ブランド認知度の向上やツイートのエンゲージメント、動画の再生数やフォロワーを稼ぐなどが挙げられます。以下に代表的なキャンペーンをまとめました。

<フォロワーの獲得のために行うフォロワーキャンペーン>
自社アカウントのフォロワーの増加を目的として実施するキャンペーンで、ユーザーとの長期的な関係を作りたい場合に有効です。

<ホームページへの誘導のために行うウェブサイトキャンペーン・コンバージョンキャンペーン>

ターゲティングしたユーザーに対してツイートを表示させ、ホームページへと誘導するキャンペーンです。課金が発生するキャンペーンなので、目的や状況に応じて使い分けましょう。

<エンゲージメントアップのために行うツイートエンゲージメントキャンペーン>
関連性の高いオーディエンスへと手を広げることができます。自社アカウントのツイートをプロモートすることや、ターゲティングしたオーディエンスに訴求できるツイートを作成することも可能です。フォローや「いいね」された時のみ料金が発生します。

<アプリのインストールのために行うアプリインストール、アプリエンゲージメントキャンペーン>
モバイルアプリのインストールの促進を目的とした広告です。アプリ広告がタイムラインに表示されることで、アプリのダウンロードや起動するようにユーザーに働きかけます。アプリクリックあたりのコストという課金システムを採用しており、App AtoreやGoogle Playに誘導、もしくはアプリを直接開いたクリックした際に課金が発生します。

<見込み顧客獲得のために行うリードキャンペーン>
Twitterユーザーのメールアドレスの収集が目的です。このキャンペーンを行うことでビジネス利用できるリードを簡単に獲得できます。

<商品PRのために行うプロモビデオキャンペーン>
タイムラインに自社商品やサービスのプロモーションビデオを配信し、興味を持つユーザーに働きかけます。ユーザーがタイムラインをスクロールした際にビデオが自動再生する機能もあります。

 

Twitter広告の違い

Twitter広告にはプロモツイートの他に、プロモアカウントとプロモトレンドもあります。以下に内容をまとめました。

 

プロモアカウント

プロモアカウントは、ユーザーがフォローしていない場合におすすめアカウントや検索結果など、あらゆる場所に広告が表示されます。その際、対象の広告には「プロモーション」というラベルが貼られ、他のツイートと区別されます。認知とフォロワーの獲得を目的としており、フォロワー数を増やしたい場合に効果があります。

 

プロモトレンド

トレンドの1番に上にキーワードやハッシュタグとして表示させることができます。プロモトレンドをクリックすることで、トレンドのハッシュタグやトレンド用語を含むツイートが表示されます。プロモトレンドのキーワードに自社キャンペーンや新商品を紹介できるキーワードが含まれていると、表示させやすくな新規ユーザーの獲得に役立てることができます。

 

プロモツイートを有効に活用するポイント

ここでは、プロモツイートを有効に活用するためのポイントを以下にまとめました。

 

若者をターゲットとする場合に活用する

10~20代の若者のTwitter利用率は、約60%もあるそうです。30代になると30%と半減するため、若者のTwitter利用率が突出していることが分かります。したがって、Twitterでプロモーションをかける場合には、10~20代の若者をターゲットにすれば高いシェアを獲得できるでしょう。また、若者は流行りにも敏感なため、トレンドに合わせた宣伝を行い、リアルタイムな情報に強いTwitterの特徴を活かすと効果的です。

 

ユーザー目線のツイートをする

独特な表現の多いプロモツイートで広告する際のポイントは、「ユーザー目線」「ユーザーに寄り添った」内容であることです。

Twitter広告では、「〇〇しているなう」といった多くのユーザーが独特な表現をしています。他のリスティング広告やSNS広告で反響が良いからといって、Twitterでも効果があるとは限りません。Twitterのタイムラインでは、広告っぽさが強いと異質なものと見られがちです。そこで、メリットを強調したツイートをやめ、ユーザーの悩みを直接表現するツイートに変更すると、反響値が上がるでしょう。

Twitterユーザーのツイートは、丁寧ではなくカジュアルな口語体であることがほとんどです。プロモツイートを行う場合にも、ユーザーの目線と近いカジュアルな文章で訴求していけば、効果改善に結びつくかもしれません。商品説明は短い一文で済ますことで、140文字という制限に合った表現ができるでしょう。

 

インパクトのあるツイートにする

例えば、純広告やその他のSNS広告と比較すると、Twitterではフォトジェニックでどんなに素晴らしい画像を使用しても、ビジュアルに訴えるだけでは十分ではありません。Twitterにおいて重視されるのは言葉なので、言葉の表現を工夫しましょう。

また、商材の話題性にもなる商品の機能や名前にインパクトがなくても、キャッチコピーを含めた広告キャンペーン内容を工夫することでインパクトを残すこともできます。ハッシュタグを独自のものにするなどの手法を凝らしましょう。

 

有名人をプロモツイートに起用して効率よく集客?

プロモツイートは費用を抑え、Twitterの拡散力を利用した広告発信ができます。さらに注目したいことは、有名人をプロモツイートに起用できることです。

ここからは、有名人をプロモツイートに起用する内容やメリットを解説していきます。

 

有名人にプロモツイートを依頼

有名人をプロモツイートに起用する仕組みは第三者配信です。具体的には有名人のツイートを広告として活用します。

「この商品は〇〇がいい」「このサービスを使っています。」と有名人がツイートしたものを転用して自社のプロモーションに使います。

「プロモーション」と表示されますが、ツイートを邪魔しない自然な形ですので効果があります。

利用の流れは、有名人のTwitterアカウントから第三者配信の権限付与から始まります。Twitter社(正規代理店)に申請して、権限をもらう必要があるのです。

第三者配信の権限が付与されると、有名人のツイートを転用して広告利用が可能になります。

 

有名人をプロモツイートに起用すると見込める効果

有名人をプロモツイートに起用すると次の効果が見込めます。

  • ・二次拡散による集客効果
  • ・ブランディング効果
  • ・興味を惹く効果

プロモツイートはもともと拡散性に優れますが、有名人を起用すればさらにその効果は高まります。

人気の女優や俳優、誰もが知るスポーツ選手を起用すると注目度の上昇は容易にイメージできるでしょう。

また、競合が似たような商品をリリースしている場合は有名人起用によってブランディングができます。「俳優Aさんが利用しているなら…」と購買意欲や集客にも効果的でしょう。

商品やサービス、自社についてより広く知ってもらいたいときも有名人起用は有効です。「何をしている会社?」「初めて聞いた商品だ」とユーザーの興味を惹きやすくなります。

このように、プロモツイートに有名人を起用すると大きな効果が期待できます。

「リスティング広告は高額だ…」

「ターゲティングをしっかりと行って広告配信したい」

「効率よくコンバージョンや集客につなげたい」

と考えている場合は特に有効です。

 

有名人をプロモツイートに起用するときの注意点

有名人をプロモツイートに起用すると多くのメリットがあります。一方で注意点もありますので、覚えておきたいところです。

キャスティングした有名人がトラブルを引き起こすと、商品や自社ブランドのイメージの低下につながることです。

認知度が高い人物を起用するほど、イメージダウンは大きくなるでしょう。起用を考える有名人いついては様々な情報を集め、トラブルに備えてください。

また、有名人を起用すると肖像権も気をつけましょう。広告は有名人の肖像を利用したサービスがほとんどです。

有名人は名前や容姿が商品となっていて、世の中に認知されています。そのため、それらを加工して使用することは基本的にできません。

事例として覚えておきたいのが、プロモツイート用に仕上げた画像を反響が多いからといってチラシにして配ることです。

有名人との契約内容にもよりますが、プロモツイートで使用するものはそれ以外に使えません。十分に注意しましょう。

肖像に関してのトラブルは決して少なくありません。契約段階である程度、細かく決めておかないと大きな問題になる可能性もあります。

 

有名人を起用するときは代行サービスの利用がおすすめ

有名人を起用するときは代行サービスの利用がおすすめです。ここでは、有名人起用の代行サービスについて解説していきます。

 

代行サービスとは

有名人起用の代行サービスとは、有名人の選定から企画、運営など全般的にサポートしてくれる存在です。

代行サービスの利用は、希望のヒアリングから始まり投稿までを任せることができます。ツイートに画像や動画を入れる場合であっても外注などで対応できますので、満足いく広告に仕上がるでしょう。

細かなところがわからない白紙状態でもサポートしてくれるのが、代行サービスです。

 

代行サービスをおすすめする理由

代行サービスの利用にはメリットがあります。以下をご覧ください。

  • ・キャスティングに手間がかからない
  • ・コストパフォーマンスがいい
  • ・ブランドイメージにあう有名人の情報収集ができる

代行サービスはキャスティングのプロですので、ヒアリングから広告投稿までスムーズです。一連の流れを自社で行うと、非常に手間がかかります。

有名人のピックアップはできても、起用の交渉を所属事務所と行ったり細かな契約を決めたりと非常に煩雑なことが多いです。

そもそも、キャスティングに知識やノウハウがないとうまく進まないでしょう。代行サービスを活用すれば、そのような心配は要りません。

代行サービスの活用はキャスティングにかかる費用以外にも、代行会社に支払う費用も発生します。そのように考えると割高なイメージを持つかもしれません。

ところが、先に申したようにキャスティングに関しての全てを任せられます。最終的にはコストパフォーマンスに優れるのがほとんどです。

自社で全てを行うには自社スタッフへの人件費、労力、時間など多くのコストが発生します。煩雑なことを任せられるのは、代行サービス活用の大きなメリットです。

そして、キャスティングや有名人について情報が入ってきます。ヒアリングを重ねていけば、代行会社から自社のブランドイメージや商品イメージに適する有名人を知ることができます。

それらの有名人についての情報も得ることができるのです。少しずつ、有名人のキャスティングに関して知見が広まります。以降の有名人起用にも活かせるでしょう。

以上のようなメリットから、有名人の起用は代行サービスの利用をおすすめします。

 

代行サービスの選び方

代行サービスを提供する会社は様々あります。そのなかから最適な代行サービスを選ぶポイントを解説していきます。

 

過去のキャスティング実績を確認する

代行サービスを選ぶときに注目して欲しいのは過去の実績です。プロモツイートに有名人を起用した実績があるかは、当然のチェック項目です。

その他にも、細かな数字も確認しましょう。例えば、20代女性向けの化粧品をPRしたいとしましょう。

ターゲットは「20代女性」となるわけですから、ターゲットに対してのリツイート数やいいねの数がどれだけあったかなども確認したいところです。

自社商品やブランドのターゲットへしっかりとした実績があるかをチェックしてください。

 

費用を確認する

有名人を起用するときに一番気になるのは、その人物を起用することでどれだけの費用がかかるかでしょう。

しかし、費用の目安や相場を示すことは難しいです。理由は起用する有名人や契約、企画内容によって異なるからです。同じような知名度があっても起用費用が異なることは、珍しくありません。

つまり、案件ごとに費用は違うということです。気をつけたいのは、自社にとって負担が大きくないかです。

影響力の大きい有名人を起用したり投稿物のクオリティを高めたりすれば、プロモーションの効果が高まります。それに比例して費用も高くなるわけですから、費用負担と効果が見合うかを考える必要があります。

有名人を起用するときには、キャスティング料金やデレクション料、クリエイティブ料など様々な費用が発生します。

それぞれの内訳をしっかりと確認して負担できる費用を検討していきましょう。キャスティング会社を利用する際に細かな金額を決めずに、有名人起用や企画、投稿を終えてから請求する会社もあります。

トラブルになりますので、費用は必ず最初に決定してください。

 

サポート体制を確認する

代行サービスを利用する際には、まずサポート体制を確認しましょう。万が一、契約していた有名人によるプロモツイートの継続が困難になってしまった場合、代理の有名人を紹介してくれるなど、何らかの対処を行ってくれるかどうかという点も契約前に確認しておきましょう。契約前にトラブル時の対応方法を聞いておくことで、代行サービスのサポート体制の充実度が分かります。

また、ヒアリングが不十分な代行サービスは、認識や方針にズレが生じやすく、効果的なプロモツイートを行えない可能性があります。そのため、打ち合わせ時のヒアリングが丁寧かどうかも確認しておきましょう。

 

おすすめ代行サービス『ヒーローキャスティング』

代行サービス選びに迷っている場合におすすめしたいのが、弊社サービスのヒーローキャスティングです。ここからはヒーローキャスティングの強みや特徴を紹介していきます。

ヒーローキャスティングには3つの強みがあります。

  • ・キャスティング実績が累計7000件
  • ・対応力の高さ
  • ・独自のデータベースを保有

ヒーローキャスティングのこれまで手がけたキャスティングは7000件となります。

有名タレント、アーティスト、インフルエンサー、アニメのキャラクターなど幅広い分野のキャスティング実績があります。

日本一便利な総合キャスティング会社」として、対応できないジャンルはないです。また、過去の実績から多くの案件を抱えています。全国各地の案件を有名人が所属する事務所に投げることで、費用を抑えることも可能です。

対応力の高さもヒーローキャスティングの強みです。

「広告」「インフルエンサー」「YouTuber」など12の専門ユニットを構成し、各ユニットには知識豊富な専門スタッフを配置しています。どのスタッフも迅速で顧客視点に立った対応を行動ルールの基本としています。

ヒーローキャスティングの強みはデータベースにもあります。

有名人のプロフィールや価格、競合、SNSのフォロワー情報は一般的な代行会社が持ち合わせているものです。

ヒーローキャスティングは基本情報に加えて、多くの情報を収集して加工することで独自のデータを持ち合わせています。独自情報をもとに効果シミュレーションが提供できますので、プロモーションのイメージがわきやすいです。

ヒーローキャスティングは他社に負けない強みを持っています。代行サービス選びで困りごとがありましたら、ぜひ、ご相談ください。

 

有名人のプロモツイートで効率よく集客しませんか?

プロモツイートはTwitter広告の一つです。ターゲットを絞って、ユーザーのタイムラインへの広告表示が可能です。

また、有名人のツイートを転用した第三者配信ならば、プロモーションの効果が向上します。

自社で有名人をキャスティングするのは大変ですので、代行サービスの利用をおすすめします。

過去の実績や費用を判断材料にして、代行サービスを選びましょう。ヒーローキャスティングは過去の実績や抱える案件が豊富です。そのため、費用を抑えることもできます。

ヒーローキャスティングで有名人のプロモツイートを行ってみませんか。効率よく集客しましょう。

 

《ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちらをクリック!》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加