• ホーム
  • 「Instagram」半数以上が”タグ機能”を駆使

キャスティングラボ一覧

「Instagram」半数以上が”タグ機能”を駆使

Instagram利用者を対象に、企業アカウントに関して調査した結果に関して、男性に比べて女性の方が積極的にアクションしていることがわかります。

また、欲しい商品を「ハッシュタグ検索」したことがあると回答したInstagram利用者は、20代男性で54.8%、20代女性で67.8%となりました。

Instagramを活用したプロモーション施策として”ハッシュタグ”を投稿につけることは欠かせない要素であると言われていますが、

この調査結果を見る限り、その施策は確からしいと言えそうです。

一方で、全員を対象に確認した、商品購入時の共有方法でいうと

男女ともに第1位は「SNS」、次いで「口頭」、「ブログ」となりました。

各SNS利用者に、商品購入時に商品写真や情報をアップするか尋ねたところ、男女ともに「Twitter」の利用者が商品購入時の共有を最も行っていることが判明しました。

また、男性では「LINE」のタイムライン、女性では「Instagram」のストーリーやフィードに共有する人が多いという結果となりました。

 

また、SNSの投稿を見て実際の商品購入に至ったことがあるかの調査結果に関しては「商品を購入したことがある」と回答した人は20代男性で30.4%、20代女性で41.5%となりました。

また、商品購入経験者にSNSの投稿で「最も影響を受けた」人物、アカウントを尋ねたところ、男女ともに第1位は「友人」、第2位は「芸能人」、第3位は「企業ブランド」となりました。自分がフォローしている、かつ近しい人物から影響を受けている様子が伺えました。

 

これを見てもSNSでの影響力というものは計り知れないものがある事わかります!!

 

お問い合わせ先:
ヒーローキャスティング事業部
広告キャスティングチーム
担当者まで
03-3475-6042

  • このエントリーをはてなブックマークに追加