• ホーム
  • インフルエンサーマーケティングの成功事例から読み解くポイント

キャスティングラボ一覧

インフルエンサーマーケティングの成功事例から読み解くポイント

インフルエンサーマーケティングを導入している企業が増えています。すでに多くの成功事例が示されています。

本記事では、インフルエンサーマーケティングの成功事例から様々なポイントを読み解いていきます。

インフルエンサーマーケティングの基本知識、注目されるようになった背景、代行サービスの活用なども解説しています。

インフルエンサーマーケティングを検討している場合や、理解を深めたいと考えているならば、ぜひ一読してください。

インフルエンサーマーケティング

まずは、インフルエンサーマーケティングの基礎知識をおさえましょう。また、メリットを知っておくことでマーケティングにも活かせます。

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは有名芸能人やスポーツ選手など知名度や影響力のある人物を起用したマーケティング方法です。

また、知名度や影響力のある人物を「インフルエンサー」と呼んでいます。

インフルエンサーは企業から依頼を受けて商品やサービスをPRして集客やコンバージョンにつなげていきます。

特に最近はSNSが多くの人々の日常生活で使われていることから、TwitterやInstagram、Facebook、YouTubeといった媒体を活用したインフルエンサーマーケティングも行われています。

いずれの媒体を使ってもインフルエンサーを起用することで従来のマーケティングよりも効果の向上が可能です。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングのメリットは以下の3つがあります。

  • ・影響力の高さから購買意欲にもいい影響を与える
  • ・ユーザーを絞ってPRできる
  • ・ユーザーに受け入れられやすい

インフルエンサーは、芸能人なども含めて影響力や発信力が高いです。自分自身に置き換えてみるとわかりやすいでしょう。

人気芸能人が告知する商品やイベントには興味が湧くものです。興味が出てくると「試しに買ってみようか」と購買意欲にもいい影響をもたらすでしょう。ユーザーが欲しかった商品であれば、なおさらコンバージョンにつながりやすいです。

また、インフルエンサーマーケティングではSNSを活用することがあります。SNSを活用したマーケティングは、ターゲットを絞ってPRできます。

これは、かつてのマーケティングと異なる点です。従来のマーケティングではテレビCMや新聞広告など不特定多数の人々発信するものでした。

女性向け化粧品CMが男性に届くなど、非効率的な部分がありました。インフルエンサーには有名人だけではなく特定の層に影響力をもつ人物もいます。

例えば、主婦層に人気のある主婦ブロガーや主婦YouTuber。女子中高生のファッションに影響力を与えるインスタグラマーなど、SNSのフォロワーにとってより身近なインフルエンサーも存在します。

身近に感じられる人物が発信できる内容であれば、ユーザーにも受け入れられやすくプロモーションの効果が高くなります。

このように発信力、影響力、信頼性のあるインフルエンサーをマーケティングに活用することは非常に大きな意味があります。

インフルマーケティングが注目されるようになった背景

インフルエンサーマーケティングが注目されるようになったのは、やはりソーシャルメディア(SNS)の普及があるからでしょう。

SNSの利用者は一般の人々だけではなく、有名人にも及びます。これまでテレビや雑誌といった媒体でしか目にできなかった人物が、SNSを通して身近な存在となりました。

場合によってはダイレクトメールでメッセージのやりとりも可能です。また、先にも紹介したようなユーザーと、等身大のインフルエンサーもSNSを活用しています。

インフルエンサーが投稿する内容は時として社会全体にも影響を与えることがあります。SNSの影響力が強くなったことによりインフルエンサーマーケティングは注目されるようになりました。

今後も注目され続けるマーケティング手法となるでしょう。

インフルエンサーマーケティングの成功事例

注目されているインフルエンサーマーケティングは、すでに多くの成功事例があります。ここでは、3つの成功事例を取り上げていきます。

どのようにインフルエンサーマーケティングを実施したのか学んでみましょう。YouTubeとInstagramを活用した事例です。

トイザらス×人気YouTuber

ベビー用品やおもちゃ分野で日本を代表する「トイザらス」は人気YouTuberのAさんを起用して、人気商品やクリスマス商戦のプロモーションを実施しました。

Aさんを起用したイベントやサプライズキャンペーンを実施して、動画の反響は予想を大きく上回る結果になりました。

玩具のコアユーザーである小学校低学年の子供に訴求しようと考えたことがきっかけで企画がスタートしています。

多くの子供がテレビよりもYouTubeを好むことから、人気YouTuberとの親和性が高いと考えてAさんの起用に至っています。

コラボイベントの成功から「トイザらスに行くとワクワクする何かがある」と子供たちに認識してもらうことができたでしょう。

昨今、芸能人やアスリートもYouTuberデビューしていることから、YouTubeを活用したインフルエンサーマーケティングは需要が増えていくと考えます。

東京ディズニーシー×人気芸人

次の事例は、人気女性芸人Bさんを起用したものです。東京ディズニーシーとBさんのコラボ企画で夏のウィークデイパスポートのPRを行いました。

Bさんは、Instagramで日本のみならず世界に多数のフォロワーがいる人物です。実際にBさんが東京ディズニーシーで撮影した写真をInstagramに投稿してPRを行っています。

その結果、ウィークデイパスポートの販売促進や夕方の入場者数の増加といった成果が出ています。

ハッシュタグ(#)をつけてシンプルな内容で投稿したためにユーザーが参加しやすくなり、成功を収めたと考えられます。また、インスタ映えを狙った若者が多く投稿したのも大きなポイントでしょう。

定期便アプリ FLOWER×人気モデル

定期便アプリ「FLOWER」のプロモーションに人気モデルCさんを起用した事例も特徴的です。FLOWERは、好きな花を選んで届けてくれるサービスになります。

Cさん自らアプリの魅力をインスタグラムで紹介しています。また、紹介コードも記載されていて、ブーケプランが1回無料になる特典も用意されていました。

Cさんの投稿には、届いた花と日常で使っているアイテムを一緒に写した写真が載せてあり、イメージしやすいのも特徴です。

フォロワーやユーザーからのコメントも好意的なものが多く、プロモーションには効果があったといえます。ハッシュタグをつけた投稿も効果を生んでいるでしょう。

 

【事例から見る】インフルエンサーマーケティングのポイント

インフルエンサーマーケティングを成功させるにはポイントがあります。先に取り上げた3つの事例をもとにすると、次の2つがポイントです。

商材に合ったインフルエンサーを起用する

インフルエンサーマーケティングで最も重要といえるのが「商材に合ったインフルエンサーを起用する」ことです。

商材に合ったインフルエンサーを起用するに以下を判断材料にしましょう。

  • ・商品との関連性があるか
  • ・インフルエンサーのフォロワーが商材とマッチするか
  • ・SNSを使って拡散されやすいか

以上の3つは、インフルエンサーを選ぶ時のポイントになります。女性向け商品であるにも関わらず、人気や知名度があるからといって男性インフルエンサーを起用するのは効果がないでしょう。

また、SNSで発信する場合はインフルエンサー自身だけではなく、そのフォロワー属性も商材とマッチするかも重要です。インフルエンサー自身は商品イメージとマッチしても、フォロワーの多くがターゲット層と違えば起用の効果が薄れます。

インフルエンサーの投稿が「いいね」されたり、「リツイート」されたりしないとプロモーションが効率よく行えません。起用を考えるインフルエンサーのエンゲージメント率がどれくらいあるのかも確認しましょう。

インフルエンサーに商材を好きになってもらう

プロモーションを成功させるには、インフルエンサーに商材を好きになってもらうことも大切です。

SNSを使ったインフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサー自身が使用感や使用シーンを投稿することで効果を発揮します。

商材に対して好きになってもらわなければ、いいプロモーションにつながらないものです。消費者は敏感ですので発信者の様子を察知します。

「使ってみてくださいと書いている割に、笑顔になっていない」

「使いたいと思えるような写真ではない」

などと思われる原因には、インフルエンサー自身が商材への思い入れが少ないことも関係するでしょう。

プロモーションを考える商材について、インフルエンサーが好きになることも忘れないでください。

 

インフルエンサー起用はキャスティング代行サービスがおすすめ!

インフルエンサーの起用を考えた時にはキャスティング代行サービスを利用するのがおすすめです。ここからはキャスティング代行サービスについて解説します。

キャスティング代行サービスとは

キャスティング代行サービスとは、インフルエンサーのキャスティングに関わる全てをサポートしてくれるサービスです。

総合的なサポートをしてくれるのは、「総合ディレクション型」といわれるサービスです。キャスティングについてノウハウがなかったり、不安なことが合ったりすれば総合ディレクション型の代行サービスを活用しましょう。

他にも「プラットフォーム型」と呼ばれる代行サービスもあります。プラットフォームに登録することで、インフルエンサーの選定が可能なサービスです。

インフルエンサーの選定、交渉、企画などは自社で行います。インフルエンサーマーケティングにある程度のノウハウがあるとコストをおさえたキャスティングができます。

キャスティング代行サービスのメリット

キャスティング代行サービスを利用すると以下のメリットがあります。

  • ・自社スタッフを配置しなくても運用可能
  • ・コストパフォーマンスに優れる
  • ・インフルエンサーマーケティングのノウハウが身につく

キャスティングに関しては自社で行う方法もありますが、知識やノウハウが必要です。また、自社スタッフを配置してキャスティングを行う必要があり、人件費や労力といった総合的なコストが大きくなります。

特にキャスティングについて不安なことがある場合は、キャスティング代行サービスの利用がコストパフォーマンスに優れます。

代行サービスは、希望のヒアリングからインフルエンサーの選定、所属事務所との交渉や企画の打ち合わせ、実際のイベントやSNSへの投稿までサポートします。

効果測定やレポートの提出もありますので、以降のインフルエンサーマーケティングにも活かせるでしょう。

また、キャスティング代行サービスの利用を重ねていくとインフルエンサーマーケティングの知識が身についていきますのでプラットフォーム型サービスに切り替えていくこともできるでしょう。

 

おすすめキャスティング代行サービスは『ヒーローキャスティング』

キャスティング代行サービスを運営する会社は豊富にあります。その中でも、弊社が運営する「ヒーローキャスティング」は他社に負けない強みがあります。

  • ・キャスティング実績が累計7000件
  • ・対応力の高さ
  • ・独自のデータベースを構築

以上の3点は特に他社に負けない強みです。

ヒーローキャスティングはこれまで7000件のキャスティング実績があります。豊富なキャスティング実績があるため、対応できない分野はありません。

また、12の専門ユニットを設置して各分野の知識に精通した専門スタッフが対応にあたります。インフルエンサー部門もありますので、不安が少なく運営していけます。

迅速な対応や適正価格での提案など、顧客視点に立った対応をスタッフの行動ルールにしています。対応力には自信があります。

データベースに関しても他社とは差別化しています。一般的なキャスティング会社が持ち合わせるのは、インフルエンサーのプロフィールや起用実績、金額、SNSのフォロワーなどです。

ヒーローキャスティングのデータベースはそれらの他にも、様々なデータを収集しています。収集した情報は加工して、効果シミュレーションの提供につなげています。

このような独自データベースの構築も強みです。これらからキャスティング代行サービスを検討している場合は、ささいなことでも構いませんのでご相談ください。

 

インフルエンサーマーケティングにはキャスティング代行サービス

インフルエンサーマーケティングは注目度が高まっているマーケティング手法です。すでに、多くの成功事例があります。

特にSNSを活用したインフルエンサーマーケティングはターゲットを絞ってプロモーションできるため、効果的です。

インフルエンサーのキャスティングは自社で行うのは大変ですので、代行サービスを利用しましょう。

弊社が運営するヒーローキャスティングは様々な強みがあります。白紙状態での相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加