• ホーム
  • 広告手法13種類の特徴まとめ –後編-

キャスティングラボ一覧

広告手法13種類の特徴まとめ –後編-

8.折込チラシ

折り込みですので、最大リーチは新聞の発行部数に比例します。ここでは仮に1万部を折り込むということにします。折込チラシは、折り込み代だけで見ると1件あたり3~4円前後くらいですが、制作と印刷が必要になります。昔はB4両面制作で数十万円したコストも、今では10万円以下で行われることもしばしば。

更に、印刷代も劇的に値段が落ちていて、1万部を両面4色カラーで10万円台が普通になっています。ですので、これらワンセットで20万~30万円台くらいです。折込チラシを見る層は主に主婦層です。チラシのために新聞をとっている、という人がいるくらいです。到達率は新聞より高めの50%~くらいでしょうか。

 

9.DM

DMも部数には決まりがないので、仮に1万部を郵送するということにします。1万部であれば、はがき代も含めて郵送は1枚あたり70~80円前後。制作、印刷コストも含めると1万部で80~100万前後といったところだと思います。圧着2つ折りタイプであれば、デザイン部分も増えるため、プラス5~10万円前後ほどコストは上がりますDMのKPIはレスポンスの仕掛けにより異なります。到達率は60~80%で、その内容によってはレスポンスが10%を超えます。

 

10.メルマガ

メルマガは大きく2種類。発行されているメルマガに対して広告を出稿するか、独自で持っているリストに対してメール配信を行うかですが、今回は前者の場合。媒体によって、数万~数百万人へのリーチということになります。

メルマガの一番の魅力はコストです。数万人に配信して、1万円以下というものもざらにあります。ざっくりと0.1円~10円の範囲に収まるのではないかと思います。専門性が高い!とうたっているところは、必然的に単価も高く設定されています。ただし、出す方も手軽、受け取る方も手軽、となると開封率に跳ね返ってきます。大体5%未満から多くて10%程度が多いのではないでしょうか。

レスポンスも内容によりますが、1%以下が普通です。ここでいうレスポンスの一番手軽なものはメルマガ内のリンククリックですが、本当に魅力的でないもの以外は、やはり1%以下といったところになります。単価が極端に安いメルマガ広告は質の問題からか、0.1%以下でも不思議ではありません。上記の場合、1万人に配信して1000人くらいが開封し、100人がメール内のリンクをクリックしてくれればまずまずといったイメージになります。

 

11.CPC広告

いわゆる検索エンジン横の広告(検索した時に出てくる広告)などがそれにあたり、「Cost Per Click」クリックすると課金されるというものです。クリックに対する完全成果報酬なので、どれだけクリックして欲しいかによってコストを決定します。クリックの先には、自社サイトや運営サイトを表示させるのが一般的です。一番馴染みのある「Googleアドワーズ」で考えてみると、1万クリックに必要なコストはおおよそ数十万~数百万円といったところ。コストはキーワードによって単価が違うため、一概にいくら掛かるとは言い切れません。例としては、

・金融・保険業:200-300円以上/1クリック
・就転職・教育、IT関連:100-150円以上/1クリック
・自動車・バイク、不動産:50-100円以上/1クリック

と言った感じですので、費用対効果は明確ですが、業種によっては1万クリックで300万円以上!という結構な金額になってしまいます。とはいえ、古くからある「定期的にチラシ出してないとお客さんが来ません状態」のインターネット版になってしまっていることも事実です。出稿主は自社サイトに誘導してから、どうやって購買や登録につなげるかが勝負になってきます。良い点としては、自身(または代理業者)が広告運営を行うため、費用対効果を上げていくことが可能だということです。

12.バナー広告

大きいところではYahoo!から、小さいところは個人運営まで、バナー広告でリーチできる人数は数万~数千万人と、幅広く提供されています。価格は知名度やPV(ページ閲覧)数、期間によりますが、数万~数千万円と開きはありますので、雑誌や新聞のインターネット版と考えたほうが良いです。手法としては看板のように置いておき、クリックで自社サイトに引きこむだけのものが大半です。

 

13.Facebook広告

全世界で約10億人、日本だけだと約2000万人にリーチできます。コストは成果報酬となっていて、手法はCPCが多く使われています。1万クリックで50~120万円前後といったところでしょうか。

「Googleアドワーズ」が時間帯、地域などで絞り込みができるように、Facebookはおよそ30種類の項目で絞り込みが可能です。コストも絞り込みに応じて変動します。

そんなFacebook広告の目的は大きく分けて2つです。

・自社のFBページに移動させて「いいね」を押させるか
・外部サイトに誘導するか(イベントページやアプリダウンロードページなど)

仮に1クリック50円で自社FBページに移動させても、魅力がなければ「いいね」はしてもらえません。いいね単価としては100~300円くらいが目安になると思います。

 

もちろん、この中には含まれていないものもたくさんあります。野立て看板、電車などの中吊り広告、ポケットティッシュ配り、ラッピングバスなどなど挙げればキリがありません。一部の紹介になりましたが、参考になれば嬉しいです!

お問い合わせ先:
ヒーローキャスティング事業部
広告キャスティングチーム
担当者まで
03-3475-6042

  • このエントリーをはてなブックマークに追加