• ホーム
  • <芸能プロダクションで働くには?>気になる年収も調査!

キャスティングラボ一覧

<芸能プロダクションで働くには?>気になる年収も調査!

タレントが輝かしく活躍するためには、周囲のサポートは欠かすことができません。芸能人や芸能界に携わる仕事といえば、マネージャーが真っ先に浮かぶのではないでしょうか。
マネージャーは、基本的にタレントの所属する芸能プロダクションに所属していますが、芸能プロダクションはマネージャー職以外にも様々な仕事でタレントをサポートしています。

一般的に、芸能プロダクションがどんなことをしていて、どうやったらマネージャーになれるのかということについて詳しく知っている方は少ないでしょう。
この記事では、芸能プロダクションの仕事内容から芸能プロダクションのマネージャーのなり方、年収、マネージャー職を志望する人をサポートするサービスまで紹介します。

 

芸能プロダクションの主な仕事

芸能プロダクションの仕事というと、芸能マネージャーをイメージする人が多いかもしれませんが、他にも多くの仕事があります。ここでは芸能プロダクションに関わる職種を紹介します。

 

芸能マネージャー

芸能プロダクションに所属する役者やアーティスト、タレントの各種活動をマネジメントする職業です。下記のような仕事を担当しています。

 

・担当タレントと自分のスケジュール管理と調整

・撮影現場・制作現場へ同行、車での送迎、サポート

・各種メディア(映画、出版社、テレビ局)への営業

 

マネージャーとして実績を積むと、担当タレントの広告やキャンペーンにも関わるなど仕事の幅が広がります。

 

ファンクラブの運営

ファンとアーティスト、タレントとの架け橋となる仕事です。ファンにとって有益な情報を発信することとファンへの配慮が必要とされます。仕事の内容には以下のようなものがあります。

 

・ライブ・メディア収録の現場を取材

・ファンクラブの運営(入会・退会受付、企画を立てる、ファンマガジンの作成)

・タレントのホームページの運営・企画・更新

・チケットの販売、管理

・各種データアナライズ

 

グッズの販売

所属アーティスト・タレントのグッズを企画し、制作、販売をする仕事です。企画制作の部署と販売の部署は別になっている会社もあります。仕事内容は下記の通りです。

 

・グッズの制作・デザインの調整

・制作グッズの進捗管理と在庫管理、完成具合の点検

・制作グッズの販売数の決定、在庫のあるグッズの出荷、管理

・グッズ販売ブース設営やグッズの売り場の設営

・タレントのツアーに同行し、グッズを販売する現場の監督

・販売スタッフとイベント会社との交渉

・売り上げと制作費の精算

 

イベント・コンサート制作

所属アーティストやタレントが出演する舞台や番組、イベント・コンサートを制作する仕事です。舞台、映像、コンサートなど制作チームは分かれています。所属アーティストやタレントのプロモーションとして多様な方法でファンを楽しませます。以下のような仕事内容があります。

 

・運営と収支管理・企画立案

・各イベント・コンサートの会場の手配と出演者への依頼

・コンサートの選曲

・DVD・Blu-rayディスクなどの企画と制作

・YoutubeなどのWeb媒体の企画と制作

 

管理部門

芸能マネージャーの補助的な仕事から会社の経理や総務などの管理を行っています。
その他にもグッズの制作・販売やファンクラブの運営を兼務したり、商標権や著作権の管理、書籍の編集を行ったり幅広い業務を担当する場合もあります。以下のような仕事を担当します。

 

・芸能マネージャーのサポート

・タレントのプロフィールなどの資料作成、スケジュールの管理

・請求書の発行と伝票整理

・礼状作成と慶弔手配

・メール・電話・来客対応

・芸能人のオーディション・社員採用などの人事対応

 

芸能プロダクションでマネージャーとして働くには?

ここでは芸能プロダクションのマネージャーのなり方について紹介します。

 

芸能プロダクションの採用試験を受ける

芸能マネージャーの多くは芸能プロダクションやタレント事務所に所属しています。芸能マネージャーになるにはこうした芸能プロダクションやタレント事務所の採用試験を受けて入社することが一般的です。

ここでは採用試験のポイントを3つ紹介します。

 

志望動機

どの採用試験にも言えることですが志望動機は重要です。「芸能人に会えるから」や「芸能界に憧れて」などといった志望動機は、憧れだけで激務に耐える覚悟がない人と判断されて不採用となる可能性が高いです。
重要なことは、芸能マネージャーはあくまで裏方であることを認識し、自分ではなく担当タレントが成功するように献身的にサポートする姿勢をアピールすることです。志望動機は、「エンタメ業界を縁の下で支えることで盛り上げていきたい」「人をサポートするのが好きだから」といったあくまで裏方に徹する姿勢をアピールしましょう。

 

健康状態

面接では応募者が健康かどうかを詳しく確認されます。
朝早くから夜遅くまで勤務することも珍しくなく、過酷な芸能界の仕事に耐えられるのかをチェックされます。
華やかなイメージのある芸能界ですが、自分が担当する芸能人の数が多かったり、人気が高かったりすると、より過酷になります。芸能マネージャーの仕事は、モチベーションや根性などのいわゆる「体育会系精神」が必要とされますので、学歴や職歴で合否が決まるわけではなく、熱意や適性が認められれば採用試験に合格することが多いようです。

 

コミュニケーション能力

面接でコミュニケーション能力の高さをアピールすることも必須です。
芸能マネージャーは常に人と関わる仕事のため、現場が和やかになるように爽やかで丁寧な態度や話し方が求められます。そのため、採用面接では、話し方やどのような状況でも感情を制御できるか、ストレスに耐えられるかを重点的にチェックされます。
面接官から厳しいことを言われた場合は、コミュニケーション能力を試されていると考えて感情的にならないよう、芸能マネージャーになるに相応しい態度で対処しましょう。

 

学生であればサークル活動やアルバイト、転職して中途採用を目指すなら現職でコミュニケーション能力を伸ばしましょう。色々なシチュエーションを想定して臨機応変な対応をすることで、高いコミュニケーション能力を身に着けることができます。

 

芸能プロダクションのマネージャーに必要な学歴・資格

芸能マネージャーになるには採用試験を受けるのが一般的だということが分かりましたが、ここでは必要な学歴と資格について説明します。

 

必要な学歴

一般的な企業で働く場合、学歴は合否を左右する重要なポイントになりますが、芸能マネージャーにも学歴は求められるのでしょうか。
ここでは、芸能マネージャーの学歴と芸能マネージャーになるための専門学校について説明します。

 

【学歴は必要ないことが多い】

芸能マネージャーの採用は、中小規模の芸能プロダクションは高卒以上または学歴不問といった場合が多く、大手芸能プロダクションは大卒以上が求められることがあります。

大学で有利に働く学部というのはありませんが、文学部や社会学部、経済学部などを選んでおけば無難です。
芸能マネージャーは営業職でもあるので、学歴よりもコミュニケーション能力や周りへの配慮、気配りが求められる仕事です。在学中にアルバイトなどでコミュニケーション能力などを磨いておきましょう。

 

【専門学校に通う】

実践的なスキルや知識を身に着けたい人は、放送芸術学科や芸能学科、アーティストスタッフ科などがある専門学校へ通うのも選択肢の1つです。
専門学校は、基本的なビジネスマナーをはじめ、タレントやアーティストのサポートから業界用語などマスコミ全体の知識、ステージ・放送番組などの現場を管理する知識などを習得できます。しかし、大手の芸能プロダクションは大卒資格が必要な場合があり、専門学校卒業では応募要件に満たないこともあるため注意が必要です。

 

必要な資格

芸能マネージャーに必要な資格はあるのでしょうか。ここでは必要な資格とスキルについて紹介します。

 

【必要な資格】

芸能マネージャーとして採用されるには、普通自動車運転免許が必須です。
車での送迎は芸能マネージャーの基本的な仕事であり、地方などの遠方も車で移動します。求人募集にも普通自動車運転免許が必須と書いてあることが多いので、芸能マネージャーになる前に普通自動車運転免許を取得して、人を乗せて公道を走る練習をしておきましょう。普通自動車運転免許以外に秘書検定も取得しておくと、ビジネスマナーを理解していることをアピールできます。

 

【必要なスキル】

芸能マネージャーには2つのスキルが必要とされます。

 

1つ目はスケジュール管理能力です。特に芸能界は遅刻が許されない業界です。
人気タレントの芸能マネージャーは、分刻みのスケジュールで動くことも多いですし、複数のタレントを担当すると、休日もゆっくりと休むことができない多忙な仕事です。また、芸能マネージャーはタレントが売れ始めたから安泰というわけではなく、今後の展望を考えて営業を行い続けなくてはなりません。そのため、多忙を極める中でもタレントとマネージャー自身のスケジュールを抜け漏れがないように調整する能力は必須です。

 

2つ目は、担当タレントが売れることを常に考えて、自ら新しいアイデアを考えてやってみるフロンティアスピリッツと、アイデアを実行する行動力です。
タレントの人気や好感度を維持するために仕事を断ったり、新たなジャンルの仕事を取ってきたりする行動力も求められます。

 

芸能プロダクションのマネージャーの年収は?

芸能マネージャーはハードな職業ですが、年収が高いのか低いのか気になる方もいるでしょう。ここでは平均年収やボーナスなどについて解説します。

 

マネージャーの平均年収

芸能マネージャーの平均年収は、320万円す。日本の平均年収は422万円ですので、かなり低いのが現状です。同じ芸能界の裏方として働くプロデューサーの平均年収は482万円、ディレクターは345万円です。

 

ボーナスと昇給

大手プロダクションの場合は、年2回のボーナスが支払われ、大きな利益が出た場合は臨時ボーナスが出ることもあります。
一方、中小規模の芸能プロダクションはボーナス自体が支払われないことも多く、担当タレントが利益を出した場合にボーナスが支払われるシステムです。

 

昇給についても芸能プロダクションによってまちまちで、実績と年齢が上がるにつれて昇給するシステムの企業もあれば、仕事で担当タレントが利益を上げた時のみ昇給する企業もあります。

 

年俸制

大手の芸能プロダクションは、芸能マネージャーの給料は「年俸制」を採用しているところが多いです。これは休暇の取得が不定期で、残業の把握が難しいことが理由として挙げられます。年俸制の場合、毎年の仕事の実績が昇給の判断材料になって査定されるので、1年毎の仕事の実績が大きく年収に影響します。

 

現場マネージャーとチーフマネージャー

芸能マネージャーは、芸能人に同行しながら仕事をする現場マネージャー、現場マネージャーの管理や各種決定権を持つチーフマネージャー、全てのマネージャーと芸能人のマネジメントを行う統括マネージャーの3種類があります。3種のマネージャーの中で年収が最も低いのが現場マネージャーで、次いでチーフマネージャー、統括マネージャーの順です。チーフマネージャーは現場マネージャーより高い年収を得ることができますが、管理職であるにもかかわらず、一般企業の管理職の年収と比べて低いことが多いです。統括マネージャーは実績を積み重ねた力のある人でなければなることが難しいマネージャーです。統括マネージャーは年収が高く、1,000万円を超えることも多いです。

 

他の類似職に比べて年収は低い?

芸能マネージャーは、憧れの芸能人の近くで働けるので人気の高い職業です。
しかし、担当タレントのスケジュールによっては、休日も不規則で昼夜問わず稼働するハードな仕事ですし、ディレクターやプロデューサーより年収が低いのも事実です。タレントの人気は実力だけでなく、運次第の所もあるので、努力が報われなく、なかなか年収が上がらないこともあるでしょう。
芸能マネージャーは、芸能人が好きで、芸能界という華やかな世界で芸能人を育てることにやりがいを感じる人でないと続けることが難しい仕事です。
しかし、担当タレントが売れて実績を積み重ねることができれば、統括マネージャーへステップアップして年収1,000万円もあり得る夢のある仕事です。

 

未経験でも芸能プロダクションでマネージャーとして働ける?

芸能マネージャーは、人の入れ替わりがとても多い業界です。多忙で不規則な生活に耐えきれず、辞めてしまう人が多いからでしょう。タレント事務所や芸能プロダクションはいつも人材不足でマネージャーの求人も多く、未経験者を積極的に採用する会社も多いです。

芸能マネージャーは体力的、精神的なタフさはもちろんのこと、人柄が求められます。学歴がなくてもやる気と普通自動車運転免許があれば採用される可能性は高いでしょう。

 

芸能プロダクションでマネージャーとして働きたい!

芸能マネージャーは、たしかに厳しい仕事ではありますがやりがいもあります。芸能マネージャーになりたいのに、応募への一歩を踏み出す勇気が持てない方も多いでしょう。その想いをヒーローキャスティングがサポートします。

 

ヒーローキャスティングは、株式会社エイスリーが運営する芸能人やアーティストのキャスティング会社です。7,000件以上のキャスティングの実績があります。
ヒーローキャスティングには、芸能プロダクションとマネージャー希望の方をつなぐサービスもあり、芸能界やマネージャーの仕事の裏側を知ることも可能です。芸能マネージャーになりたい方や興味のある方は、ヒーローキャスティングにご相談ください。あなたの芸能マネージャーになりたい気持ちを精一杯サポートします。

\\ヒーローキャスティングへのお問い合わせはこちら//

  • このエントリーをはてなブックマークに追加