• ホーム
  • 超高齢化社会に向けて、シニアに人気のドラマやタレント

キャスティングラボ一覧

超高齢化社会に向けて、シニアに人気のドラマやタレント

シニア市場で特徴的なヒットが次々に生まれている。

シニアの心をがっちりとつかんだのが、

2017年4月に放送を開始した「やすらぎの郷」。

脚本家・倉本聰が企画したもので、舞台は老人ホーム。

しかもテレビに貢献した俳優や脚本家だけが入居できる、という斬新な設定だ。キャストに石坂浩二、元妻の浅丘ルリ子、加賀まりこら往年のスターをそろえたことも話題となり、初回視聴率は8.7%。

他局の情報番組を抑え、ゴールデンタイムの連ドラに拮抗する数字で業界を震撼させた。

 

4月から2クールにわたって20分枠で放送されており、NHKの朝ドラのような見やすい長さとテンポもヒットの要因に。ドラマでは高齢者の友情や切ない恋、死への恐怖などがコミカルかつシリアスに描かれ、同世代の共感を呼ぶ。同時に「テレビをだめにしたのはテレビ局そのもの」といったテレビ批判や業界裏ネタも描き、SNSなどで話題が拡散した。

 

ドラマ評論家の成馬零一氏は、「高齢化で視聴者の年齢は上がっているのに、なぜか高齢者を狙ったドラマはなかった」と話す。

「ドラマは若者向け」というマインドが抜けておらず、シニアはまさかの空白区だったのだ。

 

電通総研シニアプロジェクトの斉藤徹氏は、「若い人は高齢者の悩みや思いを理解しかねる。年を重ねた倉本氏だから書けるシニア向けの脚本で、往年のスターがそれを演じることでさらなる共感を呼んでいる」と分析する。

 

「見た目は高齢者だが、内容は『学園モノ』と同じ。恋愛や友情の話もあって面白い」(成馬氏)。「高齢者だって恋をする」というリアルなストーリーが、同世代の共感を呼んだ。

ドラマの随所に盛り込まれている倉本らしい痛烈な「テレビ批判」や、“逃げ恥”の「恋ダンス」のような「やすらぎ体操」など、貪欲な仕掛けも奏功した。

 

こういったシニアを狙った起用に関して

何かお困りの事がありましたらぜひご相談くださいませ!

 

お問い合わせ先:
ヒーローキャスティング事業部
広告キャスティングチーム
担当者まで
03-3475-6042

  • このエントリーをはてなブックマークに追加