• ホーム
  • 【注目度向上中のインフルエンサーマーケティング】は代行会社に依頼してみませんか?

キャスティングラボ一覧

【注目度向上中のインフルエンサーマーケティング】は代行会社に依頼してみませんか?

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の普及により、意見交換や情報発信が手軽にできるようになりました。なかでもインフルエンサーと呼ばれる人物がSNSを通じて発信する情報は影響力を持ちます

今回は、インフルエンサーの情報発信を効果的に活用したインフルエンサーマーケティングについて解説しますぜひ、参考にしてください。

 

インフルエンサーマーケティングについて

はじめに、インフルエンサーマーケティングについて解説します。基礎知識をしっかりと身につけましょう。

 

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、企業がインフルエンサーに自社製品やサービスの広告を依頼し宣伝をしてもらうことです。企業の最終的な目的は依頼した広告の製品やサービスについて、売り上げを伸ばすことです。

インフルエンサーは広告を依頼されると、自身のSNSアカウントで製品やサービスを宣伝します。

 

インフルエンサーの種類

インフルエンサーマーケティングはインフルエンサーの影響力を活用するマーケティングです。そのインフルエンサーにも種類があります。一般的にインフルエンサーとはSNS上で人気や知名度のある人物を意味します。

また、インフルエンサーはフォロワー数により5つに分けられます。以下をご覧ください。

種類 フォロワー数(目安) 特徴
メガインフルエンサー 100万人以上 芸能人やモデルなど世間的な影響力が非常に高い人物。
ドルインフルエンサー 10〜100万人未満 ファッションや美容など特定分野で活躍している人物。事務所所属の場合もある。
マイクロインフルエンサー 1〜10万人未満 特定の分野にこだわって投稿する人物。一般人も含まれる。
ナノインフルエンサー 1,000〜1万人未満 狭い範囲の一定層に影響力がある人物。例)学生サークルに人気のインフルエンサー。
ライトインフルエンサー(一般ユーザー) 1万人未満 一般人でありながら広い交際関係を持ち、多くのユーザーに影響力がある人物。


以上のように、SNSのフォロワー数を目安にインフルエンサーの種類が分かれます。また、
インフルエンサーが利用するプラットフォームでも特徴が異なります。

 Instagram Twitter YouTube
特徴 写真特化 テキスト(文章)特化 動画特化
メインユーザー層 10〜20代女性 10〜30代 幅広い年齢層
相性・活用 ファッション、コスメ、旅行など視覚的に興味を惹かせる。 キャンペーン、イベント告知などの認知度アップ。商品や詳細サイトへの直接リンクの貼り付け。 動画のため伝えられる情報量が多い。例)商品やサービスのレビュー、ゲーム実況などにも効果的。


インフルエンサーマーケティングを検討する際は、
プラットフォームの特徴を理解することも重要です。

自社が宣伝したい製品やサービスとインフルエンサーが利用するプラットフォームの相性を考えなければ、思うような効果が得にくいです。

また、YouTubeを活用しているインフルエンサーにも企画力でファンを増やすタイプや得意ジャンルに特化するタイプなど強みが異なります。Instagramも同様です。

プラットフォームだけではなくインフルエンサーの特徴も加味する必要があります。

 

なぜ【インフルエンサーマーケティング】が注目される?

SNSが日常生活で欠かせない存在になっている現在、インフルエンサーマーケティングは注目度が上がっています。

ここからは、インフルエンサーマーケティングが注目される理由を解説します。

 

ユーザーへの影響力が大きい

多くの人がSNSを利用していることを考えると、インフルエンサーマーケティングはユーザーへの影響力が大きいです。消費者が商品やサービスを購入するときに、SNSの情報から意思決定することは珍しくありません。

スーパーマーケット白書(一般社団法人 新日本スーパーマーケット協会)によると、「SNSによる商品やサービスの購入経験がある」と選択した割合で、20代女性は30%以上となっています。

30代女性でも25%を占めており、性別や年代問わず多くの世代が10%以上の割合を占めました。つまり、SNSはユーザーにとって貴重な情報収集のツールとなります。

消費者の購買行動に影響を与えることから、インフルエンサーマーケティングは注目されるわけです。

 

 

ユーザーに情報を受け入れてもらいやすい

ウェブ上ある様々なサイトやブログにはバナー広告が貼られています。ところが、アドブロック機能の登場でユーザーは広告を消せるようになりました。

広告をブロックしなくても、ユーザーが閲覧しているサイトやブログに意図しない広告が表示されても無視される可能性が高いです。

このように、従来のインターネット広告は掲載しても売り上げにつながりにくくなりました。

一方で、インフルエンサーが発信する情報であればフォロワーは興味を持ちます。自分が好んでいる人物の情報とあれば、見過ごす機会は少ないでしょう。

インフルエンサーマーケティングにより、製品やサービスを宣伝してもらえばリーチを確保しやすくなります。

 

ターゲットを絞りやすい

企業が製品やサービスを宣伝する方法にはテレビCMや新聞広告などがあります。企業の意図として年代や性別を設定しても、ターゲット層にみてもらえたかを測ることは困難でした。

インフルエンサーマーケティングであれば、フォロワーの年齢層や性別を絞り込んでいけますさらに、シェアや「いいね」の数を計測することで宣伝の効果測定も可能です。

効果測定の結果をもとに、次回以降の戦略も練れるでしょう。

 

自らインフルエンサーマーケティングを行うことは大変

ここまで、インフルエンサーやインフルエンサーマーケティングについて理解できてきたと思います。

インフルエンサーマーケティングは企業の宣伝活動としては非常に効果的です。これからインフルエンサーマーケティングを取り入れたいと考えている企業担当者もいることでしょう。

しかし、自社でインフルエンサーマーケティングを行うことは大変です。なぜなら、宣伝してくれるインフルエンサーを探すことは非常に労力がかかるからです。

インフルエンサーを探すには様々な人物の過去の投稿をチェックすることから始め、自社商品やサービスにマッチングするかを確認する必要があります。

さらに、自社にマッチングしそうなインフルエンサーを探しても、競合他社の商品を宣伝していないかの確認もすべきでしょう。

加えて注目したいのがフォロワーの属性です。例えば、20代女性のインスタグラマーがいたとしても、フォロワーの属性をみたときに男性が半数以上であればどうでしょうか。

化粧品など女性向けの商品やサービスのインフルエンサーマーケティングを考えていれば、マッチングしない状況です。

インフルエンサーの投稿内容だけではなく、フォロワーの属性に注目するのも大切になります。

色々な工程を経て自社宣伝に効果的なインフルエンサーを探せば、契約金額の交渉や投稿内容などの決定をします。

その後は契約金額や投稿内容など具体的なことを交渉です。インフルエンサーマーケティングについて知識が乏しいと、交渉もうまくできない可能性があります

このように、自社で一からインフルエンサーマーケティングを行おうとすると大変なことが多いです。

そこで検討して欲しいのがインフルエンサーマーケティングを代行する当社の活用です。

 

インフルエンサーマーケティングは代行会社におまかせ!

弊社、ヒーローキャスティング(株式会社エイスリー)はインフルエンサーマーケティングにも強みのある代行会社です。

ここからは、弊社について紹介していきます。

 

"日本一便利"なインフルエンサーマーケティング代行会社!

ヒーローキャスティングは2008年10月の設立以降、キャスティング実績は7000件を誇ります。

今、旬のタレントや俳優、モデル、Vtuber、YouTuber、インフルエンサー、アイドルや歌手、専門家、文化人、クリエイター、アーティストなど全てにおいて依頼や相談が可能となっています。

 

「あの有名人に自社商品を宣伝して欲しい」「このインフルエンサーにPRを依頼したい」など些細なことでもご相談ください。

 

また、「自社サービスを宣伝するにはどんなインフルエンサーを起用したらいいか教えて欲しい」と言ったご相談でも対応いたします。

予算や状況に合わせてベストなインフルエンサーの提案をさせていただきます。弊社は、お客様にとって“日本一便利なキャスティング会社”として弊社は活動しております。

 

ヒーローキャスティングの特徴3つ

ヒーローキャスティングは以下で紹介する3つの特徴があります。

 

【高い対応力】

自社の売り上げにつなげるには、商品やサービスを早く宣伝したいと思うでしょう。弊社では、ご相談をいただいてからのスピード対応には自信があります。

相談からインフルエンサーとの契約や宣伝に至るまで、可能な限りお客様のスケジュールに合わせて迅速な対応を心がけています。

インフルエンサーマーケティングの流れとして、まずは弊社がお客様の内容ヒアリングからさせていただきます。

 

ヒアリング内容から条件に最もあうインフルエンサーをリストアップいたします。お客様はリストアップされたインフルエンサーから希望の方を選んでください。

ご希望のインフルエンサーには弊社が連絡を取り、宣伝を行ってもらえるかの可否を交渉します。

内容がまとまり次第、契約となりインフルエンサーマーケティングのスタートです。その後もご相談は適宜行いますのでご安心ください。

また、弊社は全国各地から大量の案件を受注しています。芸能事務所などに大量な案件を投げることで他社よりも安く仕入れて、お客様にも安く提供可能です。

予算によってはインフルエンサーに請けてもらえない場合もありますが、根気強く価格交渉を行います。

なかには意外に安いと感じるインフルエンサーもいます。お客様が負担する費用についても高い対応力で取り組みます。

 

【多くのジャンルに精通している】

弊社、ヒーローキャスティングは他社に比べて対応ジャンルや案件が幅広いです。キャスティング会社を見渡すとモデル専門やCM案件など、何かしらに特化した業者が多いです。

弊社では案件の大小に問わず、キャスティングについて全ジャンル対応し、提案しております。誰もが知るような大御所タレントや俳優、一般人の感覚に近いYouTuber、各分野の専門家など幅広いジャンルに精通しています。

ときには動物や二次元でもご相談可能です。また、様々なジャンルに精通していますので、複数名にアサインすることもできます

複数名のインフルエンサーを検討すると、専門分野を設けているキャスティング会社では一件ずつ依頼をかけないといけません。弊社では幅広いジャンルに対応できますので、複数名を一括でキャスティング可能です

 

【独自のデータを持っている】

弊社では一般的なキャスティング会社が保有するような、プロフィール、価格、競合、SNSフォロワー数などの基本情報を保有しています。

さらに、今後はキャスト起用において判断材料をより多く持っていただけるように独自のデータベースの構築を進めています。

データベースをもとに他社にはないデータの収集、加工、効果シミュレーションを提供していきます。

 

ヒーローキャスティングの成功事例

弊社ではこれまで、広告やプロモーションの実績が多数あります。例えば、女優などで活躍するAさんを某アルコール飲料メーカーのイメージキャラクターにキャスティングしました。

クライアント様の公式ツイッターアカウントのフォローとリツイートを条件に立ち上げたところ、1万人ほどのフォロワーとリツイートがあり拡散されました。

商品を認知してもらうためキャンペーンの広告等としてタレントに立ち会っていただく他にも「タレントと一緒に飲める」イベントも実施しています。

他にも、話題のVtuberであるBさんを含む出演者20名をキャンペーンにまるっとキャスティングしました。

 

Bさん関しては影響力が強力で、商品を大量購入するファンが非常に多くいましたSNS上でもかなりの盛り上がりをみせる案件となりました。

キャラクターもキャスティング可能で、ゲームアプリのコラボガチャに子供から大人まで人気のキャラクターCをキャスティングしています。

ガチャの回された回数だけではなく、アプリとしての知名度も大幅にアップしました。GooglePlayのアプリトップページにも紹介されるまで認知度が高まりました。二次元での対応も弊社の特徴です。

二次元でのキャスティングができるのも弊社の強みです。

 

インフルエンサーマーケティングを代行会社に依頼してみましょう!

インフルエンサーマーケティングは企業が自社商品やサービスをインフルエンサーに宣伝してもらうことです。それにより、売り上げにつなげることが目的です。

SNSが発展している現代において、非常に有効なマーケティングとなります。しかし、インフルエンサーを探すことや契約などの交渉ごとを自ら行うのは非常に大変です。

弊社であれば、お客様のニーズに合わせてインフルエンサーとマッチングができます。これまでの実績や対応ジャンルの幅広さを活かし、ご相談が可能です。

 

《インフルエンサーマーケティング代行なら「ヒーローキャスティング」へ》

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加