• ホーム
  • 有名人の力で製品の魅力UP!【キャスティング】は代行サービスにおまかせ!

キャスティングラボ一覧

有名人の力で製品の魅力UP!【キャスティング】は代行サービスにおまかせ!

自社の自慢の製品や新製品を世間に広めたいときには何かしらの宣伝を行います。中でも有名人をキャスティングすると製品の魅力も伝わりやすくなるでしょう。

この記事では、有名人をキャスティングして製品の魅力をPRするメリットやキャスティング時の注意点、具体的な事例などを紹介します。

有名人をキャスティングしたいときの場面

はじめに、有名人をキャスティングしたい場面について取り上げます。

以下の3つに該当するならば、有名人のキャスティングは有効だと考えられます。

 

認知度を向上させたいとき

有名人をキャスティングすると、持ち前の知名度から自社製品の認知を一気に上げることが可能です。誰もが知っている芸能人などであれば、CMや広告を見ただけでもインパクトが残ります。

「CMにあの女優が出ている」「この俳優が出ているなら話題の商品になりそう」など製品の認知度向上に有名人の起用は効果的です。

ただし、競合企業も同様の考えを持ちますので、例えば、テレビCMならば他に埋もれないような内容がポイントになるでしょう。

 

イメージアップを狙いたいとき

有名人のキャスティングは認知度ともに、製品のイメージアップにつながります特に好感度の高い有名人の起用は製品や企業にも良い印象を与えやすいでしょう。

製品や企業のイメージに合うようなキャスティングだけではなく、製品の使用シーンなどを盛り込んでPRすると見た人も想像しやすくなります。

 

売り上げを増加させたいとき

有名人の起用で認知度が上げイメージが向上すると、売り上げにも良い影響が出ます

製品をPRする最終的な目的は売り上げの増加です。有名人を起用し、製品の使用イメージや印象を良くすれば売り上げにもつながります。

この製品の売り上げを増加させたい」「新製品を販売開始から売り上げていきたい」と考えているときは認知度の高い人物を起用してみましょう。

 

有名人をキャスティングの注意点

製品のPRに有名人のキャスティングは効果が高いです。先々の売り上げにも好影響をもたらしてくれるでしょう。

メリットの多い有名人のキャスティングですが、注意点もあります。次の2点はキャスティング前に念頭に置きましょう。

 

イメージダウンにつながる可能性がある

有名人をキャスティングして製品をPRすれば、製品の印象もアップするでしょう。

ところが、反対の側面があることも理解しておきましょう。有名人を起用すれば、その人物のイメージと製品や企業のイメージが共に歩きます。

キャスティングしてPRを始めた後に、キャストが問題を起こせば製品や企業のイメージダウンにつながる可能性があります。

製品自体に問題がなくても、キャストのイメージがそのまま製品のイメージにつながるわけです。キャスティング時にはそのようなリスクがあることを覚えておきましょう。

 

自らキャスティングすると手間・時間がかかる

自社でキャスティングを行おうとすると、様々な負担が生じます「自社製品のイメージには女優Aさんがぴったりだ」と考えたら、その人物についてリサーチすることが必要です。

リサーチして自社のイメージと適合となれば、所属事務所に交渉、契約と続きます。CMであれば撮影の日程や当日の運営、カメラマンの手配など煩雑な業務も自らこなさなくてはいけません。

キャスティングに関してのノウハウがないと難しいことが数多くあります。自らキャスティングするのは手間暇がかかるということです。

さらに、自社のスタッフを動員する人件費も必要になり、時間的な負担だけではなく費用でも負担が生じてきます。これらのこともあらかじめ理解しておきましょう。

 

キャスティング代行サービスとは?

キャスティングを自社で行うのは様々なコストがかかります。そこで、キャスティング代行サービスです。ここからは、キャスティング代行サービスについて紹介します。

キャスティング代行サービスは、依頼者と芸能事務所の仲介役としてキャスティングを進める役割があります。具体的な流れは以下になります。

①依頼者がキャスティング会社に相談

②キャスティング会社が依頼者のニーズに合う有名人をリサーチ・ピックアップ

③ピックアップされた有名人から依頼者が選定

④キャスティング会社が芸能事務所と交渉・契約

⑤撮影当日までキャスティング会社が細かな調整を行う

⑥撮影当日(キャスティング会社も管理運営に関わる)

⑦終了後、キャスティング会社は依頼者にヒアリングを行い次の提案などに活かす

キャスティング会社のより流れに若干の違いはあっても、上記のように製品のPRが進んでいきます。

 

キャスティング代行サービスを利用する3つのメリット

キャスティング代行サービスを活用すると、依頼者には次に紹介する3つのメリットがあります。

 

楽にキャスティングできる

キャスティング代行サービスを利用することで、コンタクトを取ることができない芸能人にも依頼することができますキャスティングの流れをご覧いただいてもわかるように、全ての過程でキャスティング会社がサポートしています。

例えば、キャスティングだけではなく撮影には重要なカメラマンやメイクさんなどの手配も行ってくれます。他にも、スケジュールの決定などの細部までキャスティング会社は担当します

制作が終了するまで、手間暇をかけることが少なくなるわけです。

 

広いジャンルの有名人に精通している

キャスティング会社の強みは、様々なジャンルの有名人に精通していることです。キャスティング会社によって得意分野は異なっても、有名人については幅広く対応できることが多いです。

女優や俳優、タレントだけではなく、アスリートやアーティスト。最近ではYouTuberやVtuberなどを含めたインフルエンサーに対応しているキャスティング会社もあります。

幅広いジャンルの人物に精通しているため、自社ではリサーチできないような有名人にもアプローチが可能です。

 

独自の知識・データを持っている

キャスティング会社は各々、強みを持っています「とにかく幅広いジャンルに対応」「海外の有名人のキャスティングもできる」「モデルやタレントのキャスティングに特化」など特徴は様々です。

いずれのキャスティング会社もこれまで手がけたキャスティングの実績や取引会社との関係から独自の知識やデータを持っています。

さらに、独自の知識やデータだけではなく日々、有名人についてリサーチしています。過去にキャスティングの実績がある有名人や話題の有名人に関する最新情報は常にキャッチしています。それらの情報はキャストを選ぶ判断材料にもなるでしょう。

また、昨今、プロモーションでも重要になっているSNSのフォロワーなど細かな情報に関してもリサーチしています。その時々に合わせた情報を得ることは製品PRには有効です。

キャスティング会社の独自データやノウハウは、一般企業が持ち合わせないものが多いでしょう。

キャスティング代行サービスを利用した成功例

キャスティング代行サービスを利用するメリットは非常に大きなものです。事実として、これから紹介する5つの成功例があります。

 

お菓子のweb CMに人気女優をキャスティング

人気女優のIさんを起用したお菓子のwebCMは、音楽に合わせたキャッチーな双子ダンスが特徴的です。商品ターゲットの若年層から話題となりました。若年層が好むようなCM内容にしたことで成功したと考えられます。

 

海外ドラマのPRにインフルエンサーをキャスティング

某海外ドラマのPRで海外ドラマを好きなインフルエンサーをキャスティング。実際にドラマを観てもらってから、感想などを語る女子会を開催しました。

4名のインフルエンサーを起用し、女子会では写真に撮りたくなるようなゾンビをイメージしたケータリングも手配。

結果的に、ケータリングの内容や女子会の様子などをインフルエンサー自ら発信することにもつながりました

 

銀行のクローズイベントに有名棋士をキャスティング

某銀行の優良顧客向けに開催されたクローズドイベントに、国民栄誉賞を受賞した有名棋士Hさんをキャスティング

Hさんによるトークショー登壇やサイン本を一人一人に手渡しする特典もあり、参加者からも好評で終了しました。

Hさんが国民栄誉賞を受賞した直後のタイミングとあって、イベント参加にも応募が殺到した事例でもあります。

 

webコンテンツに人気イラストレーターをキャスティング

某下着メーカーのプロモーションとして、人気イラストレーターとインフルエンサーをキャスティング。

スタイリスト、アパレル、IT関係などで働いている8名に自分の仕事や勝負どきについてインタビュー。その内容をイラストレーターにイラスト化してもらって、webコンテンツや店頭販促物として活用した事例です。

インタビュー内容を単純にSNSで発信するだけではなく、イラストレーターとコラボすることで魅せるコンテンツに仕上げました。

その結果、情報拡散だけではなくサイト訪問リピーターの獲得に成功しています。

 

商業施設のイベントに往年人気キャラクターをキャスティング

人物だけではなく、キャラクターもキャスティングできるケースがあります。某商業施設の50周年イベントには往年の人気キャラクターを起用

キャラクターによるヒーローショーやトークイベント、展示や物販の実施も行いました。往年の人気キャラクターとあって、俳優とのトークイベントには年配者の来場もありました。

展示ではドラマ制作時に実際につかった台本や小道具の展示もなされ、来場者を楽しませた事例です。

 

おすすめのキャスティング代行サービス!

キャスティング代行サービスを利用した成功事例は、豊富にあります。ここから紹介するのは、弊社が運営する「ヒーローキャスティング」についてです。

ヒーローキャスティングの特徴と、弊社が注目するアツいジャンルを紹介します。

 

ヒーローキャスティングの特徴

ヒーローキャスティングは累計キャスティング数7000件のキャスティング会社です。他社よりも幅広いジャンルに精通し、対応できないジャンルはありません。

また、広告契約、SNS発信、イベント、動画、商品化などキャストを起用した多展開も可能です。

幅広いジャンルに対応できるのは、「広告ユニット」「インフルエンサーユニット」「YouTuberユニット」など専門ユニットを設けているからです。専門スタッフが幅広い知識と豊富なデータを駆使して依頼者に最適な提案ができます。

ヒーローキャスティングでは他にも次のような特徴があります。

・対応力の徹底追及

・独自のデータベースを構築

 

対応力についてはスピード対応も可能です。過去の実績では撮影3日前の発注でwebCMのキャスティングを成功させたことがあります。依頼者からの内容ヒアリングを経て、最短で即日のリスト提案もできます。

独自のデータベースには有名人のプロフィールやSNSフォロワーといった基本的な情報の蓄積だけではありません。

より多くのデータを収集、加工して起用後の効果シミュレーションの提供を行います。独自のデータの提供により、依頼者はキャスト起用の判断材料が増えることになります。

ちなみに、料金体系は以下を参考にしてください。(料金体系はあくまでも目安となり、諸条件で異なってきます)

 

  • 300〜500万円程度

一昔前の芸人、ブレイク前のタレント、地下アイドル、昔ブレイクしたタレント、以前活躍していたアスリート など

  • 700〜1000万円程度

テレビにも出ているグラビアアイドル、モデル、専門家、ひな壇芸人、ある程度知名度のあるタレント など

  • 1500万円程度

司会経験のある芸人、頻繁にテレビで見かけるタレント など

  • 2000万円程度

テレビドラマや映画で頻繁に見る俳優や女優 など

料金体系や特徴を参考にしていただき、ぜひ、キャスティングについてご相談ください。相談は無料となっています。

 

ヒーローキャスティングが注目するアツいジャンル

ヒーローキャスティングでは今、アツいジャンルの「2.5次元俳優」のキャスティングも可能です。

2.5次元俳優とは、アニメやゲームの世界観を実際の舞台でそのキャラクターを演じる俳優(女優)のことです。

2.5次元俳優の起用メリットは3つあります。

・商品の売り上げにつながりやすい

・集客力に優れる

・情報発信力や拡散力に優れる

 

2.5次元俳優の起用はコアなファンも多くいて高い購買力が魅力です。ある商品のマストバイキャンペーンでは、2ヶ月で2000個以上を売り上げたこともあります。

また、2.5次元俳優はゲームやアニメで触れていることからマスタレントよりも身近な存在です。集客にも好影響があり、平日にイベント開催をしても250人以上の参加があるほどです。

情報発信力や拡散力に優れるのも2.5次元俳優の特徴です。人気俳優であればSNSのフォロワーが10万人以上もいます。2.5次元俳優が何か発信すれば、瞬く間に情報は広がっていくでしょう。

ファン同士の意見交換も盛んに行われ、ファンが自発的に拡散したり共有したりします。広告なしで多くの人にリーチできます。

以上のことから、2.5次元俳優は今注目されています。

 

キャスティング代行サービスを利用してみましょう!

自社製品をPRしたいならば、有名人のキャスティングが有効です。製品や企業のイメージアップや売り上げの向上に効果的です。

しかし、自社でキャスティングするのは手間や時間が膨大になります。キャスティング代行サービスを活用したキャスティングがいいでしょう。

キャスティング代行サービスの利用時は、イメージダウンのリスクも覚えておきましょう。ただし、キャスティングの成功事例は多数ありますので、過度な心配はいりません。

ヒーローキャスティングでは他社に負けない実績や対応ジャンルがあります。キャスティングを検討しているならば、ぜひ、ご相談ください。

 

《キャスティング代行サービスならヒーローキャスティングにお任せ》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加