• ホーム
  • 【人気キャスティング会社】の特徴・成功事例まで徹底比較!

キャスティングラボ一覧

【人気キャスティング会社】の特徴・成功事例まで徹底比較!

自社の大事なイベントやPRしたい商品やサービスに有名人を起用したいと考えることはよくあります。

キャスティングを自社で行うのは人件費や時間的なコストなどもかかり、非常に大変なことであります。

よって、多くの場合、キャスティング会社に依頼してイベントや商品のPRを行うわけです。とはいっても様々なキャスティング会社があり、どこに依頼すればいいか迷うことがあるでしょう。

今回は、人気キャスティング会社を取り上げて特徴や成功事例を比較していきます。キャスティング会社選びに迷っている場合は、ぜひ参考にしてください。

キャスティング代行会社について

 

 

まずは、キャスティング代行会社について役割やメリットなどを解説します。キャスティング会社についての基本知識となりますので、理解していきましょう。

 

 

キャスティング会社の役割

 

キャスティング会社の役割は、依頼者のニーズに沿うキャストをリサーチして提案する役割があります。

また、キャスティングを希望する依頼者と芸能事務所などの間に入り、潤滑油としてイベントや撮影当日、場合によってはその後までサポートします。

各芸能事務所も依頼を受けてキャスティングすることがあるため、キャスティング会社との違いがわかりにくいこともあるでしょう。

芸能事務所とキャスティング会社の違いは、所属するキャストの育成や管理を行うかどうかです。芸能事務所はキャストを育成したり管理したりします

一方で、キャスティング会社はそれを行いません。芸能事務所に所属するキャストが依頼者のニーズに合っているかどうかを判断し、合っている場合は出演の交渉を行います。

交渉を終えたら、イベントや撮影当日までの細かな調整を担当します。そして、当日はスムーズにイベントや撮影が進むような管理運営を行います。

無事にイベントなどが終わるとクライアントからの感想を聞き取り、次のイベントなどに活かします。CMの場合はプロモーションの効果を検証することもあります。

 

 

キャスティング会社は利用したほうがいい?

 

キャスティング会社の役割がわかってきたと思いますが、「キャスティング会社を利用したほうがいいのか」という判断に迷うかもしれません。

キャスティング会社には次にあげるメリットがあります。キャスティング会社を利用すべきかどうか、迷っている際はメリットを参考に決断しましょう。

 

【キャスティング会社を利用するメリット】

1.起用をイメージしているキャストや芸能事務所の最新情報が得られる

2.コストパフォーマンスが良い

3.キャスト以外の手配もワンストップでできる

4.企画アイデアに実績がある

5.スケジュール設定など煩雑な業務の手間が省ける

 

キャスティング会社を利用するメリットは上記の5つが考えられます。まずは、キャストや芸能事務所の情報が得られることです。

キャスティングのときは「こんな有名人を起用したい」などの要望があると思います。その要望にあった有名人や所属する芸能事務所の情報も欲しいと考えられます。

キャスティング会社は何かしらの分野に特化している、多彩なジャンルに対応しているなどの特徴は様々です。

それらの特徴を活かし、様々な事務所と取り引きしていることがほとんどですので最新情報を得ることができます。

また、キャスティング会社の利用は自社でキャスティングするよりもコストパフォーマンスに優れます

自社でキャスティングの全てを担当しようとすれば、相応の社員数と予算が必要になるでしょう人件費や費やしている時間を考えると、キャスティング会社を活用するほうがコストパフォーマンスに優れます。

キャスティング会社の大きな役割は、キャストをリサーチして依頼者に提案することです。ところが、場合によってキャスト以外の手配も可能です。

例えば、撮影時のカメラマンやキャストのヘアメイクの手配もできますキャスト以外のクリエイターを別に依頼する必要がなく、ワンストップでの利用も可能なわけです。

企画アイデアの実績もキャスティング会社にはあります。キャスティング会社に相談される依頼者には白紙状態で連絡をする人もいます。

何も決まっていなくてもキャスティング会社では要望を吸い上げて、企画のアイデアを提案することができます。

過去の実績を抱えているため、イベントなどの企画もスムーズに行えうる場合がほとんどです。

キャスティング会社は企画が決まった後でも、スケジュールを立てたり撮影やイベントの当日までの細かな調整をしたりします。自社で行うには煩雑な業務もキャスティング会社に任せ、負担を少なくできます。

以上のように、キャスティング会社を利用するメリットは多くあります。メリットに対して有効性を感じた際は、キャスティング会社の利用を検討してみてください。

特に「どんな有名人を起用すればいいかわからない」という場合はキャスティング会社を利用するのがいいでしょう。

 

キャスティング会社を利用する前に確認してほしいこと

キャスティング会社の利用はメリットがあり、利用を前向きに考えている企業や個人もいると思います。

ただし、キャスティング会社を利用する前に確認してほしいことがあります。それは、選んだキャストが問題を起こしたときのイメージダウンです。

起用するキャストは多くの場合で有名人です。知名度の高低があるにせよ、何かしらの問題を起こせばメディアが取り上げるでしょう。

そうなると多くの人々がキャストに対してネガティブな印象を持ちます。最終的にはイベントやCMから降板し、イメージダウンになる可能性があります。

また、キャスティング会社に依頼していても芸能事務所などとの契約書は一読するようにしましょう。

キャスティング会社を仲介しても契約は依頼者と芸能事務所が交わします。内容をよく確認せずに、契約を進めてしまうとトラブルの原因です。

例えば、CMや番組出演のキャスティングで撮影後に金額が決まるケースもあります。想定していた金額と異なれば、契約に関してトラブルになると考えられます。

また肖像についても重要です。「このメディアに使う」「このように使います」と契約に盛り込んでください。

例として、制作したものをCMだけに使用するつもりが自社ホームページにも載せてしまうと契約違反の行為になってしまいます。芸能事務所に追及されたら、追加料金の支払いなどが想定されますし、契約内容を明らかにするためにも使用用途が契約書に記載されているかを確認しましょう。

人気キャスティング会社を徹底比較

 

 

ここからは、具体的なキャスティング会社を取り上げていきます。3つの会社について、特徴や事例を中心に比較していきます。

 

ヒーローキャスティング

まずは弊社の「ヒーローキャスティング」を紹介します。

 

【特徴】 

・累計キャスティング実績7000件

・12のキャスティング専門ユニット

・専門ユニットは幅広い専門知識とデータを駆使した提案が可能

・多ジャンルで多展開可能

・独自のデータベースを構築

・2.5次元俳優のキャスティングも可能

 

【事例】

・某大手文具メーカーのイメージキャラクターに著名人4名をキャスティング

・某アルコール飲料メーカーのイメージキャラクターに女優やグラビアで活躍するHさんをキャスティング

・有名司会者Sさんを映画完成披露試写会のゲストにキャスティング

・レジェンド棋士Hさんを起業家向け講演会にキャスティング

・ゲームアプリのコラボガチャに人気キャラクターG・Mをキャスティング

 

【料金体系(タレントを広告に起用した場合)】

有名人・芸能人ランク

料金目安

一昔前の芸人、ブレイク直前タレント、地下アイドル、昔ブレイクしたタレント、以前活躍したスポーツ選手など 300〜500万円
テレビにも出ているようなグラビアアイドル、モデル、専門家、ひな壇芸人、ある程度知名度のあるタレントなど 700〜1000万円
司会経験のある芸人、テレビで頻繁にみるタレントなど 1500万円程度
テレビドラマや映画で頻繁にみる俳優や女優など 2000万円〜

 

【補足】

ヒーローキャスティングは他社に負けないキャスティング実績と幅広いジャンルに対応している強みがあります。

タレントや芸人、俳優、モデル、YouTuberやVtuber…。そして、最近話題の2.5次元俳優のキャスティングもできます。

また、ジャンルが幅広いだけではなく、ジャンルを超えた複数のキャストも一括キャスティングが可能です。

撮影3日前の発注依頼からサブキャスト33名を企業のWebCMにキャスティングした実績もあり、スピード対応も大きな強みになります。

独自のデータベース構築では、より多くのデータを収集、加工して効果シミュレーションも示すことができます。キャスト起用の判断材料も多いです。

 

 

G社

【特徴】

・TV-CF、グラフィック媒体などの広告、イベント出演などのキャスティングに特化

・3000本以上の広告キャスティング実績(オーディ村案件では2010年に年間600本のキャスティング実績)

・タレントから一般まであらゆるキャスティングに対応

・ビデオリサーチ社の最新タレントイメージを使用

・企画にマッチしたオーディションも開催

・およそ1400事務所のモデル情報をデータベース化

 

【事例】

・某大手スーパーI社のCMに俳優Yさんをキャスティング

・医薬品や衛生商品の製造販売を行うK社のCMに女優やモデルで活躍するOさんをキャスティング

・某系商品メーカーのCMに女優のKさんをキャスティング

・某ベビー用品メーカーのCMに一般人のリアル親子をキャスティング

・某クレジットカードのCMにタレントやスポーツキャスターなどで活躍するTさんをキャスティング

 

【補足】

G社は3つのキャスティングサービスとして「タレントキャスティング」「オーディション業務」「素人キャスティング」があります。

タレントキャスティングではビデオリサーチ社のタレントイメージデータを活用し、ターゲットへの効果的なキャスティング提案が可能です。

オーディション業務では、業界トップクラスの作品実績や豊富なモデルデータベースが強みです。蓄積された実績やデータからも依頼者のニーズに合わせた提案ができるようになっています。

一般のリアリティを求めたい場合は素人キャスティングの利用もいいでしょう。広告のモデルではあるものの、一般消費者としてリアルな様子を表現できます。一般の人でありながら、容姿などは本職のモデルやタレント顔負けです。

安心できる事項としては、依頼者が納得してからの契約にするための事前見積もり、法的根拠に基づいた事業運営、リスク管理のための顧問弁護士があります。

なお料金体系に関しては直接のお問い合わせやご相談が必要となります。

 

 

C社

 

【特徴】

・独自ルートを活かしたキャスティング成功率の高さ

・タレントやミュージシャン、アスリート、YouTuberなど多岐にわたるキャスティングが可能

・タレントの肖像権問題などトラブルのケアも万全

・キャストの起用用途も幅広い

・PR、広告オプションサービス

 

【事例】

・某サプリメーカーのイメージキャラクターにプロサッカー選手Rさんをキャスティング

・某化粧品メーカーのイメージキャラクターとPRイベントに女優のOさんをキャスティング

 

利用例は商品や企業のイメージキャラクターとしてテレビCM、新聞、雑誌、SNS広告、店頭POPに使用されます。

他にも記者会見や音楽ライブイベント、ファッションショーなどイベントのキャスティングも手がけます。

大物芸能人をキャスティングした実績もあり、経験を活かした強力なチームがサポートします。肖像権や当日のキャストのケアなどトラブルにつながりやすい部分は重点的なサポートもしてくれます。

また、C社に依頼すると国内の大手広告代理店と協働しプロモーションのサポートが受けられるオプションも用意されています。(メディアバイイング、PRプランニング、レポート)

料金体系については、C社もお問い合わせやご相談が必要です。ちなみに、海外タレントキャスティング事業として「グローバルC社」が運営されています。

 

 

キャスティング会社に依頼してみましょう!

キャスティング会社は依頼者の要望をもとに、キャストをリサーチして提案します。芸能事務所との交渉から当日の運営管理もサポートする役割もあります。

依頼主と各事務所の潤滑油として存在するキャスティング会社は多数存在します。今回は、弊社のヒーローキャスティングを含めて3社取り上げました。

3社だけでも特徴が異なります。キャスティング会社の強みに注目して、依頼をしてみましょう。

 

《芸能人のキャスティングならヒーローキャスティングへ》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加