• ホーム
  • タレント起用について、広告主と広告会社の認識の違いがある?

キャスティングラボ一覧

タレント起用について、広告主と広告会社の認識の違いがある?

宣伝会議 「AdverTimes」編集部による「広告におけるタレント起用」のアンケート調査が実施されました。

参照:タレント起用で、「広告主」と「広告会社」の意識の違いが明らかに

 

 

 

広告主と広告会社が、タレントの広告起用について重視していることを、

それぞれ3点ずつ選んでもらうというものなのですが、

興味深い結果が出ています。

 

広告主・広告会社ともに重視しているのが、

「ファンや支持層がターゲットと合致」、「好感度ランキングなど外部のイメージ評価」

というところで、

やはり、商材・サービスとの親和性の高さや印象の良さという部分を

重点的に考えているところは広告主・広告会社どちらも共通の認識となっているようです。

 

 

逆に違いが出たのは、

「CM契約料金の妥当性、値ごろ感」

「アンチが少ない、炎上しにくい」

「広告主の経営陣・決裁権者の意向」

の3つです。

 

広告主は、やはり「CM契約料金の妥当性、値ごろ感」で費用対効果を視野に入れる一方で、

広告会社は「広告主の意向」を視野に入れています。

また最近のタレントのスキャンダル・騒動を懸念した結果として

広告主側には「アンチが少ない、炎上しにくい」を意識していることもわかりました。

 

 

弊社では、

・適正価格で仕入れ、適正価格でご提示

・広告主の方のご意向+世の中のイメージ・商品サービスとの親和性

・炎上の起こりにくい方

など、クライアント様のニーズに合わせたタレント様のご提案を行なっております。

 

ぜひ、ヒーローキャスティング事業部広告担当までお問い合わせください。

お問い合わせ先:
ヒーローキャスティング事業部
広告キャスティングチーム
担当者まで
03-3475-6042

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加