• ホーム
  • キャスティング会社の人気ランキングは?キャスティング会社を選ぶときのポイントまでご紹介

キャスティングラボ一覧

キャスティング会社の人気ランキングは?キャスティング会社を選ぶときのポイントまでご紹介

自社商品などのプロモーションで、芸能人や著名人のキャスティングを検討することがあるでしょう。有名人のキャスティングは、キャスティング会社に依頼すると総合的なコストが抑えられます。

しかし、キャスティング会社は数多くあり、どのサービスを選ぶとよいか迷うことがあります。

そこで、本記事ではキャスティング会社の人気ランキングを紹介します。また、キャスティング会社を選ぶポイントも解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

 

キャスティング会社について

はじめに、キャスティング会社の概要を解説します。キャスティング会社と芸能事務所の違いも紹介しますので、理解しましょう。

 

キャスティング会社とは

キャスティング会社は、依頼主や制作会社と芸能事務所の間に入り、総合的なサポートをします。

例えば、有名人をテレビCMに起用したい企業があるとします。その企業がキャスティング会社に依頼するとヒアリングを行い、商品やサービスにマッチする有名人をピックアップします。

依頼主の希望する人物が決まると、キャスティング会社が所属事務所と交渉や契約に入ります。その際に、企画内容などの提案や調整も行い、企画内容や金額がまとまれば、契約締結です。

契約締結後は、稼働日までの細かな調整や打ち合わせをしながら、所属事務所と連携をはかります。もちろん、芸能事務所とのやりとりはキャスティング会社が行います(適宜、依頼主と相談しながら)。撮影などの稼働当日も、キャスティング会社がサポートします。

このように、キャスティング会社は依頼主と芸能事務所の潤滑油の役割があり、プロモーションやイベントを成功に導きます。

特に、キャスティングのノウハウがない場合、キャスティング会社を利用することをおすすめします。

 

芸能事務所との違い

キャスティング会社と役割やはたらきを混同しやすいのが、芸能事務所です。両者には大きな違いがあります。

キャスティング会社は、先ほど解説したように依頼主の要望に合う芸能人やモデルなどをキャスティングします。

一方で、芸能事務所は所属しているタレントやモデル、俳優らを管理し、育てていく組織です。所属する人物にレッスンを受けさせてスキルを向上させたり、様々なメディアに営業をかけて起用につなげたりします。

芸能事務所にはそれぞれ特徴があり、男性アイドルに特化した事務所もあれば、女性モデルを多く抱える事務所もあります。よって、芸能事務所が幅広くキャスティングをできないことがあります。

キャスティング会社は複数の芸能事務所とのつながりがあるため、ニーズに合わせた有名人の起用が可能です。

 

キャスティング会社に依頼するメリット

ここからは、キャスティング会社に依頼するメリットを解説します。キャスティング会社に依頼するメリットは、次の3つです。

 

キャスティングの手間が省ける

キャスティングには様々な工程があります。大まかなキャスティングの流れは次の通りです。

 

・キャスティングの目的や予算を決める

・有名人の選定

・所属事務所との交渉、契約

・稼働当日までの様々な調整

・稼働当日

 

キャスティングの工程をみると、そこまで大変に思わないでしょう。しかし、有名人の選定(リストアップ)以降の流れには、キャスティングのノウハウが必要です。

自社でキャスティングをするならば、従業員を配置する必要もあります。マーケティング部門などを置いていない、中小規模の会社の場合、担当する従業員は兼務によりキャスティングをこなすでしょう。

本業をこなしながら、キャスティングも担当することになるので、かなりの労力が必要です。規模の大きな企業でも、キャスティングのノウハウがなければ、スムーズなキャスティングになりにくいです。

ャスティング会社に依頼すれば、煩雑なことでもワンストップで対応します。場合により、カメラマンやヘアメイクなどの外注が必要になっても、手配が可能です。

このように、キャスティング会社への依頼は、キャスティングについての手間を大幅に省きます。

 

広いジャンルの有名人に精通している

キャスティング会社には各社、強みや特徴があります。しかし多くの場合、広いジャンルの有名人に精通しています。

俳優、女優、タレント、モデル、アスリート、専門家、などキャスティングする上で有効な人物の基本情報や独自の情報を持ち合わせているため、提案が可能です。

依頼者はイメージに合う有名人の情報が収集できることで、次回以降のキャスティングに活かせます。

「自社商品のイメージに合うのはこのモデルかな」と想定していても、キャスティング会社からは別の女優を提示されることもあるでしょう。

それは反対意見ではなく、様々なジャンルの有名人に精通しているため、最適な提案になります。正しい知識や情報を持っているのもキャスティング会社の強みです。

 

独自のキャスティングデータを持っている

キャスティング会社が幅広いジャンルの有名人に精通しているのは、独自のキャスティングデータを持っているからです。名人のプロフィールや過去のキャスティング実績、金額など基本情報だけではなく、各キャスティング会社独自の情報も保有しています。

依頼者が相談する際も、独自のデータから様々な提案ができるのはキャスティング会社のメリットです。

キャスティング会社に相談するときは、提示される情報を見比べながら依頼先を決めると効果的です。

 

キャスティング会社を選ぶときのポイント

キャスティング会社は、数多く存在します。複数のキャスティング会社から自社に合う業者を選ぶには、ポイントがあります。ここでは、キャスティング会社を選ぶポイントを解説します。

 

過去のキャスティング実績を確認する

キャスティング会社を絞り込むには、過去のキャスティング実績を参考にしましょう。これまでどのような有名人を起用しているか、またテレビCMや広告、イベントなど、どのような場面にキャスティングしているかを確認してください。

各キャスティング会社は、ホームページなどで実績を公開しています。その情報をチェックして、自社商品をプロモーションするために、効果的なキャスティング会社を選んでいきましょう。自社商品やサービス、イベントに類似したキャスティング事例を探すと効率的です。

基本的に、過去のキャスティング事例が豊富であれば、精通している有名人の数やジャンルも幅広くなります。キャスティング会社をリサーチする時間がないならば、豊富な実績を持つ業者に相談するのもいいでしょう。

 

得意なジャンルを確認する

先にも触れていますが、キャスティング会社にも意分野や強みがあります。

幅広いジャンルに精通しているキャスティング会社があれば、女性モデルに強みのあるキャスティング会社、俳優や女優の起用に実績のあるキャスティング会社…など、得意ジャンルは様々です。

「実績が豊富で信頼できそう」とリストアップしたキャスティング会社があったとしても、自社商品の効果的なキャスティングができるとは限りません。

「20代女性を対象にしたいサービスだから、その年代に支持される人物に対応可能なキャスティング会社を探そう」という具合に、ターゲットと有名人の支持層を合わせて考えていきましょう。

 

キャスティング費用を確認する

キャスティング会社に依頼するとき、気になるのはキャスティング費用です。ただし、キャスティング費用は一般的な買い物と違って、費用目安を出しにくいのが現状です。

起用を考える有名人の認知度によって出演料などが異なり、企画内容でも費用が変わります。キャスティングを行う場合、様々な企画があり、同じものは存在しません。ですから、案件ごとに費用が異なるわけです。どの案件も費用が異なるため、目安を出すことが難しくなります。

キャスティングを考えるならば、複数のキャスティング会社に見積もりを依頼して、自社に最適な会社を選びましょう。あまりにも高い費用では、コスト回収に影響が出てくるかもしれません。予算との兼ね合いを考えて、効果が見込めそうなキャスティング会社に依頼することがポイントです。

複数のキャスティング会社に、同じ内容で相談しても契約内容やキャスティング費用が異なることもあるでしょう。その場合、自社のニーズを最も満たすキャスティング会社を選びます。

 

キャスティング会社の人気ランキングベスト3


キャスティング会社を選ぶ際に、候補に入れて欲しいキャスティング会社があります。これから紹介する3つのキャスティング会社を参考に、依頼先を絞り込んでみてください。

それぞれのキャスティング会社には、特徴的な強みがあります。

 

1位:ヒーローキャスティング

はじめに紹介するのは、弊社が運営する『ヒーローキャスティング』です。ヒーローキャスティングは、これまで多くのお客様から利用して頂きました。その理由は、ヒーローキャスティングに以下の強みがあるからです。

 

・実績をもとに、案件に最適なマッチングができる

・スピード対応に自信がある

・安く、適正価格での提供ができる

 

ヒーローキャスティングは累計7,000件以上のキャスティング実績があります。対応できるジャンルも幅広く、タレントや芸人、YouTuber、俳優、モデル、アスリート、専門家、文化人、アーティストなど対応できないジャンルはありません。

また、最近、注目されている2.5次元俳優や、Vtuberのキャスティングも可能です。広告のイメージキャラクター、各種イベント、PR、講演会や体験教室、SNSなど、様々な場面にキャスティングできるのも特徴です。

それから、ヒーローキャスティングは相談を受けてからのスピード対応にも自信があります。ヒアリングから条件に合うタレントのリストアップまで、最短で即日の対応が可能です。即日のリスト提案ができるのは、独自のデータベースの構築や専門ユニットが対応できるからです。

ヒーローキャスティングのデータベースには、有名人の基本情報だけではなく、独自に収集した情報も蓄積されています。さらに、起用後の効果シミュレーションの提示も可能であるため、具体性を持ったプロモーションにつながります。

費用に関しても、ヒーローキャスティングは全国に豊富な案件を持っていますので、各芸能事務所に多く投げかけて、仕入れを安くできます。お客様のニーズに合う、適正価格で提供が可能です。

相談する際に、白紙状態や検討状態でも構いません。しっかりとしたヒアリングで、ニーズを把握して、タレントをピックアップしていきます。

【実際のキャスティング例】

ヒーローキャスティングでは、大手ビールメーカーのプロモーションに人気アーティストをキャスティングした実績があります。

はじめは人気アーティストの方に出演を断られましたが、粘り強く交渉を続けた結果キャスティングが実現しました。話題性の高いアーティストをキャスティングしたことによって、サイトへのアクセス数が20倍に増加し、高い効果を生みました。

 

2位:A社

次におすすめしたいキャスティング会社A社は、テレビCMやグラフィック媒体に特化したキャスティング会社です。

一定の分野に特化したキャスティング会社ですが、過去の実績は3,000件を超えています。有名人だけではなく、一般人の起用にも対応可能です。一般人をテレビCMに起用すれば、視聴者の共感しや親近感を得やすいので、効果的なプロモーションになるでしょう。

オーディションルームの貸し出しも行っており、オーディションに関する業務も手がけます。オーディション形式で人物を選びたいときは、A社に依頼すると有効でしょう。

 

3位:B社

最後に紹介するキャスティング会社B社は、交渉力や芸能事務所とのネットワーク力が強いです。タレントのキャスティングだけではなく、A社と同様でオーディションキャスティングも手がけています。講演会やトークショーといったイベントキャスティングも可能です。

常に中立的(客観的)な立場でキャスティングする姿勢に定評があります。

 

自社に合ったキャスティング会社を選びましょう

キャスティング会社は、依頼者と芸能事務所の潤滑油として、宣伝やイベント成功まで全般的なサポートをします。利用するメリットも多くありますので、これからキャスティングを検討する場合は、キャスティング会社に依頼しましょう。

依頼するときは、実績や得意ジャンル、費用を確認して自社にマッチするキャスティング会社を選びます。

キャスティング会社でおすすめするのは、弊社が運営するヒーローキャスティングです。他社に負けない強みがあります。ぜひ、お問い合わせください。

 

《ヒーローキャスティングのサービスサイトはこちら》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加